森町・三倉林道探索ツーリング


今日は、待ちに待った?久しぶりの探索系ツーリング。

昨日、タイヤの交換をお願いした、

0-2

鎖骨骨折のリハビリ中(ボルト在中)のTTRさんも参加です。

森町周辺のツーリング時には、

1

いつもお世話になっている例の場所で、みんな集まります。
今回は新しく、トリッカー&RMZ乗りのプロレスラー?の方も参戦!
聞けば、JNCC爺ヶ岳戦にいきなりcompクラスで初参加した、
かなりの猛者です。

近況などすこし話して、まずは、

2

菰張山でウォーミングアップ。

3

軽量化のためにフロントフェイスを変えた川憎さんは絶好調!

体が十分暖まったところで、

4

本日のメインディッシュ、旧三倉林道の入り口へ。

この林道(廃道とも)は、昔はかなり有名だったらしいですが、
ここ10年くらいの路面状況の情報がネットにまったくありません。

もともと激しい系で、途中に路面が崩落して進めないらしいのですが、
現在はどこまでいけるのでしょうか?

と、事前情報をみなさんにお話したら、
行こうかどうか悩んでしまうお二人さん。

ですが、

5

根は好き者なので、もちろんみんなで進入です。

入り口からすぐ、

6

法面が崩れて路面一面ガレだらけ。

しばらく進んで、

8

おおきな雨水溝が真ん中に。

私は嵌ってしまいましたが、

9

10

11

みなさん、奇麗にクリーンを出していきます。

あれ?TTRさん、そんなに張り切り過ぎると、
ボルトが肩から出ててきますよ(笑)

以前下見に来たとき、けっこうなステアケースっぽく見えたところは、

12

その後の雨のせいか、なだらかに。

13

TTRさんはリハビリとは思えない走りっぷりで、ここもクリーン。

そこから暫く進んでいくと、

14

あらら〜?かなり怪しそうな雰囲気。

躊躇していたら、後ろを走っていたプロレスラーさんが、
勇猛に突進!!

で、その先はというと、

16

崩落した後、人が通れるぐらいの小道が出来ていましたが、
谷側には遮るものがなく、ちょっとでもリアタイヤで掘ってしまうと、
奈落の底へまっしぐら状態。。。

17

リハビリ中のTTRさんも、さすがに無理っぽい。

ということで、ここから歩いて先を見にいってきました。

結論から言うと、

18

道はありません。。。

19

たぶん、ここが10年前くらいの情報で崩落していた箇所かと。

その当時はバイク一台分ぐらい、路面が残っていたようですが、
今は崩落が進み、奇麗さっぱり道が無くっていました。

20

その近くの路面から木々が伸びていました。
もう、この道が使われることはないでしょうね。

旧三倉林道の現在が分かった後は、

21

三倉の森深く、進みます。

調子に乗って進み過ぎてしまい、

23

過度なリハビリを強要してしまいました。。。
*TTRさん、すいませんでした。

ここでは私を含め、みなさん汗だくになってしまいました。

20-1

ちょっと遅めの昼食を摂って、
走りだしてすぐ、

24

ジャンプの着地で失敗して、大転倒!!
*画像をクリックすると、大転倒が見れるよ!

レースも含め、”あぁ、死んだなぁ”と思ったのは
初めてでした。
*みなさん、ご心配おかけしました。

26

大転倒でも、子連れさんのネタにしてもらえると思うと、
痛みも無くなります(とはいきません。。痛っ)

その後、川憎さんとプロレスラーさんとはぐれてしまい、
迷い込んだダム横ガレ道で、

27

子連れさんがフラフラ後撃沈。。。
(午前中、山の中で寝てたみたい)

降りて、さぁ、他の二人と合流しようとしたら、

28

先の転倒でCRF250Lのギアチェンジペダルが何処へ。。。
(その後回収しました!)

29

なんとかみなさん合流したものの、

30

川憎さんのシェルパのハンドガードが!?

31

子連れさんのCRFの仮シフトペダルが、

32

私の右ミラーが、
(実はこれ、朝出発時にとある人に呼び止められて、
立ち話している時に立ち転けして壊れました。。。)

と、それぞれバイクの損傷があり、時間も時間だったので、
これにて本日の山行は終了!

