春野町・景色爽快!分岐枝道迷走ダート – 樽山線


春野町の林道探索の続きです。

とその前に、
ちょっとアナウンスしましたが、前回のレポートで、
林道 山木線」の途中から、
隣りの林道に繋がっているかも?と書いたのですが、
先週、再探索して、現状無理っぽいのが分かりました。

1

林道 菊山線」が分岐しているところからすぐの
この路?を進むのですが、

1

ガレた道を登っていくと、沢になってました。
写真をよーく見ると分かるのですが、
その沢沿いに、ピンクのリボンが脇の木の枝に点々と
繋がれていますね。
道の印?と初めは思ったのですが、
調べてみると、どうも林班(森林区画)の印でした。

沢を登れる腕があれば、たぶん逝っちゃってもいいんですが、
私には無理なので、やめておきました。

さて、
今回は、その「林道 山木線」の始点からすぐに
始まる、「林道 樽山線」です。

1

2

起点は県道263号沿い。

初めは,

3

えらく周囲が奇麗なコンクリの簡易鋪装ですが、

4

民家のある、このT字路からダートが始まります。

5

右は舗装路が続いてます。

T字路から先のダートは、

6

奇麗なツイントラック。路面はフラットで、勾配もほとんどありません。
道幅も広く、路肩の木々との距離もあってか、かなり開放的。

すこし進むと、

7

見づらいですが、右へ折れるダートが分岐しています。

そこからまたすこし走ると、

8

またまた右への分岐ダート。

気持ち良いフラットダートをそのまま進んでいくと、

9

法面にコンクリが吹かれているところから、
急に登り勾配へ。

10

路面も若干荒れてきます。

11

勾配は結構きつく、SL230のパワーではちょっとしんどい。

山のピークに達すると、

12

気持ちの良いツイントラックが再び現れます。
青い空と木々の緑がまぶしい!

暫く走っていくと、

13

右に鋭角に曲がっていく分岐。

そこからちょっといくと、

14

右の分岐。

15

この支線?はそこそこ交通量が多そうな感じ。

本線挟んで反対側にも、

16

森の深くへ進むダートが分岐。。。
ほんと、分岐だらけの林道ですね、ここは。

分岐道の探索は後回しにして、本線を進みます。

17

いやー、爽快!気持ち良いです!

って思ってたら、

18

なんと!またまた分岐。
この分岐は、さっきと同じで、

19

四輪の轍がしっかり残ってます。
本線は、

20

まだまだ続いていますが、
枝道の誘惑に負けた私は、分岐に吸い込まれていきます。。。

と、その前に、本線の残りを反対側から見てみましょう。

21

林道 春野中央線」(全線鋪装)の別荘地前あたりから、

28

林道 樽山線」が、

22

分岐していますので、進んでみます。

入り口はご覧のように、道幅がすごーく広いコンクリ鋪装。

すこし進むと、

23

急に道幅が狭くなり、ダートへ変わります。

反対側の路面も、

24

フラットで奇麗なツイントラック♪

25

山が奇麗に管理されているからでしょうか、
気持ちのよいダートが続きます。

途中、

26

舗装路が少しありますが、またすぐにダートに戻り、

27

先ほどの分岐に辿りつきます。

これまた写真が見づらいですが、
左に登っていく道が分岐しているのが分かりますでしょうか?

本線の始点と終点が分かったので、
早速森の中へ入っていきましょう。

その迷走の模様は次回に。。。

今回もお疲れさまでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中