待ちきれず・・・


今日は、久しぶりに

1

KLEでお出かけ♪

2

隔離施設で一服して、

3

厚木ICで降りて向かった先は、

4

とってもBETAなお店、「ウブカタ・ジャパン」さん。
次のバイク(最後のバイク)で悩んでいましたが、
悩むぐらいなら買っちゃえ!ってことで、
実はもう、車両代のほとんどを支払済。

でも、実車はもちろん、乗ったこともないので、
今日はご挨拶がてら、ちょっと見させてもらうために
神奈川まで来ました。

順番が逆だろ?というつっこみ、ごもっともです(^^;

そんなことより、早速初めて見る、

5

BETA RR2T 250に興味津々っ☆
お店に置いてあったこのバイクは、私より先にご購入された方のもの。
*後ろにうっすら映っているのは、この店のオーナー、ウブカタさん。

6

いやぁ〜、カッコいいですねぇ〜。
せっかくだから、と、すこし跨がせてもらいましたが、
片足付きませんよぉ〜(X_X)
新車でサスの慣らしが終わっていないので、
走らせばかなり沈むとのこと。

びっくりしたのはその軽さ。
フロント廻りの保安部品とチャンバー、マフラーがまだ取り付けられて
いないにしても、CR85R2をちょっとだけ重くした感じ。

7

やっぱり2ストは軽さが命ですね。
機能的な美しさというか、見た目のバランスがいい感じです。
速いバイクは、やっぱり美しい?
これから乗る自分は、、、う〜ん、減量しなきゃなぁ〜。

8

フロントのアクスルシャフトのボルトや
ホルダーのボルト径を確認。
普通のメガネレンチだと、厚みがあって入らないかも?

9

リアは特に問題無し。
一般的なリアブレーキディスクと比べ、径が大きいらしい。
飛び石等にヒットして割りたくないので、たまたまお店に置いてあった、
ディスクガードの取付けをお願いしておきました☆

10

セロー等のヤマハ系バイクでおなじみのリザーバー一体式の
リアブレーキマスターシリンダー。
これいいなぁ、って思っていたので、付いててよかった!

11

セル付きですが、キックも併用可能。
排気デバイスの作動バネが2015年から変更になって、
更に低速トルクが厚くなったとか。
2ストって聞くと、パワーバンドを維持するため回転数を上げて、
半クラッチで繋ぐもんだと、思ってましたが、
このバイクは、半クラッチは発進のみで、中低速のトルクがあるので、
あとは普通に乗れちゃうらしい。

”らしい”っていっても、ネットでアップされているインプレのほとんどに
中低速トルクの凄さ?が書かれていたので、それがbetaに心を大きく
傾かせた理由なんですけどね。

12

シートの後ろに付いている、スタックしたときに
バイクを起こせるための取っ手?
これ込みで、バイク全体がデザインされているってのも、
イタリアならではかも。

13

保安部品付きなので、ナンバー付けて、林道行けます!
決めては、なんといってもこれですね。
トランポ使って走るのって、1年で10回も無いので、
やっぱりナンバー付きじゃないと、ね。
もちろん、いい大人なので、
ナンバー付けたら任意保険は入らないとね。

実車を観ながら、ウブカタさんには、他にもいろいろと
楽しいお話をして頂いたものの、光陰矢の如し、そろそろ帰る時間。

*ウブカタさん、お忙しい中ありがとうございました!!

14

足柄サービスエリアに着いたときはまだ晴れてましたが、
牧ノ原手前から降り出して、次第に土砂降りに。。。

結局、バイクも自分もびしょ濡れで帰宅しました。

Beta RR2T 250
今回実車を見て、更に惚れちゃいました(^_^;

15

しかし、真面目な話、乗りこなせるか、
自信はまったくありません。。。大丈夫、私?

雨でも好きな人ばかり – 林道ショートツーリング


今年の夏はどうもオカシイ。
お盆あたりから、梅雨に逆戻りしたような
天気がパッとしない日々ばかり。

とはいえ、1週間に一回、バイクに乗らないと
週初めの業務に支障がでてしまう。

ということで、今日は雨に降られることを覚悟で、
近場の林道へプチツーリング。

まずは、浜松市街から一番近い、

1

2

林道 万城寺線」へ。

たぶん、ここを走るのは、
林道探索を始めた頃以来なので、2年ぶりかも。

3

その時も廃道みたいでしたが、
今回も走ってみて、やっぱり廃道になりつつある感じ。
*蜘蛛の巣がすごくて、もう嫌っ!

