初乗り!! – Honda CR85R2


来月の今年最後のレースに向けて、
今週はどうしても、CR85に乗らなくては、と思い、
比較的雨が降らないだろう、土曜日に初乗りを敢行!!

林道ツーリングが予定されてましたが、
背に腹は替えられません!(みなさん、ごめんなさい)

早速、軽自家用車にバイクを積んで、

1

会場に到着。
ネコタイヤからノーマルホイールに戻し、
ワクワクする気持ちを抑えて、

3

まず、ハンドガードを装着。

ちょっとシンメトリーではありませんね。
すこし走ったあと、取付け位置を調整しました。

次は、

2

自作リザーバータンクにクーラントを入れます。
KMX125はシリンダーヘッドにエア抜きボルトが
あったのですが、SMを見てみたら、このバイクには
そういう類いの物がありませんでした。*よく読んだらありました!

最後に、

4

混合燃料を造ります。

園芸用コーナーで見つけた混合燃料製作容器に、
ガソリンと2stオイルを入れてシェイクします。
比率は前オーナーさんと同じ、「40:1」にしました。

キャブレターのチョークを引いて、
かわいらしいキックペダルを降ろすと、
パパパパーン、いとも簡単にCR85に火がつきました。
*イグニッションキーを探したのは内緒♪

いざ!CR85R2の初乗りです。

エンストすることもなく、走りだしたCR85R2。
今日の目的はペダルやレバー、ハンドル等の具合や位置を
調整するのが目的です。

走り出してすぐ、シフトペダルやブレーキペダルが
思った以上に小さいことにびっくり。
子供用だからしょうがないのかな。

加速は思ってたほどでもないなぁ、と感じながら、
Uターンしようとして、1速に入れたら、

14

初エンストです。
クラッチをしっかり握っても、ギアを1速に入れると
何故か繋がってしまい、エンストするみたい。
クラッチ位置やケーブル類を調整しましたが、
結局、解決出来ませんでした。。。

軽く走って、

5

デポへ戻ります。

ハンドルやレバー位置は問題無し。
交換したピボットレバーの感触はすこぶる良好。
懸念されたフロントブレーキも、1podながら、
KMX125とは比較にならないほどよく効きました。

サスペンションは、はっきり言って、ガチガチですが、

15

SL230だと、ハンドルが取られてたいへんだった、
こんなゴロゴロした河原でも、軽くガレている程度しか
感じず、びっくり。

気をよくして、走り回って、また戻ってきたら、

6

クラッチハウジングのガスケットからオイルが。。。

8

リザーバータンクの蓋からクーラントが漏れて、

9

スウィングアームにべっとり。
この辺は次回調整ですね。

雨が酷くなってきたので、最後の一走り。

加速があんまり、と思っていたのは間違いでした。
上まで廻すと、えらくたいへんなことに(^^;
でも、足廻りがいいせいか、
リアが振られてとっちらかるようなこともなく、
安心してアクセルを開けられる感じ。
CR85、かなりいいかも!?

気持ちよく走り終えて、プラグを見ましたが、

7

ちょっと被っているかなぁ、程度だったのでよかった。

ネコタイヤに戻し、

10

後ろのドアから、

11

こんな感じにバイクを、

12

載せて、初乗り終了!!
CR85は軽いので一人でも積み降ろしは全然大丈夫。

それにしても、予想以上によかったファーストインプレッション。

低回転のトルクは排気量なりに細いものの、
エンストしてしまうほどではなく、
高回転はKIPSが作動したかのような怒濤の加速。
あえて言えば、中回転と高回転、二つの山がある感じ。
サスペンションはそんなピーキーなエンジンにも、
しっかり追随していて、ただガチガチに硬いという訳では
なさそう。
ブレーキも握った、踏んだ分だけ効いてくれるし、
KMX125で不満だった部分をすべて解決してくれて、
尚かつ、おまけまで付いてきた感じ。

来月が楽しみです♪

広告

“初乗り!! – Honda CR85R2” への 4 件のフィードバック

  1. おひさしぶりです。ばらく岡崎方面が多かったのですが今度、県境近辺の山を案内しなければならなくなりそうで。。。。 見させてもらってます。 しかし、普通の軽にCR乗るんですねぇ。 ベンツAクラスにトラ車積んでる人いましたが、それ以上にスゴイ 積んだ様子もみたいです。

    1. >Wなべさん

      コメントありがとうございます。
      ほんとうにお久しぶりですね。
      岡崎では専ら初心者クラスなので、なかなかお会いできませんが、
      元気そうでなによりです(^_^)
      Wなべさんの場合だったら、○座峠から県境沿いに走るルートがおすすめですよ。
      危な過ぎて?公には出来ないルートです(^^;

  2. 今日はそういう事だったんですね。

    そして写真で宴会場の場所を知りました。

    ちなみにレーサーのペダル類は全て市販車より小さいです。

    サスもハーフボトム付近まで柔らかく、それ以上沈むと一気に踏ん張ってくれる特性です。

    馬力のあるエンジンを支える重要な装置です。

    多少のふらつきならパワーで押しきれる、頼もしい性能です。

    ところでKIPSとはカワサキの排気バルブシステムの事です。

    ホンダはHPPと言います。

    各メーカー好き勝手に名前つけてるけど基本的な構造はどのメーカーも似たようなもんです(笑)

    そうそう、クラッチの切れ具合ですが、馬力のあるエンジンなのでクラッチハウジングに段付き磨耗が起こってクラッチプレートがスムーズに動かなくなることが多いです。

    トレールモデルと違ってクラッチまでのアクセスが楽なので一度、確認してみた方が良いかもしれませんね。

    1. >スガッチさん

      今日はすいませんでした。
      明日、確実に雨っぽかったので、
      急遽本日初乗りしました。
      クラッチハウジングですか、、、
      クラッチ板とプレートは購入しておいたのですが、
      ハウジングは予想外でした。
      明日バラして、段が付いてたら、気休めに
      オイルストーンで磨いてみます!
      いつも、ありがとうございます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中