準備万端!? – Honda CR85R2


先週の大失敗から1週間。

2

注文した部品も届き、

1

早速先週からの続きです。

3

ホンダ純正工具が在庫切れだったので、
汎用のホルダーを利用してクラッチセンターロックを外します。
*写真の使い方は間違いです!
っていうか、この工具使いづらかった。
他にいいものないかなぁ。

で、外したアウターは、

4

酷い状態。。。

5

こんなにはっきりプレートの跡が。。。

新しいアウター(1万円超え。。。)と

6

比較してみると、

7

外側の跡が深く、研磨して使えるレベルか
どうか怪しい感じですね。新しいの買っといてよかった。

ってことで、

8

今回交換する、プレッシャープレートその他と一緒に
オイルに浸けておきます。

ちなみにクラッチセンターは、

9

アウター程酷くはなかったので、今回は交換無しで。

うん?バリでも取った跡が。

10

クラッチ板、プレート側にオイルが入りやすいように、

11

オイル孔が付いてます。
これって純正仕様?こんど新品買って調べてみます。

元々付いていたクラッチ板、プレート類は、

12

摩耗もあまりなく、まだ使えそうなので、
予備に取っておきます。*SLに使えるかも??

クラッチの組付けに入る前に、

13

なぜかハウジングを外す際に外れてしまったキックスターターを
取り付けます。
クラッチアウターを取り付けた後にやろうとしたら、スプリングが
規定位置に入れられませんでした。。。

あとは、外した逆にクラッチを入れて、

14

クラッチ交換終了!!
手がオイルまみれだったので途中の写真が撮れませんでした。
ガスケットは液体パッキンを塗って再利用です。

液体パッキンが硬化するのを待つ間に、

15

いつもコメント頂いている、「うなぎさん」に言われて購入した、
ラジエターガードを、

16

装着!
ただのアルミ板なのに、結構な値段でした。。。

次は、前回漏れてしまったラジエターリザーバータンク。

17

蓋に孔をあけてホースを通したところの隙間から
クーラントが漏れていたのが原因。
特殊接着剤で孔を塞ぎ、

18

ゼッケンプレート裏に位置を変更。
こっちの方がラジエターとタンクの距離が短いので、
効率が良さそうだったので。

お次は、

19

エアクリーナーの交換。
湿式は初めてだったので、

20

やっちゃいました。。。
手が宇宙人(^^; 次回からは手袋必須ですね。

次は、

22

ブレーキ、シフトベダル両方の位置をすこし上に上げました。
シフトペダルは、こけるとカバーが割れてしまう位置。
これぐらいが自分にとってシフトし易いので、左側に
転ばないように注意しなきゃ。あ、また左側か。。。

ステップを、SL230につけているXR250R用ワイドステップに交換
しようとしましたが、

23

形状が違って取り付け出来ませんでした。
メーカーによっては、XR250RとCR85は同じ品番だったのですが、
ちょっとがっかり。。。

最後にギアオイル、クーラントを入れて、レース前の整備は終了。
来週の本番まで運転が出来ませんが、まぁ、なんとかなるでしょ!?

広告

“準備万端!? – Honda CR85R2” への 4 件のフィードバック

  1. こりゃまた高価なWCのを買ったのですね。
    うーんブルジョワ!

    インナーバスケットに穴あけあしてるじゃないですか。
    これはSLにも使える方法で。つか200系のエンジンはクラッチ若干弱いので、加工はよくやります。
    内側補強リブ脇に3列ほど穴あけ。
    残り谷部分に千鳥状に穴あけ。
    ミッションギアシャフト末端のメクラ蓋に1mm穴あけ(シャフト内オイルをここから噴出させ、インナーバスケットの穴へと遠心力で導く為)。ただしこれは大きな穴はダメ。

    本番頑張ってください!

    あ、あと宣伝になってしまいますが、こんなイベントもありますよ
    http://www.sser.org/series2014/index-outline.html
    Rally楽しいですよ

    1. >うなぎさん

      コメントありがとうございます。
      ラジエターガードはネット通販で購入できるのがWCしか
      なかったので。。。まぁ、高くても仕方ありません(^^;

      クラッチの孔は、やはり後から加工されたものだったんですね。
      インナーバスケットに孔開けはなんとか自力で出来そうですが、
      ギアシャフトは焼き入れ鋼なので、手持ちのドリルでは
      ちょっと厳しそう。というか、自分でやると壊しそう(x_x;

      Rallyも楽しそうですが、地図を読みながら走るっていうのが
      ちょっと二の足踏んじゃいますね。
      その前に、そんなに長く休めるかが、問題かも?

  2. クラッチハウジング、自分なら修正して使います。

    ただ、最初で最後の修正になります。

    それ以上の修正は強度的に耐えられません。

    ところで…フィルターオイル、塗りすぎかと。。。(^-^;

    フィルターがうっすらオイル色になるくらいの塗布が適量です。

    オイルの塗りすぎは大きな吸気抵抗になるので、ご注意ください。

    ちなみに自分はフィルターオイルはNO TOILを使っています。

    洗浄後の排水は生活排水に流せるので便利ですよ。

    1. >スガッチさん

      いつもためになるアドバイス、ありがとうございますm(_ _)m
      なるほどー、これぐらいでも修正して使えるんですね。
      クラッチハウジングは捨てずに保管しておきます。
      フィルターオイルは塗り過ぎですね(^^;
      次回、気をつけます!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中