今年最後の締めくくり – JNCC爺ヶ岳最終戦


さて、今年最後で、最大のレースイベント、
JNCC AAGP爺ヶ岳から一夜明け、レースを冷静に振り返って
みることにしました。

まずは、浜松から爺ヶ岳まで、どうやって行くか?(笑)

ルート選びには結構、真面目に悩みました。
浜松は東西の交通の便はいいですが、北へのルートは高速が無くて、
長旅するにはたいへんです。(バイクだと楽しいけど)

さて、爺ヶ岳に行くには、主に3つルートがあります。

1、名古屋経由で中央高速 片道327km 4時間29分

1

2、中央高速飯田まで下道 片道277km 4時間44分

2

3、新東名新清水からR52号 片道305km 4時間48分

3

直線距離で一番短いのは、2の浜松から中央高速飯田ICまで下道で
行くルートですが、峠をいくつか超える必要があり、カーブが多いので
神経を使うし、レースを終えた帰路には堪えます。

実際、WEX長和の森の時に通りましたが、下道が長過ぎて、
行くだけで疲れてしまったのもあり、今回は行きは1の名古屋経由。
帰りは3の新東名経由にしました。

が、これが大失敗。

4

3連休の初日。お昼前には下りの東名は既に渋滞中。

渋滞を抜けて、東海環状線に入ると、

5

混雑はなくなり、中央高速も快調に飛ばして、

6

ようやく爺ヶ岳へ。

5時間弱掛かりましたが、ほぼ全区間高速だったので、
下道を走ってくるよりかは、疲れは少なかったです。
それよりも、治りかけだった風邪が、当日朝のバイク積み込み、
そしてこの移動区間中に、またぶり返してきて、かなりヤバい状態。

7

到着時間は既に16時を廻っていたので、
楽しみだった、試乗会には間に合いませんでした。。。
間に合っても、体調が悪くて乗れなかったでしょう。

車からバイクを降ろして、
前日車検に向かいます。

8

時刻は午後の4時半なのに、この暗さ。
紅葉も始まっていて、いつのまにか、秋っぽくなってきました。

コースも既に出来上がってますが、

9

見に行く気力がありません。

10

車検はすぐに終わりましたが、
受付が長蛇の列。。。
太陽は既に落ちて、時間の経過とともに、
気温がグングン下がっていくのが体感できるほどに。

マフラー代わりのタオルに帽子、そしてマスク姿のオヤジに、
ピンっと来たのか、受付終了後の私に職質が!?

ではなく、全員の顔写真を撮ってWEBに載せるだとか。
申し訳なかったですが、丁重にお断りしました(^^;

この後、軽く食事を摂って、車の中で冬用シェラフをまとって、
すぐ寝てしまいました。
案の定、夜中に熱を出してしまい、
シェラフの中で、ものすごい量の寝汗をかいてしまい、
レース後用の着替えを使うはめに。。。

翌朝、

11

雨予報だった天気は一転して晴れ。
体調も前日よりかはすこし良くなりましたが、
やっぱり山の朝は寒いです。

朝食を食べて、混合ガソリンをCR85R2に入れ(濃過ぎた!)、
長蛇の列の朝トイレを終えると、FUNクラスのスタート時間が
迫ってきました。

そそくさと身支度をして、

13

スターティンググリッドに並びます。
しかし、最終戦だけあって、すごい数です。

体調も良くなり、空も晴れて、今年最高の舞台が、

15

始まります!!

が、

16

カブリまくって、スタート出遅れ。

17

2、3コーナーでは、既に渋滞発生。

渋滞を避けて、

18

歩いて端に。。。

走りだしてすぐ分かったんですが、CR85R2が
全然走ってくれません。。。

モコモコモコ、とゆっくり登って、

19

ギュウィーン!と、いきなりドッカンパワーでフロント浮きまくり。
ビビってアクセル緩めて、またモコモコモコ。。。
そりゃ、カブるわけです。

vide01
※画像をクリックすると、モコモコ具合が分かります。

21

ガレガレゾーンとか、いろいろありました。

22

鈴蘭戦の時、夜宴でご一緒した夫妻と遭遇。
応援ありがとうございました。。。

で、1周目の順位は、

23

100位です。。。
なんせ、1周するのに、30分以上かかってますから。

で、同じような感じで、

24

2周目。
あらら、既に残り時間26分。

とりあえず、

26

ガソリンが無いので、ピットインして給油タイム。

このまま止めちゃってもいいんですが、
もったいないので、

27

ピットアウト。
でも、こんな坂が登れずタイムオーバー。。。

28

2周しか走ってないので、あまり汚れていないのが、逆に悲しい。。。

29

COMPクラスをすこし見学してから帰路につきました。
また、風邪が。。。

途中、

30

中央高速諏訪湖SAで温泉に浸かり、

31

新東名浜松SAから帰宅。

帰りは、温泉入って約5時間。
下道区間のR52は流れがいいので、
こっちのルートの方がいいかも。

いろいろ反省点が山積みの今回の爺ヶ岳戦。

今回初めて、CR85Rに”まともに”乗ったわけですが、
楽しむ以前に、”まともに”乗れてない状態で、
正直、一番つまらなかったレースでした。

2ストは”全開”で”半クラッチ”使えてなんぼらしいですが、
(レース終えてから、隣りのパドックの人から教えられました)
そんなことしてると、なんかすぐ壊れそうで。。。

本物の2スト乗りになるには、まだまだ道は険しそうです。。。

広告

「今年最後の締めくくり – JNCC爺ヶ岳最終戦」への2件のフィードバック

  1. お疲れ様でした。
    長野北部は隣の県なのに何故か遠くて、早く三遠南信道が出来てほしいですよね。
    マシンとの調整不足のようでしたが、来年への糧になることでしょう。

    1. >TTRさん

      コメントありがとうございます。
      そうですよねー、三遠南信道が出来れば、
      とっても楽なんですが、生きている内に走れるかなぁ(^^;
      レースは一発本番なんで、事前の準備がとても大事だと、
      改めて勉強させられました。
      かなり悔しかったので、マジで走り込み、始めます!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中