春野町・景色爽快!分岐枝道迷走ダート – 樽山線③


林道 樽山線」探索のパート3。

前回、迷走しながらたどり着いた、

26

この分岐を直進します。

28

分岐からは道幅が広くなり、暫く走って、

29

舗装路へ。

31

一面茶畑で、素晴らしい景色が目の前に。

遠くの山々を眺めながら一服したあと、
さっきの分岐にもどり、

1

今度は右に進みます。
※直進以前は前回のレポートを。

右に進むと、

2

なかなか味のある雰囲気の森の中へ。

すこし走ると、

3

見えずらいですが、左に下る分岐。

ここは、渓流沿いを暫く走って行き止まりなので、
そのまま直進します。

分岐からほどなくして、

4

悩ましい分岐路。

右に進みましたが、肥料置き場ですぐに行き止まりでしたので、
ここも、左の本線に進みます。

5

ちょっとした伐採地になり、倒木がダートを横断しています。
※2013.7月中現在、撤去されてました。

伐採地を右に見ながら進んでいくと、

6

林道らしい?路面になってきます。

7

見えにくいですが、左の分岐がありますが、もう迷いません!
本線をまっしぐらに進みます。

8

作業路なのか、林道なのか分かりませんが、
走り易い路面です。
ブラインドコーナーが多いので、キープレフトで!

路面はいいのですが、

9

最近探索している水窪と一緒で、ここも脆い土質なのか、
法面からの落石が多々あります。
写真のようなかわいい緑のネットがありますが、
そこから溢れている岩、石が既に路面側に浸食していて、
廃道になるのも時間の問題?

そんなことを考えながら走っていくと、

10

これまた分かりづらいですが、T字路分岐へ遭遇。

右はかなり狭い感じなので、ここも本線っぽい、

11

左に曲がって更に進むと、

12

出ました!また分岐。

轍の跡は左の方が濃いですが、ここは真っすぐいっちゃいます。

13

周囲の木々がすこしまばらになってきて、

14

そんなに古くなさそうなお堂の前に出てきます。

で、お堂の前で、

15

ダートはまた二手に分かれます。

分岐には、

16

案内板が。
「近道コース」と「ゆっくりコース」?
ハイキングルート??すいません、よく分かりません。

さて、ここで左に行くと、森の中で彷徨いそうなので、
右に進んでいくと、

17

おぉ!舗装路にやっと合流です!
でも、合流手前にも左に分かれているダートが(^^;

合流した舗装路は、

18

林道 春野中央線」(全線舗装)で、
さっきのお堂は「千手堂」というみたい。

ブレーキペダルのネジが何故か外れて?しまったので、
ここでピットイン&一服タイム♪

一服後、

19

「千手堂」前で分かれていた道は、

20

ぐるっーと廻って、「千手堂」に至る前の分岐に出てきました。


 
林道 樽山線 約10km〜(支線含め)
県道263号と鋪装林道 春野中央線を結ぶ、フラットダートで
爽快な森の中を走る、快適林道。

その”表”の顔の裏には、
枝道、脇道だらけのダート天国?地獄?が存在し、
進む者を森の中に彷徨わせる恐ろしい面が。

とはいえ、酷いガレ道や荒れている路面もないので、
思うままに分岐を進んでみるのも、面白いかも。
私もすべての分岐を探索したわけではなので、
もしかしたら、すごい発見があるかも!?

それでは、
今回もお疲れさまでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中