待ち人来ず – JNCC鈴蘭戦へ向けて②


JNCC鈴蘭戦に投入予定だった、
秘密兵器が来ません。。。

それと一緒に装着予定だったパーツは
届いたのですが、一番楽しみにしていたパーツが
納期遅延で、たぶん鈴蘭には間に合いません。

仕方がないので、
とりあえず他のパーツを取り付けることに。

その前に、キャブレターのメインジェットを交換します。

1

マニュアルには、

4

1000mの高度毎に#5番下げるようにとありますので、

3

現在の#142から#132へ変更。

本当はもっと細かくセッティングしないといけないのですが、
時間も技術も、トップを狙うわけでもないので、
これで良しとします。

キャブレターを取り外し、

5

リードバルブも取って、

6

ピストンスカート部を覗いてみます。

7

ピストンはまだ交換しなくても大丈夫みたいです。
リングはあと二回ぐらい走ったら交換してみましょう。
それにしても、なにやらいろいろやってある痕がありますね。

8

左が純正?リードバルブ。
右が今回交換する、V-force リードバルブ。
海外通販で日本価格の半値近くでした。

他にもいろいろつけて、

9

CR85R2の盆栽化がほぼ完成。

スターティンググリッドに付くまでに、
いかに、早そうに見せて、相手を意識させるのかが目的。
まぁ、走り出したら、いちいち隣りが誰かなんか
気にしないですからね。
やっぱレーサーは見た目で勝負です(^^;

10

効果が無い!とちまたで評判?のリザーバータンクも、

11

着飾っちゃいます。
(ゼッケンプレートで隠れてしまいますが)

これにて、レース前のCR85Rの整備は終了です。
リードバルブの交換後のセッティングなんてやりません(^^;
本番でだめだったら、次レースまでに変えればいいだけ。
本当は、フライホイールウェイトも装着して、どんな感じになるか
試運転したかったんですが、まぁ、しょうがないです。

で、今回は他にもいろいろ買ってしまいました。

12

CR85R2用のタロン、レンサルの前後スプロケットと、
MotionProのリムロック。
このリムロックは軽くて、付属するボルトの仕上げも奇麗で
気に入っています。
両スプロケットを購入したってことで、
もうすこし、CR85Rで頑張ってみようかと思っています。

13

ソアーの入門用ニーブレース。
最近、ニーパッドが当たっていない、膝の横を痛めがちなので。。。
ガチガチのモトクロスはやるつもりはないので、
これで十分かと思います。

14

SCOTTのゴーグルとゴーグル4つ保管できるケース。
ゴーグルは使い続けると、レンズ部分が埃や前車からの跳ね石等で
だんだん痛んでくるので、ある意味消耗品ですね。
新品をレースで使い、痛んできたら、ツーリング用へ。
貧乏性です、はい。

15

MSRのATVブーツ。
ツーリング用のオニールブーツがそろそろ寿命なので、
買い替えです。
まぁ、ほぼ毎週走りまくってますから、よく持ったと思います。
オニールのもそうですが、これも1万円そこそこの安いブーツ。
安いブーツを数年ではきつぶす方がコスパが高いです。

ということで、鈴蘭に備えて、新しいギアの確認もかねて、
明日もお山に行ってきます♪
熱中症、気をつけなきゃね。

転倒三昧・林道アタックツーリング – ②


今回のツーリング。
午後の部です。

さぁ、まずは、お昼を食べて、
すぐそばのヒルクライム場でちょっと遊びます。

1

”ちょっと”どころか、かなり遊んじゃいましたね、みなさん。

ガードレース下のヒルクライムは、

2

SL230のようなパワーのないバイクだと、
相当腕がよくないと登りきれません。

遊んだあとは、シングルトラックへ進みます。

3

私は後ろに廻って、そば嬢さんをストーカー。。。

4

転んでも、バイクをすぐに引き起こすあたり、
並の女の子ではないですね。

通称「凸凹道」へ向かいます。
ここはジムニー軍団の聖地?でもありますね。

5

下りは無難にクリアして、Uターンして、すぐ登ります。

7

と、ここで、
私のブログを見てくださっている(ありがとうございます!)、
WRにお乗りのoguさんが、体力の消耗激しくリタイヤ。。。
お疲れさまでした、またよろしくお願いします!

