SL230クラッチ強化大作戦!?解答編


前回、ちょっとやらかしてしまったSL230のクラッチ交換。

1

クラッチカバーを開けてみます。
もう答えが見えてます。

2

オイルポンプとクラッチスプリングを外します。
もう、分かったでしょうか?

答えは、

3

ディスクとプレートを1セット余分に組んでしまったのでした(^^;
SL230のクラッチは、フリクションディスク5枚プレートが4枚
先週は、なにを勘違いしたのか、ディスク6枚とプレート5枚で
組んでしまい、クラッチが切れなくなってしまいました。。。

1セット取り外して、クラッチを組み直した後、

4

パイロットジェットを試しに交換。

5

ホンダ車のAI付きキャブ用の専用工具で
エアスクリューを対策前仕様に戻して、早速試乗へ。

ケーブルの調整も兼ねて近所をぐるーと廻りましたが、
具合は非常にいい感じ。

ヌメーとした感じで繋がっていたクラッチが、
ドンッ!という感じでダイレクトに繋がります。

あとは、半クラッチを多用するようなハードな使用に
どれだけ耐えれるか、次回のインプレを乞うご期待?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中