キャンプ道具 – 新しい仲間達


先日、KLE500で初めてキャンプツーリングに行きましたが、
久しぶりのキャンプで、
タープの張り方をすっかり忘れてしまって、
みなさんに手伝ってもらってようやく張ること出来ました。

0
※2011年9月 長野・鹿嶺高原にて

言い訳ですが、
今までペグハンマー無しで何度もテント&タープを張ってきましたが、
今回設営した「土肥オートキャンプ場」は、採石かなにかで
整地されていたようで、ペグがまったく刺さりませんでした。

そのテントは毎度おなじみの「MOSS」の「オディッセイ」

2
※2011年9月、三重・志摩にて。

最近知ったんですが、MOSSというメーカーは
アメリカのMSRに買収されて、無くなっちゃったようです。
これはその最終期の中国製。
張った姿がとても奇麗で気に入ってるんですが、
2、3人用なのでバイクツーリングには大き過ぎだし、
たたんでも大きくて、ちょっと持て余し気味でした。

いままで騙し騙し使ってきましたが、
購入してから約10年。
そろそろ新しいテントにバトンタッチしても良い頃合い。

新しいテントに求めるものは、
軽くて、かさ張らなくて、設営がほどほど楽で、
尚かつ、前室も物置として、
雨の日のキッチン代わりとして、
是非欲しい。

長く使いたいので、或る程度のスペックが必要ですので、
いろいろ調べて、最終的に
・MSR ハバ
MSR2

・モンベル クロノスドーム1型
montbell

・シエラ・デザインズ クリップフラッシュライト2
sierra

の3つに絞って、
悩みに悩んで選んだのは、

シエラ・デザインズ クリップフラッシュライト2

4

写真の上の赤いのが今までのMOSS。

フロアとフライシートの耐水性はどれもほぼ同じですが、
他の二つはMOSSと同じドーム型だったので、
試しに”自立しない”タイプを購入してみました。
冬用のシェラフが同じシエラ・デザインズというのも
ありました。

試しに、トップのパニアケースに入れると、

5

こんな感じ。収納袋が本体よりもかなり大きいので、
圧縮すれば、もっと小さくなる感じ。

で、こいつの初陣は、

6

オスプレーのバックパックに入っての旅になりそうな予感。。。

さて、次の問題。
今回のツーリングには、スマートフォンの充電用にと、
試しに手回し発電器を持って行ったのですが、
ほとんど役に立ちませんでした。

なので、電源パックも新しく購入。

7

よしきさんに貸してもらった同じような電源パックは、
私のMOTOROLLA PHOTONでは使えなかったので
心配でしたが、無事充電出来るのを確認しました。
よかった。

あんまり関係ないですが、
『アース渦巻香 アロマグリーンの香り』

3

つけてみてびっくり、中東の水タバコ、
シーシャ(アルギーレ)の香りそっくりです。

シーシャ3

現地で買おうか迷って、結局購入せずに終わってしまい、
後から考えれば、キャンプでまったりするにはちょうどよかった、
と、ちょっと後悔してました。

シーシャ2

蚊を退治してくれて、尚かつ”気分”だけは水たばこをやってる
感じになるので、一石二鳥。

これらの新しい仲間達で、
キャンプツーリングがまた一つ快適になりそうです。