さぁ、登らまいか!
早い人は先にいっちゃったので、
後ろからくる人を撮影します。
大所帯のときは、走るより、撮影していた方が
みなさんのいろんな姿が見れて面白いです。

6

川憎さん、もう完全復活ですね!

7

またも、ひょうひょうと登るよしきさん。
聞けば、何にも考えずに走ってるんですって!
無我の境地?

8

さりげないカメラ目線の子連れさん。

9

セローにお乗りのテツさん。
背が高いので、セロー225が小さく見えますね。

10

TTRさんも、去年の骨折から完全復活です。
今年の後半は一緒にレースに出てくれるかしら。

11

おっと!そば嬢さん、豪快に転倒!

歳を取ると、よからぬ事ばっかり先に考えてしまいますが、
やっぱり若いってのは、物怖じせずに突き進めるのがいいですね。

たまたまカメラを止めていたので、
転倒の瞬間が取れなかったのがちょっと心残り(^^;

12

転倒しても、普通に登っていっちゃうあたり、
すごいものを持っている感じ。
タイヤがT63なのに。。。乗り手もバイクも軽いから、スタックは
ほとんどなかったですね。私の場合はテクニック磨くより減量の方が効果的?

13

XR230にお乗りのうまい方(すいません、名前を失念してしまいました)。
たぶん、その筋(トライアル系)の強者でしょうね、
フォームがとても奇麗ですもん♪

いったん山頂付近まで行き、
ここから通称「エノルート」を下ります。

ここはKMX125で一度下ったことがありますが、
かなりの激坂なので、要注意。

っていいながら、なんでもないところで

14

転倒してしまった自分が情けない。。。

15

そば嬢さんを心配そうに見守る醜男衆。

激下りのあとは、

16

ヒルクライム。

KMXのときは途中で失速して登れませんでしたが、
SL230だと低速トルクがあるので余裕でした。

当然、みなさんも余裕で登頂。

17

18

19

20

21

さて、次の岩場セクションはちょっとやっかい。

22

尾根上にあるので、バランス崩すと転落間違いなし。
そこを下った後も、倒木があり、一息つけない場所。

23

倒木が斜めなのでいやらしいです。

24

25

後続を待っていると、またもそば嬢さんの悲鳴が(^^;

何かあるといけないので?カメラをセットして、
救助に向かいます。

43-1

崖下に落ちないよう、フォローしている最中。
まさかの子連れさんのバックアタック!!

43

足場が悪いので、そのまま崖下へ転落。。。

なんとか踏ん張って、TTRさんのお手を借りて転落を
間逃れました。ありがとうございます!!
*翌日、この時痛めた左足首が腫れ上がりました。。。

救助されてる間に、

29

そば嬢さんが丸太へアタック!!
やっぱ、若いっていいよねぇ〜☆
で、その結果は、

30

右のタイヤが物語ってます(^^;
その瞬間は撮れませんでしたが、
「ふんぎゃ!」
は、ばっちり録音されてましたよ(^_^)v

そして、ここの〆は、

31

もちろん、大御所の子連れさん!
もう、この時点でやる気マンマンです。

で、ギャラリーの期待にこたえて、

32

潔く、逝って頂きました。
ありがとうございました!!m(_ _)m

8

道の駅で終了かと思ったら、
もう一本行くって!?
好きですねぇ〜、みなさん。

とここで、連日釣り三昧で寝不足気味のテツさんが
帰路につきました。おつかれさまでした。
また、よろしくお願いしますm(_ _)m

尾根道目指して、みなさんを先導しますが、
なんか路が広くなっていて、以前走ったときと
印象がだいぶ違います。

途中からシングルトラックに入り、

33

また、ななめ倒木に遭遇。
この倒木で思い出しました。
2年前の年末頃に一度通った道でした。

ルートはここで合ってるはず?
ってことで、後続を待っていると、
TTRさんがいきなり視界から消えました。。。

34

倒木を乗り越える時に勢いつき過ぎて
崖下半分転落!

