2014年仕様 – SL230整備


年末年始のSL230整備。

まず、フレームの歪み具合を再確認。

1

ステップのセンターを比較したら、こんなに歪んでました。。。
かなり酷く転んだ(当たった)ので、しょうがいないですね(^^;

外装類を、

2

外して、

3

まずは軽量化(AIキャンセル)。

キャブレターを

4

清掃して、

5

メインジェットを純正#118から、#125に変更します。

6

最終型の私のSL230についているキャブレターは、
パイロットジェットの位置が初期型とは異なり、

7

キャブレター側面にあって、尚かつホンダ車だけの、
特殊な形状なので、交換には専用工具が必要。
とりあえずアイドル回転数を上げておいて、
パイロットジェットは後日交換です。

8

キャブレターとエアクリーナーボックスを繋ぐダクトは、
すぐ取れちゃいますね。
以前、アクセルを開けるとエンストしてしまう症状がありましたが、
その原因がこのダクトが一部外れてエアを吸っていたのが原因でした。

9

乾式のエアクリーナーも新品に交換しましたが、
近々、自作湿式を試す予定。

10

エンジン、キャブレター廻りがすっきりして、
整備しやすくなりました。

点きが悪かったウィンカースイッチも、

11

汚れが溜まっていたので、分解清掃、給油します。

今回、初めて、

12

ステムベアリングを外しました。
が、φ30mmのこの大きなナット。
ほとんど緩んでいました(^^; どういうこと??

かなり酷い状態だろうなぁ、と思っていたベアリングですが、

13

ボトムも、

14

アッパーも錆ひとつない、非常に奇麗な状態。

15

レースも奇麗だったので、

16

古いグリースを奇麗に清掃し、グリスを、

17

たんまり奢ってやって、締め直します。

フロントフォークオイルは、

19

前回のMIX仕様から、純正同様の10番のみで入れ替え。

20

オイルレベル用工具を初めて使いましたが、
使い易くて、いままで使わなかったことを後悔しました。

と、ここまでが年末に行った整備で、

21

とある秘密のGSへ、新年のご挨拶がてら伺います。

22

23

プロの技に見入っていたら、

24

あっと言う間に出来上がり!
2014年のSL230は、
トラタイヤとMXタイヤを適時履き替えして遊ぶ予定。
なんですが、、、

25

ん?

26

んんっ!?

まぁ、見なかったことにして(^^;

27

ついでに車のタイヤも、

28

交換してもらいます。

29

バランス取りは流石!
一発で調整完了。

30

プロも満面の笑顔。

31

おまけで洗車もしてもらいました(^_^)/

ちょっとバイクから脱線してしまいましたが、
整備メニューの最後のクラッチ。
年末年始のツーリングでも常時滑って、アクセル全開は
出来ませんでしたが、

32

とある筋から流用部品情報が。
これで悩ましいクラッチ問題が解決するかも!?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中