林道を探しに行こう!! – 準備編


静岡西部、遠州地方の林道を探索し始めてから、
3年目に入りましたが、林道を探す方法もすこしずつ変わってきました。

tm

初めの頃は、バイク関係のHPやWEBを見ながら走っていました。
でもそのほとんどは、90年代や新しくても5年前ぐらい。

期待して行ったら、全線鋪装済みなんてことも
少なくありませんでした。

1

次は、国道や県道から伸びている林道を探しにいきました。

でも行き当たりばったりで、林道に出会えても、
生活道路となっていて鋪装しているものが多くありました。
鋪装されていない林道のほとんどは、
集落の外れから始まっている方が多いんじゃないかと思います。

ところで、
林道を管轄しているのは、農林関係のお役所ですが、
これだけネットが普及している現在、山梨県なんかは、
林道情報をネットで公開しているほど。

yamanashi

で、今迄内緒?にしていましたが、
静岡にもちゃんとあるんです。

shizuoka
『静岡県森林情報共有システム』

山梨等と比べてちょっと雑ですが、
林道の起点と終点の住所が出ているので、
地図で調べて行けば、まず迷うことなく
林道に辿りつけますし、
登録してある林道すべて走ることも可能です。
まぁ、時間と労力はかなりかかりますが。。。

で、最近のダートの探し方は、
グーグルマップ(アース)をくまなく見ること(^^;

gm

まぁ、グーグルでもヤフーでも同じですが、
空から撮影した航空写真を見て、
道がありそうな所を探すわけです。

目星しいところがあれば、
グーグルマップで探索用の地図を作成したり、
”マイプレイス”でスター(星印)をつけて、目印にします。

また、それと同時に、

kokudochiriin2

『国土地理院地図』も併用します。
この地図の良いところは、破線(徒歩道)路が表記されているところ。

kokudochiriin-2

登山やハイキングをされる方達の間では当たり前ですが、
バイクに乗る人で探索用に使う人は極一部でしょう。

例えば、
グーグルマップで林道らしき路があるところを探します。

example-1

東西に路が走っているのが分かりますね。

でも普通の地図だと、

example-2

なんにも表示されません。
未踏の林道を探すには、航空写真地図は必須です。

で、さきほどの国土地理院の地図を見てみると、

example-3

破線もしっかり表記されています。
*2014年4月1日より、地図がバージョンアップされました!!

道があるのを確認したら、近くの大きな道に繋がっている
ところを探して、

example-4

グーグルマップに印をつけておきます。
この場所は必ずしも林道入り口でなくても良いです。
だいたいの場所が分かれば、あとは現地に行けば分かりますから。

探索する場所は一カ所ではないので、
何カ所か印をつけて、
且つ、効率的に廻れるように一筆書きのように
ルーティングしたマイマップを作成します。

example-5

これは悪い見本。
一日で探索できるダートは思っている以上に少ないので、
欲張らず、少なめにしておいた方が良いでしょう。
そして、この作成したマップを現地でみながら、探索します。

と、ここまでが下準備。
よりよい結果を出すには、入念な準備が必要ですね。
気持ちは鉄道同好会?みたいな感じで、
時間をかけて”怪しい”ところを探しまくります。

あ、ひとつ忘れてました。

林道ではほとんど携帯の電波が届かないので、
地図は電波が無くても見れるよう、
スマートフォンの設定をしておかなくてはいけません。
*紙の地図を持っていく場合でも、GPSで現在地を知る必要があるので、
必ず設定していきます。

登山やハイキングをされている方々がスマートフォンを
GPSロガー代わりに使っていますが、それと同じ要領です。

yamatabi

”山旅ロガー”等、いろんなアプリが出ていますが、
私はもっぱらグーグルマップをローカルに取り込んで、
それで探索しています。
*グーグルマップは基本的にローカル保存の機能がありませんので、
地図キャッシュ機能使います。

2

それと、
走行履歴を残すため、「My Truck」等のGPSログを取れるアプリや、
スマートフォン用の予備バッテリーも必須です。

では、次回、ワクワク、ドキドキの現地探索編に移ります。

広告

“林道を探しに行こう!! – 準備編” への 4 件のフィードバック

  1. 道があればベストな装備ですね~♪
    あとはピストンなどで道がない場合、以前のログ見ると丘の向こう側には続いてるとか時々あるんです♪ そんな場合標高の緩い場所を地図を読んで探すってのも面白いですよ。とんでもないアタック系になりますけどね。
    あとは大昔に使ってた道を探すのも手です。
    牛を使って木を切り出した九十九折れの朽ち果てた道らしきものが、あったら最高です♪
    以前、5時間程九十九折れのガレ場を登ってログ見たら1/3しか登ってない事があったりしました。尾根見えるのに! 試しに上から下ってみたら絶対登りたくない場所が数ヶ所あったりね。
    探索は面白いですね♪

    1. >エノさん

      探索の大先輩からのお言葉、恐れ入りますm(_ _)m
      基本、ソロでの探索が多いので無理は出来ませんが、
      あともうちょっとなのに〜とか、
      もう見えてるのに〜、の気持ち、分かります(^^;
      抜けれた時のあのなんとも言えない達成感は
      なにごとにも変えられないですね〜。

  2. うまくいろんなもの使うねえ
    感心するねぇ~。

    楽しみですね、

    そろそろ復活しますよ
    よろしく。

    1. >川憎さん

      日曜は復活リハビリツーリングですね。
      無理せず、のんびりいきましょう。
      と言いながら、ダム横に絶対いきそうな予感(^^;
      子連れさんがそこまで”鬼”でないことを祈りましょう。。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中