途中、通り雨に降られて、

33

道の駅もどきで休憩して、帰路につきました。
*バリがすごい、たいやき

『旧三倉林道』の探索がメインだった今日のツーリング。
ひさしぶりの激しい系で、楽しかった。

エンデューロレースも楽しいけど、
やっぱり、みんなと汗だくになって走るのも
また楽しいもんだと、改めて感じたツーリングでした。

みなさん、お疲れさまでした。
また遊びましょうね!!

反省、言い訳とも・・・


いまだに体調は完調とはいえず、
今年の風邪はやけに長引きます。

風邪と同じく、
約1週間経った今でも、
あの酷いレースを思い出さずにはいられません。

3

GoProで撮ったビデオを見ても、

4

バイクを押している映像ばかり(X_X)

いくら遊びといっても、レースに対する準備を、
ちょっと、いや、かなりナメてましたね。

2

○体調管理
○マシンセッティング
○バイク不慣れ(走行不足)

当日の体調はなんとか大丈夫でしたが、レース前は完全に風邪状態で、
いつも行っている体力作りがまったく出来ませんでした。

マシンセッティングについては、キャブのジェットが合ってないことや、
焼き付きを恐れて濃いめにした混合燃料等のことより、
ライディングに関する部分の調整がちゃんと出来ていませんでした。

特にハンドル位置。
位置がちょっと下だったので、スタンディングがしずらく、
座り気味で走っていたのが、ウィリー大会の原因かもしれません。

1

スタンディングしてステップとハンドルで荷重をしっかり掛けながら
アクセルを開けていれば、もうすこし登っていってくれたかも。

SLで出場し、クラッチを焼き付かせたWEX勝沼の事があったので、
無意識に半クラッチをあまり使わないようしていたのも、
2ストバイクには裏目にでた感じ。

5

前回、WEX長和の森をSL230で出て、それなりに走り切った感が
あったのも、それまでの何十時間、いや、何年間、ずぅーと
走ってきた(調整してきた)ことが積み重なってのこと。

せめて、一回でも、ちゃんと乗っていれば、
もうすこし違う結果になったかもしれませんね。

関係ないですが、

6

COMPクラスのガレ場は、
トップ選手でも転倒するぐらいの激しさで、
見ているだけで、手に汗握るくらいでした。

”みんなの坂”の石が全体的に大きくなって、
距離が長くなった感じと言えば分かり易いかな?
最近行ってないので、年内にはまた遊びに行きたいなぁ。

さて、そんな感じで
寂しく終わったレースデビューの今年は、

5月 JNCC鈴蘭(SL230)
6月 WEXプラザ阪下(KMX125)
9月 WEXクロスパーク勝沼(SL230)
10月 WEX長和の森(SL230)
11月 JNCC爺ヶ岳(CR85R2)

と、計5回、参加することが出来ました。

来年、2014年のスケジュールはまだ分かりませんが、
同じくらい参加出来ればといいなぁと、思います。
結果(走り終えた感覚)から見ると、
スキー場系はSL230で、MXコース系はCR85R2でと、
使い分けて参加した方がいいかも知れませんね。

今年最後の締めくくり – JNCC爺ヶ岳最終戦


さて、今年最後で、最大のレースイベント、
JNCC AAGP爺ヶ岳から一夜明け、レースを冷静に振り返って
みることにしました。

まずは、浜松から爺ヶ岳まで、どうやって行くか?(笑)

ルート選びには結構、真面目に悩みました。
浜松は東西の交通の便はいいですが、北へのルートは高速が無くて、
長旅するにはたいへんです。(バイクだと楽しいけど)

さて、爺ヶ岳に行くには、主に3つルートがあります。

1、名古屋経由で中央高速 片道327km 4時間29分

1

2、中央高速飯田まで下道 片道277km 4時間44分

2

3、新東名新清水からR52号 片道305km 4時間48分

3

直線距離で一番短いのは、2の浜松から中央高速飯田ICまで下道で
行くルートですが、峠をいくつか超える必要があり、カーブが多いので
神経を使うし、レースを終えた帰路には堪えます。

実際、WEX長和の森の時に通りましたが、下道が長過ぎて、
行くだけで疲れてしまったのもあり、今回は行きは1の名古屋経由。
帰りは3の新東名経由にしました。

が、これが大失敗。

4

3連休の初日。お昼前には下りの東名は既に渋滞中。

渋滞を抜けて、東海環状線に入ると、

5

混雑はなくなり、中央高速も快調に飛ばして、

6

ようやく爺ヶ岳へ。

5時間弱掛かりましたが、ほぼ全区間高速だったので、
下道を走ってくるよりかは、疲れは少なかったです。
それよりも、治りかけだった風邪が、当日朝のバイク積み込み、
そしてこの移動区間中に、またぶり返してきて、かなりヤバい状態。

