2013年最後のレースへ – Honda CR85R2


今年最後のレース、JNCC爺ヶ岳戦は
参加者が600台オーバーの今年最大の大会になるみたい。

スターティンググリッドにものすごい数のバイクが
集まる姿を想像すると、ちょっと身震いしちゃいます。

そんな”お祭り”に参加して、楽しむためにも、
CR85をモトクロス仕様からエンデューロ仕様に変更しよう!の
パート1。

1

購入してから、あまり詳しくレポートしていなかったのは、
今迄ほとんどいじってなかったから(^^;

ってことで、簡単にこのバイクを説明すると、
CR85RExpert(日本ではR2)という、
ジュニア向けの生粋の2stモトクロスバイク。
※後継バイクは4stのCRF150R

ジュニア向けといっても、
車重約70キロで26ps以上なので、
乗り馴れてない人だと不用意にアクセル開けると、
バイクが飛んでいってしまうとか。。。

タイヤサイズは
フロントが19インチ、リアが16インチと、
フルサイズより前後2インチ小さくなり、
懐にもやさしくなります。

年式は2005年で、
この手のバイクにしては古い部類に入るみたいですが、
前オーナーにより、フロント、リアサスペンション、
ペダル&ハンドル&シート位置をモディファイして、
大人が乗っても窮屈じゃないようにされてあります。
私で3オーナー目で、珍しく履歴がはっきりしているバイク。

とはいえ、今迄10〜15分程度のスプリントレースばかり走って
いたので、1時間超えが当たり前の長丁場のエンデューロレースに
このままの状態で参加するのは自殺行為らしい。

まずは、転倒しても折れぬい、ピボットレバーに

2

3

クラッチ、ブレーキともに交換。
フロントがすこし重くなりますが、完走目標なので、
折れてリタイヤしないように。
*ARC製は高くて買えません。。。
ハンドガードは、KMX125と同じタイプを後日取り付け予定。

次は、

4

”うなぎさん”よりアドバイス頂いた、
ラジエターリザーバータンクの設置です。

関係ないですけど、
ラジエターを外してみたら、

5

取り付けてあったボルトがめちゃくちゃ軽い!
なにこれ?って感じ。
これが噂のチタンボルト??

ラジエターキャップから、

6

リザーバータンクへホースを伸ばすため
シートも取り外します。
まんまるいエアークリーナーも、新しいものを
既に発注済みです。

新設するリザーバータンクは、

7

左のサイドカウルの裏にタイラップで装着(^^;
長時間走っていると、タンクとフレームの間に砂が入りこんで、
最悪タンクが壊れてしまうとか。
今回は初めてなので、とりあえずこれで様子見です。

写真は500mlのタンクですが、ちょっと大き過ぎたので、
250mlのものにあとで交換しました。

あとは、標高1000m近い高地でのレースになるので、
キャブレターセッティング用にジェット類を購入しなきゃ。

と、余裕こいてたら、ここで新たな問題が!!
ガソリンタンクが5.8Lしかないので、レース中、
最低一回は給油が必要になりそうってこと。

最後のレースも、いろいろありそうな予感が。。。
みなさんの期待は決して裏切りませんよ〜。