リベンジ!?KMX125エンデューロレース参戦記 – レース本番編②


WEX Rd,5 プラザ阪下戦。

今回私が参加するのは、120分のCクラス。
参加台数は30台少々。
JNCCと比べて、ちょっと寂しい状況ですが、
気温も気持ちも最高潮に達した、午後1時過ぎ、
ついにスタートが始まります。

9

左手をヘルメットに載せて、フラッグが降られたらスタート!

今回も出だしは抑え気味に。

11

コーナーで早速転倒され、後続が詰まる中、アウトから抜け出し、

12

初めてのバンクカーブへ。

そこそこ調子よく途中まで走っていたが、

13

ガレ場で転倒し、

14

ピット前でのTTRさんの声援空しく、

15

クラス最後尾で2週目へ。

そつなく周回して、3周目に入る直前、

17

TTRさんの目の前でエンスト。。。情けない。
*下半身はTTRさんのものです。

3周目に入るときの順位は、

18

28/30位。だれも抜いてないのに、何故か順位が上がってる。。。

ちょっとだけやる気になって、直前でLAPされた、

19(373)

KTMの後ろ(最終順位クラス5位)について、そのままフープスエリアへ。
*青いシャツのカメラマンはTTRさんです。

が、フープス最後で、

20(373)

バランス崩して、コースアウト。

この辺り(約1時間経過)から、
走っていて頭がフラフラする感じがしたので、
次の周にピットインすることにした。

その直前にも、

22

頭がボッーとしてコースアウト。
ちょっと、マジでやばいかも。

ピットイン直後、

23

マーシャルが心配して駆け寄る程のヤバさです(^^;

24

正直、このときは立っているのがやっとの状態で、
目眩、意識混濁、そして恥ずかしながら、失禁(意識障害)まで。。。
これは完璧に熱中症。

失禁しつつ、トイレで用を足し(意味無し)、
大会本部が用意していた氷を首筋に何個も当てていると、
すこしだけ意識がはっきりしてきた。

こんなレースの終り方はしたくない!

という思いだけで、重いカラダを
気合いで動かし、ピットアウト。

でも今の状態では30分も走れないかも。
と思っていたら、神の思し召しか、

25

ヌタ場で泥水を貰い、すこし楽になる。
でも、ちょっと泥が多すぎて前が全然見えなくなってしまった。
*ロールオフスクリーン無しのゴーグルを装着していたので。

その後、空が曇り、気温がすこし下がり始め、
しばらくすると、ポツポツと小雨が降ってきた。

あぁ、まさしく恵みの雨。。。

26

※ここから先は泥付きレンズでの写真になりますので、ご了承ください。

腕上がりは多少あるものの、前回の鈴蘭とは違い、
握力もハンドルを抑える力もまだ余力が残っている。

ただ、熱中症の症状か、首筋がものすごく痛くなってきて、
ハイドレーションのチューブをくわえながら走ることにした。

27

最終ラップの表示が出されて、
最後の力を振り絞る。

しかし、最後の最後で

28

ちょっとした段差で男性自身を強打!!して、
もんどりうって転倒(@_@)

すぐ後ろを走っていたマーシャルさん。

”あぁ〜、玉ですか?”

”・・・うぅ、いや、竿です。。。”

”あ、それは・・・(失笑)”

”あともうちょっとだから頑張りましょう!”

と、マーシャルさんに励まされて、

29

痛みにこらえてなんとかチェッカー!!

30

誰もいないゴールには、
TTRさんだけが私の帰りを待っていてくれました。。。涙

パドックに戻ってみると、

2

フロントチューブの口金が無くなって?いて、パンク状態。
いつからこうなっていたのか、記憶がありません。。。

それにしても、

1

バイクも、

31

人間も、よくここまでドロドロになったもんです(笑)

で肝心の結果は、
25位/31台。
といっても、
私より後ろの順位の方は途中リタイヤされた方達なので、
実質”ビリ” (T_T)

でも今回は、
約一ヶ月、ほとんどバイクに乗れず、
睡眠不足と熱中症でボロボロになりながらも
完走出来ただけでも、良しとするべきでしょうね。

もちろん、
厳しい環境にも関わらず、オーバーヒートせず、
最後まで力強く走ってくれた、KMX125には感謝しなくては。

そして最後に、
今回一緒にレースに参加して頂いたTTRさん。

忙しい中、トランポを出して頂き、
本当にありがとうございました。

参加にあたって、ちょっとだけ背中を押しましたが、
やはり根は好き者なんでしょう。

浜松への帰りの道中、
次のレースに向けての意気込みを語る姿に、
”オヤジレーサー”誕生の瞬間を垣間見た気がしました(^_^)

さて、今回のWEX大阪戦。
JNCCと比べて、ちょっと貧相だったけど、
眠くて、疲れまくって、下半身強打に、
お漏らしまでしてたいへんだったけど、
やっぱり、エンデューロ(クロスカントリー)レースは楽しい!!

