浜松山道ツーリング


今日は、いつもお世話になっている「川憎さん」が企画された、
山道ツーリングに参加しました。

そこそこ激しいところらしいのですが、
時間がなく、リアタイヤはミシュランT63のままで参加。

集合場所に着くと、なんと、

0

みなさんトランポです。

え?そんなに激しいの?

集合場所からすぐにアタックは始まります。

1

体がまだ暖まってないので、こんな簡単そうなところでも
四苦八苦。。。

2

体がついていかず、過呼吸気味になり、
1時間もしないうちにバテバテ。

ほどほどのヒルクライムが登りきれず、

3

バイクが滑って木に当たり、
リアのテールライトが壊れてしまいました。

その後も何度もスタックしてしまい、

4

何度もお二人に助けられて
第一ステージを終える頃には、
全身、汗でびしょ濡れ。

さすがに、T63じゃ、
フォロー無しでクリアするのは私の腕では無理でした。
なめてました、反省します。。。

ちなみにお二人は、
筆おろしの、

6

ミシュラン AC10と、これまたほぼ新品の、

5

IRC ツーリスト。
次回は禁断?のトラタイヤ??

7

一服して、過呼吸も収まったところで、
第二ステージに移ります。

尾根沿いの、

8

気持ちのよいルートなんですが、
高低差がかなりあり、

9

ダウンヒル、

10

ヒルクライムの連続。

路面が粘土質ではないので、意外とグリップしたのですが、
私はV字クレパスで嵌ってしまい、

12

またまたお二人にフォローしてもらいます。

ほどなくして、
先頭を行く幹事さんが

”今日はここまで!!”

え?

聞けば、このルート最大の難所らしく、
トライアルバイクでないと厳しいらしい。

11

写真だとそうでもなさそうですが、
実際はかなりの落差で、ところどころ木の根があり、
下ったはいいが、その先でもし何かあったら、
我々のバイクでは登って戻ることは出来ないとのこと。

幹事さんの言うことには逆らえませんので、
ここでUターンして、

13

ヒルクライムを楽しんだあと、

14

ランチタイムとなりました。

午後からの第三ステージは、
以前に連れていってもらった別のお山。

二度目だから楽勝かな?
と油断していたら、倒木に当たってしまい、

15

チェーンが外れてしまいました。。。
油断禁物です。

最終ステージは、
つづらおれの

17

激下り。

疲労が溜まったTTRさんも、

20

私も、

18

何度か転びながら、

19

やっと里が見えてきて、
本日の山行終了!!

この後、何度も足をつりながらの帰路になったのは、
言うまでもありません(笑)
楽しかったけど、とっても疲れました。

詳しい場所は教えられないのですが、
浜松市内にこんな楽しい道があったなんて。
奥が深いですね、浜松林道。

みなさん、お疲れさまでした。
そして、幹事さん、ありがとうございました。
次回もよろしくお願いします!!