運命の分かれ道 – WEX爺ヶ岳戦④


7月20日に行われた、WEX爺ヶ岳戦の続きです。

スタートしてすぐの第二コーナーで嵌ってしまい、

25

なんとか手押しで脱出して、先に進むと、

1

うはぁ、ここもたくさん嵌ってるじゃん!!
よく見てみると、左と右のルートに別れていて、
左ルートは相当やばそう。
爺ヶ岳、運命の分かれ道、その一ですね。

2

なんか、楽しそう♪
と思ったのか、何故かカラダが自然に左コースへ(^^;
しかし、これ以上進むと、完璧嵌っちゃうので、

3

ここもサクッと押して?右ルートへ。
草が生えていたので、そんなにヌカルんでいなくて、

4

広いゲレンデゾーンに入ります。
ここが運命の分かれ道、その2。
道なりに真っすぐか、右を走りたいところですが、

5

飛んで火にいる夏の虫状態。。。
完璧トラップでした(X_X)

嵌らないルートは、

6

草が生えている左側。
ここに至るまで、もがきまくりで、クラッチも人間も
相当くたばっちゃいました。。。

草ゾーンが比較的グリップすることが分かったので、
ここから先は、

7

走行ラインをあえて外します。

8

ちょっと外しすぎ?

10

調子がちょっと上向きになってきたところで、

11

ラインが選びずらい、チュルチュルのウッズゾーンへ。
ここはほんとうにヤバかった。
ちょっと油断すると、

12

ツルピカ路面の餌食に。。。

ついつい、前のバイクに付いて走りがちな
ウッズですが、

13

左に伸びる薄いルートを選択すると、
ウッズ最後の渋滞箇所をパスすることが
出来たのでした。
運命の分かれ道、その3ですね。

前が詰まっていた2周目にたまたま見つけたのですが、
3周目も行こうと思っていたら、見失ってしまいました(^^;

ウッズを抜けたら、

15

広々ゲレンデを右へ左へ行って、

16

ジャンプゾーンへ。
ちょっと飛んでみましたが、
やっぱりSLだとフロントが底付きして怖かった。

ジャンプを越えたら、

17

爺ヶ岳名物のガレ場へ。

18

フロントの空気圧を下げ過ぎちゃうと、
パンクの恐れがあるので、あまり下げなかったのが正解でした。

ガレ場を無事にクリアして、
スタート地点まであともう少しのところで、

20

深い轍にフロントを取られて、

21

撃沈。。。それにしてもフロントがやたら滑る??

1周目から転けまくっちゃいましたが、

22

なんとか二周目へ。

23

さぁ!ガツンと行っちゃうぜ!!

と、すぐ調子に乗っちゃう悪いクセが出て、

24

嵌るルートへ自ら突進(^^;

25<

なんだかバイクが重くなったような、
なかなか起こせません。。。

反対側の

26

草ゾーンを目指しますが、タイヤが滑って、滑って、
向こう岸に辿り付いた時には、

27

もう、動けません(-_-;

去年、CR85R2で出た時みたいな
DNSな結果だけはなんとしても避けなきゃ。

とっても辛い、後半へ続く。。。

広告

「運命の分かれ道 – WEX爺ヶ岳戦④」への2件のフィードバック

    1. >川憎さん

      コメントありがとうございます。
      猫の顔にはだいたい「M」がありますが、
      でも、出来るなら、颯爽と走りたいのが本音です(^^;
      いつかそんな日が来るのを夢見てます。。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中