これからも、みなさん、よろしくお願いいたします!!

もちろん、「チーム気田川」の構成員も
随時募集中ですよ(冗談)

33

広告

「リベンジ!?KMX125エンデューロレース参戦記 – レース本番編②」への12件のフィードバック

  1. だいぶ前の記事だとは思いますが、はじめまして。
    KMXで検索して流れ着いた者です。KMXとプラザ阪下で懐かしくなって書き込みしました。

    その昔、プラザ阪下が有料になる前に第1回ガルルカップなどにKMX200で参戦していたので、非常に懐かしいです。
    KMXの底付きしまくる貧弱なサスで、熱中症になりながら、よくぞあの過激な下りを走りぬけられましたね。サスガです!

    当時すでにKMXは旧型で新型のKDX200SRが猛威を振るっていました。
    底付きするサスで直線のウォッシューボードで抜かれては、
    コーナーで車体の小さと軽量さを武器に「旧型だからって舐めるなぁっっっ!(厨二病)」っと、
    必死に斬り込んで追いついていったのを思い出して熱くなりました。

    夏のプラザ阪下の「殺暑」とKMXの小型戦闘機のような「ビーン」というエンジン音が目に浮かびます。
    ありがとうございます。

    1. >zackyさん

      初めまして!
      zackyさんのコメントを見て、自分のKMXの走行ビデオを
      ついつい観てしまいました。
      それにびっくりですが、今日、町中で走っている!?
      のを初めて観ました。すごい偶然ですね。

      KMX125、
      車速を伴わない、良く廻るエンジンでしたが、
      すぐオーバーヒートするので、
      ほとんど廻せなかった思い出があります。
      造形はすごく好きだったんですが、
      如何せん、実戦に投入するにはフロントサスはもちろん、
      全体的に古すぎましたね。
      KMX200は125と違いパワーも有るので、
      KX等のサスペンションを移植すれば、
      まだ頑張れるかもしれませんね。
      余裕があれば、そんな面白いこともしてみたいです。
      あ、その前に肝心の200の車体が出てこないですよね。。。

  2. よしきさんと同じでチーム気田川が気になります。

    鮎の友釣り師のチームかと思ったり・・・・
    7月7日に天竜川の友釣り選手権がありますよ。
    バイクを降りて友竿持って参加しますか?

    1. >ikeさん

      コメントありがとうございます。
      確かに、そういう系だと思われたかもしれませんねぇ〜。
      自分は釣りに関してはさっぱりなので、
      チーム名は今回限りにしておきます(X_X)
      ところで7月7日は下田の大盛りですよ〜。

  3. 想像以上にハードなレース展開に、びっくりです!

    「チーム気田川」って、初めて聞きましたが?

    1. >よしきさん

      コメントありがとうございます。
      ハードなのは、自分一人という感じでした(^^;
      セローとかXRの人は、まったり走ってましたから。
      チーム名は、自分で勝手に作った名前です(^^)
      静岡西部っぽい名前で良さそうですよね♪

  4. 邪魔者はとっちまいましょう!  ニャハッ

    なかなか、オモローなコトが有りますねえ

    ・・・・・オモロソーだな。。。

    1. >川憎さん

      コメントありがとうございます。
      普段はちっちゃいくせに、余計なところで
      しゃしゃり出てきて困りました(^^;
      長丁場のレースは、順位はともかく、
      走り切ったあとの達成感はたまりませんよー。
      是非、チームへのご加入、お待ちしております♪

  5. 持てる力を全部出し切った感じが伝わってきて、感動しました。
    バイクの整備も大事ですけど、乗り手のコンディション作りも大事ですね
    次回の更なる飛躍を期待してます。
    (でも、ちょっとは笑わさせてくださいね)

    では、では、

    1. >わたるさん

      コメント&笑って頂き、ありがとうございます(^_^)
      今回は改めて、”人馬一体”という言葉の重みを
      しみじみ味わいました。
      次回は、笑いどころはそのままで、もうちょっと
      順位を上げたいですね。
      期待に応えるように、頑張りまっす!

  6. 大変お疲れ様でした。
    夜中の運転、野外泊と少し申し訳なかったような(^^;)
    ロッドの具合はその後如何ですか?
    また次回に向けて頑張りましょう!

    1. >TTRさん

      今回はお疲れさまでした!!
      いえいえ、運転と宿泊は想定内でしたが、
      熱中症になるとは想定外でした(^^;
      ロッドの具合は使用には問題なかったです。
      次回もよろしくお願いしますm(_ _)m

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中