35

半落ちだったので、みんなでひっぱり上げました。
幸い、バイクも人間も大丈夫だったのですが、

36

ヘルメットのシールドがそこから更に下に
転がってました。
二回目は無いらしい?ので、
大事に至らなくて、ほんとよかった。

そんな崖落ちを目の前で見せられれば、

37

弾丸娘のそば嬢さんも、

38

「やるやる大臣」子連れさんも、
バイクを降りて無難に丸太を乗り越えます。
気持ちが萎えちゃうと、走りにすぐ出ますからね〜。
この判断はいいかと思います。

途中まではよかったのですが、
だんだんとルートが分からなくなり、
迷い込んだ激坂セクションで、

40

山派XRさんのエンジンが掛からなくなったり、

39

そば嬢さんが立ち転けしたり、と、
ご迷惑をおかけしてしまいました。

結局、時間的に厳しくなり、

42

舗装路に戻り、ここで解散となりました。
こんなとこ誘いやがって!!と、言わんばかりに、
やけにみなさん、帰り支度が早かったなぁ(^^;

次回?は道に迷わず、みなさまを極楽ワールドへ
導かせて頂きますので、見捨てないでくださいね(^^;

それでは、また次回まで!!
みなさん、お疲れさまでした!!!

転倒三昧・林道アタックツーリング – ①


今日は、ひさしぶりに大人数でのツーリング。
いつも一人で走っているので、たまには複数台で走りたいですよね。

いつもより早めに起きて、ゆっくりと朝食を食べて身支度♪
って、ほんとにゆっくりし過ぎちゃって、集合時間に遅れそう。
首謀者?の子連れさんに遅れるメール送っちゃいました。。。
すいません。。。

休憩場所の富士見広場で合流しようとしましたが、
通常なら既に到着しているはずなのに、誰もいません。。。
バイクが走った痕跡があったので、待ちきれずに次の休憩場所へ
行ったに違いない。

で、次の休憩場所の親水公園に到着。

1

って、ここにも誰もいない。
さすがにオカシイと思い、携帯を取り出すと、
パンク修理で遅れるとのメールが。。。

しばらく待って、

4

ようやくみなさんと合流です。
よかった、よかった。

ちなみに今日は激しい系らしいので

2

ひさしぶりにトラタイヤにしてみました。

<個人的整備一口メモ>
ダートをたくさん走る人は、

3

ホイールカラーとハブベアリングのダストシールの間に付いた砂や砂利を
こまめに取ってあげると、ダストシールが長持ちしますよ。

さて、
ここからが、本当のツーリング。
さっそく、いつもの坂へ向かいます。

10

よしきさんはいつもひょうひょうと登っていきますね。

大怪我から復帰の川憎さん、

11

おっと、ちょっとバランスを崩しましたが、

12

しっかりリカバリー。これで本格復帰間違いなし!

13

WRにお乗りのお初のお方(oguさん)も、ちょっと危なかったですが、
登り切りました。

14

こちらもお初の、そば嬢さん。可愛いお嬢様ですが、
激しい系大好きとか。
スタックポイントにうまく嵌っちゃいましたが、

17

再アタックして登り切っちゃいました。
すごいですね!

みなさんがアタックしている最中、

16

ラブラブなお二人♪

他のみなさんも、無難にクリアされました。

15

18

19

22

そして、トリをつとめるのは、
もちろん子連れさん。

20

最後、ヒヤッとしましたが、

21

みんなで登頂成功です。

途中、

23

転けながら、尾根に向かいます。

尾根から先、

24

前方になにやら人だかり。

25

優雅にクリアする勇姿、ではなく、転ける姿を
みなさん、カメラ片手に待ち構えてます(^^;
いつもは逆の立場でしたが、結構これって緊張します。

走る順番が後になるほど、

26

撮影隊も増えて、緊張度もアップ!

そんな中でも、うまい方はきっちりクリア。

27

28

そば嬢さんは、

29

奇麗なフォームで、伸び代がかなりありそうな感じ。
いいわぁ、若いってのは。

みんなでクリアしたあとは、

5

時間もいいので昼食タイム。

6

こういうピースって、どうやったら出来るんでしょう(^^;

昼食後、ルートは更に厳しくなりますので、
たくさん食べておきましょうね。

後半に続く。。。

龍山探索・新設林道のその後


今日は、
2年前ぐらいに、その当時開設真っ最中だった林道の
その後の状況を確認しにいきました。
その前にちょっと寄り道♪ 龍山探索・新設林道のその後 の続きを読む