7

到着時間は既に16時を廻っていたので、
楽しみだった、試乗会には間に合いませんでした。。。
間に合っても、体調が悪くて乗れなかったでしょう。

車からバイクを降ろして、
前日車検に向かいます。

8

時刻は午後の4時半なのに、この暗さ。
紅葉も始まっていて、いつのまにか、秋っぽくなってきました。

コースも既に出来上がってますが、

9

見に行く気力がありません。

10

車検はすぐに終わりましたが、
受付が長蛇の列。。。
太陽は既に落ちて、時間の経過とともに、
気温がグングン下がっていくのが体感できるほどに。

マフラー代わりのタオルに帽子、そしてマスク姿のオヤジに、
ピンっと来たのか、受付終了後の私に職質が!?

ではなく、全員の顔写真を撮ってWEBに載せるだとか。
申し訳なかったですが、丁重にお断りしました(^^;

この後、軽く食事を摂って、車の中で冬用シェラフをまとって、
すぐ寝てしまいました。
案の定、夜中に熱を出してしまい、
シェラフの中で、ものすごい量の寝汗をかいてしまい、
レース後用の着替えを使うはめに。。。

翌朝、

11

雨予報だった天気は一転して晴れ。
体調も前日よりかはすこし良くなりましたが、
やっぱり山の朝は寒いです。

朝食を食べて、混合ガソリンをCR85R2に入れ(濃過ぎた!)、
長蛇の列の朝トイレを終えると、FUNクラスのスタート時間が
迫ってきました。

そそくさと身支度をして、

13

スターティンググリッドに並びます。
しかし、最終戦だけあって、すごい数です。

体調も良くなり、空も晴れて、今年最高の舞台が、

15

始まります!!

が、

16

カブリまくって、スタート出遅れ。

17

2、3コーナーでは、既に渋滞発生。

渋滞を避けて、

18

歩いて端に。。。

走りだしてすぐ分かったんですが、CR85R2が
全然走ってくれません。。。

モコモコモコ、とゆっくり登って、

19

ギュウィーン!と、いきなりドッカンパワーでフロント浮きまくり。
ビビってアクセル緩めて、またモコモコモコ。。。
そりゃ、カブるわけです。

vide01
※画像をクリックすると、モコモコ具合が分かります。

21

ガレガレゾーンとか、いろいろありました。

22

鈴蘭戦の時、夜宴でご一緒した夫妻と遭遇。
応援ありがとうございました。。。

で、1周目の順位は、

23

100位です。。。
なんせ、1周するのに、30分以上かかってますから。

で、同じような感じで、

24

2周目。
あらら、既に残り時間26分。

とりあえず、

26

ガソリンが無いので、ピットインして給油タイム。

このまま止めちゃってもいいんですが、
もったいないので、

27

ピットアウト。
でも、こんな坂が登れずタイムオーバー。。。

28

2周しか走ってないので、あまり汚れていないのが、逆に悲しい。。。

29

COMPクラスをすこし見学してから帰路につきました。
また、風邪が。。。

途中、

30

中央高速諏訪湖SAで温泉に浸かり、

31

新東名浜松SAから帰宅。

帰りは、温泉入って約5時間。
下道区間のR52は流れがいいので、
こっちのルートの方がいいかも。

いろいろ反省点が山積みの今回の爺ヶ岳戦。

今回初めて、CR85Rに”まともに”乗ったわけですが、
楽しむ以前に、”まともに”乗れてない状態で、
正直、一番つまらなかったレースでした。

2ストは”全開”で”半クラッチ”使えてなんぼらしいですが、
(レース終えてから、隣りのパドックの人から教えられました)
そんなことしてると、なんかすぐ壊れそうで。。。

本物の2スト乗りになるには、まだまだ道は険しそうです。。。

【レース速報】惨敗・・・


JNCC 2013年最終戦 爺ヶ岳に行ってきました。

1

車の運転を往復約10時間して、

2

レースは100分。

その大半は、

3

”押し”に、

4

押しまくり!!

押したあとは、

5

もちろん、”沈”

2スト小排気量のバイクは、
ほんと難しかった。

低回転のトルクがまったくなくて、
トルクが出て来る回転数に入ったとたん、

6

いきなりフロント浮いちゃうんですもん。

7

こんなに寂しい、侘しいレースは初めてでした。。。