緑萌える山を越えて – 天竜・東嶺線探索


来月7月は、
久しぶりにWEXの爺ヶ岳に参加することにしました。
乗るバイクは、これまた久しぶりのSL230で。
毎月、どこかしら走っていますが、
レースも楽しいけど、お山も楽しい♪

ってことで、
雨が降ってくる前に、近場のダートを探索です。

今日は、

1

林道 東嶺線」の支線探索(^_^)/

今迄に何回か探索には来ていますが、
今回はしょっぱなから、ガンガン行きます。

まずは、東嶺線から分岐している、

3

林道 米沢線

2年振りくらいかなぁ、ここ走るの。
っていっても、ただ走りにきただけじゃないんですけどね(^^;

走りだす前に、

4

GoProにSDカードをぶち込みます。
*使用するカードはかならず「class10」で!

5

一応、なにがあってもいいように今回はフル装備。

それじゃ、行きますか!
分岐からのダートで軽くウォーミングアップ。

途中、

6

林道 米沢西線」が左に分岐していますが、
ここはどこにも抜けてません、はい、再確認しました(^^;

で、今日の初めのお題は、

7-3

”米沢線から分岐しているこの支線が
東嶺線に繋がっているらしい??”

早速進んでいきますが、

7-4

う〜ん、どうもガセネタだったかも。。。

7-5

目の前の山を登ったところに東嶺線があったのですが、
これは無理、無理。
それより、

7-7

登ってくるとき、ここを直進すれば、

7-6

抜けれたかも???*赤丸部分
次回は必ず抜けてみせようぞ!

8

どんよりとした曇り空だけど、なんとか午前中は持って欲しい。

分岐があれば、

9

手当たり次第に進入。

10

シダがすごくて、初め分からなかったけど、
以前探索したときに走ったルートでした。

12

なかなか良い感じのシングルトラックに進みますが、
ちょっと危ないかな?と思い、途中で引き返します。
自宅に帰ってよく調べてみると、

11

ここ、鉄塔まで続いてますね、絶対。
なかなか楽しいルートでしたので、ここは絶対再訪です!

13

前方に倒木が何本かあったので引き返した
このルートも、

13-2

あともうちょっとで抜けれた。。。
ニアミスが多いなぁ。

珍しく、オフロードバイク二台?に遭遇した、
龍山へ下る道の反対側の、

14

このダートへ。

ここへ進んだ理由は、
今日のお題、その2、

”東嶺線から、林道 山中東線に繋がっているらしい?”

ちゃんとした?ダートを下っていくと、

15

右へ登る分岐がありますが、このまま直進。
*この分岐は東嶺線に接続します!

片っ端から進入する意気込みなので、

16

目的を逸れて、脇道の更に脇道へ(^^;

18

山無し、ブロックちぎれリアタイヤは流石に厳しく、
グリップせずに立ち転け。。。左足挟んじゃいました、タスケテ(X_X)

17

足を引きずりだしたものの、やっぱり登れないので
押しました。。。蒸し暑かったね。

19

右へ左へ、急な坂をトラバースして登る、
なかなか楽しい道でしたが、頂上で行き止まりだったので、
本線に戻って、

20

シダが浸食しているシングルトラックを下り、

21

林道 山中東線」の終点に到着!!

シダで路面がよく見えない怖さはありますが、
ガレてなくて、強いて言えば、”フラットシングルトラック”
って感じの走り易い道でした。

雨がいまにも降ってきそうな空模様なので、
東嶺線の残りの探索はやめて、

22

山中東線の支線へ突入!!
気持ちよく登っていったら、アクセルが戻らない!!
これはとってもヤバーイ(^_^)/

23

プラグが緩んでグラグラ(おい!おい!)だったので、
これかと思い、締め直してもアクセルが戻らない!?

で、キャブ側のケーブルカバー?を開けてみたら、

24

見ぃーつけたぁー(^^)
この小さい木の芽?が挟まって、
アクセルが戻らなくなってみたい。
いやー、お山に行くと、なにが起こるか分からないですねー。

25

びっくりした冷や汗と、停まると吹き出て来る汗を
今回も持参した、素晴らしいタオルでフキフキ♪

その後、順調に進んでいくと、

28-2

おぉ!!ナイスな倒木。
ここまで来て、戻るのはいやなので、

27

向こう側を確認しにいったら、
反対側には新しめの伐採の後が!?
今来た側にはなかったので、
これは絶対抜けてるに違いない!!

そうと確信したら、

28-3

死にものぐるいで倒木を押しまくります。
押すなら、いまでしょ!?

汗だくになった成果。

28

バイク一台通れる隙間が出来ましたよ。
(相当疲れたのは内緒)

倒木後は、

29

30

林道 山中西線」に無事合流して、

31

一気に県道286号へ。

32

このルート、かなりお勧めですよ♪

さて、ちょっと早いですが、
本日最後の目的地、

33

林道 大沢阿寺線」へ。

そしてそのお題は、

”林道終点付近から隣りの林道へ接続できるらしい?”

で、結果は、

34

抜けれませ〜ん(T_T)

35

この沢を鮎バリに遡上すればいけるかも?

38

地図を確認したら、やっぱり、もうすぐそこだった。。。
しかし、あの沢はちょっと無理だなぁ。

36

そんな感じで、午後を廻ったぐらいで今日の探索は終了です。
半日程度でしたが、稀に見る?内容の濃い探索になりました。
でも流石にシダ等の木々の成長がすごいので、
脇道の探索はやめておいた方がいいかも知れませんね。

今日もお疲れさまでした!

<<林道探索ひとくちメモ>>
50

いけそうなところをやたら突っ込むのは無謀です。
行った先で何が待っているか分かりませんので、
基本、下りの脇道は慎重に選んで走ります。

これは、諸先輩方々からのアドバイス。

登っていって、何かあって引き返す場合、
下るだけなので楽ですが、
下って、何かあった場合、登れなくて、
戻れなくなる可能性が非常に高いので要注意!!

広告

“緑萌える山を越えて – 天竜・東嶺線探索” への 4 件のフィードバック

  1. 探索お疲れ様です。
    またまた宣伝ありがとうございます!
    ソロもよし、ゾロゾロもまたよし。いつでも復帰をお待ちしております。

  2. お疲れさん・・・と言うか。
    楽しみ過ぎだら、
    あたしゃ、今無理っぽいんで冬に期待します。

    トロシク~~~。

    1. >川憎さん

      コメントありがとうございます。
      楽しみ過ぎて(倒木押したせい?)、
      筋肉痛になってます(^^;
      術後の調子はいまいちですか?
      どうかお体ご自愛ください。
      お山は何時でも行けますからね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中