リベンジ!?KMX125エンデューロレース参戦記 – レース本番編①


6月30日(日曜)
天候:晴れ
気温:たぶん30℃以上

3

JNCC鈴蘭大会のリベンジを果たすべく、
SL230からKMX125に乗り換えて臨む、
WEX(JNCC) Rd,5 プラザ阪下戦。

今回は、TTRさんが「Yamaha TT-R Raid」で
90分クラスに初出場するので、デリカトランポに便乗。

当日の深夜に現地到着。2台のバイクを下ろして、
車内でTTRさんが、私が車外で仮眠(簡単に言えば野宿)を。

私達の後にも到着する参加者がそこそこいて、
ドアの開け閉めで何度も起こされ、ほとんど寝れないまま、
夜明けを迎えた。

1

早朝は曇っていた空模様。
朝食を食べ、第一レースの40分クラスがスタートする頃には、

4

真夏並みの太陽が覗き、気温はグングン上がっていった。
熱中症は大丈夫だろうか。

40分はあっという間に過ぎ、
TTRさんが出場する、90分クラスのスタートが近づく。

5

今回はTTRさんが90分、私が120分なので、
それぞれ、レース時には、ピットで待機するようにした。

上位クラスから順次スタートし、
ついに、TTRさんの初エンデューロレースのスタート。

6

7

※ゼッケン432がTTRさんの操る、Yamaha TT-R Raid(1993年式)
落ち着いた様子で、

8

1コーナーへ進入するのを見届けて、
ピットエリアへ戻る。
※ここから先は、写真がほとんどありません。
申し訳ありません。

自分のペースで走るTTRさんを応援していたが、
日陰のないコースにいたため、日焼けして、
軽い日射病になってしまった。

暑くてたまらなくなったライダーが
ピットインしてくるようになった残り30分頃、
TTRさんの走りに疲れが見えてきた。

もしかして熱中症?

初レースというのもあって、ここは大事をとって
ピットインしてもらおうと合図を送るが、まったく反応無し。

もしかして、見えてない??
もしかして、かなり深刻な状況なのでは??

心配になり、次の周回時には、
更に大きく合図を送ったが、またしても反応無し。

たまたま隣りに居た人が、

”見えてないんじゃないの?
もっと大きく合図しよう!”

ということで、次の周に、更に大きく、
そして二人で合図を送るもまたしても無視。。。

”いい大人だから、もう本人に任せますよ”

と親切な隣りの方(旦那さんが走行中)に言うと、

”ここにいる人はみんな子供だよ、子供!
それも大きな子供!”

笑笑、確かにそうだ。

そんな感じで話をしていたら、
トップの人がチェッカーフラッグ!

フィニシャーズロードでTTRさんを迎えて、
初レース、90分間の死闘を労っていると、

”最後の最後で抜いてやったぜ!”

顔を紅潮して話すTTRさん。
その興奮した様子に、

”あ、この人、嵌っちゃったかな”

と、ほくそ笑む私(^^;

さぁーて、そろそろ自分の出番だ。
※TTRさん、お疲れさま!

パート2に続く。。。

広告

「リベンジ!?KMX125エンデューロレース参戦記 – レース本番編①」への2件のフィードバック

    1. >わたるさん

      コメントありがとうございます。
      期待を裏切らない?結末ですので、
      パート2をお待ちくださいませ♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中