すこし暖まったところで、

4

秘密の練習場所に到着。

何度か通ったライディングスクールで
ならったことを復習してみます。

5

天気が悪いので練習だけして帰ろうと思っていたのですが、

9

いまいちうまく出来なくて、ストレスが(^^;
なので、軽く近場の林道を走ってから帰ることにしました。

浜北のガレ林道を走っていたら、

10

珍しく対向車が、それもこんなガレ道で。

挨拶したあと、よく思い出してみたら、
いまの人、半ズボンだったような気が。。。

「観音山林道」へ入る頃には、雨粒が大きくなってきた。

11

と、またここで同業者とすれ違い。
わたしもそうだけど、みなさん、好きなんですねぇ〜。

13

観音山林道から一度県道へ出て、

14

前の沢線」へ

15

しばらく来ない間に、草木が茂り、
シングルトラックになってました(^^;

続いて、

16

神沢線」へ。
この流れは、このあたりでは一般的かな。

祭り準備で忙しい、

17

熊集落を抜けて、

18

熊字丸線」に進み、

19

分岐を左に曲がって、「大日線」へ。

20

この辺の林道もしばらく来ない間に、

21

程よい荒れ具合になっていました。
でも、

22

たまにトラップがあるのでご注意を。

舗装路を跨ぎ、路面は

23

超フラットに変わり、

24

鳶ノ巣線」との分岐に。

ここまで一気に走ったので、ちょっと休憩。。。ふぅ。

25

雨の林道走行なので、ノンシールチェーンの油分がすっかり
流れおちて、キィーキィーと鳴き出してしまいましたが、

26

突き出し量を5mmアップしたおかげで、
コーナーが曲がりやすくなって、気分は最高。

一服したあと、「鳶ノ巣線」に進みますが、
この林道は途中から東海自然歩道と併用されていて、
ハイカーの方がたまに歩いているので注意が必要です。

27

この日も、雨にも関わらず団体さんが歩いていました。
ほんと、みんな好きですよねぇ〜。
って、自分もですが。。。

ドラム缶脇から

31

向久保六田沢線」へ。

前からシングルトラックでしたが、

28

両路肩からの木々の浸食がさらに増してました。
おまけに、蜘蛛の巣だらけ。。。(X_X)
普通?の蜘蛛の巣と違い、糸も太いし、粘着力も
半端ないので、たいへん。。。
やっぱり夏場の薮漕ぎ系はやめておいた方がいいですね。

30

途中、一カ所だけ法面が崩落している箇所がありますが、
その他は特に危ない箇所もなく、

32

合流した県道から浜松市へ。

33

途中で休憩してから、帰路につきました。

やっぱり林道は生ものですね。
ちょっと来ないと、路面や木々、風景が変わってしまい、
以前の記憶を頼りに走るとたいへんな目に遭いそう。。。
みなさん、ご注意ください。

29

CRMリアホイール装着 – SL230整備


以前、個人売買で購入して、あまりにも程度が悪くて
バラして部品取りにしてしまったCRM250RR。

倒立フォーク用のフロントホイールは既に売却し、
リアホイールだけがずぅーと眠っていました。

天気がよくない夏休みの間に、SL230につけれないか、
試しに付けてみることにしました。

1

相変わらずの軒下整備ですが
どうかご容赦を。。。(^^;

まずは、その辺に転がっていた、
ブレーキディスクとスプロケットを仮止めして、

2

ホイール片側のダストシールを取付けます。
シールはSLかXR、どちらかの純正部品。径が一緒だったので
たぶん大丈夫でしょう。
写真はないですが、反対側はダストシールの上に鉄?の板が
圧入されていてシールの交換は出来ませんでした。
シールの程度がよかったので、今回はそのまま使用します。

3

大きいソケットをあてがって、プラハンでやさしく挿入♪
したあとは、SL230のカラーを入れて、

4

ホイールを装着、チェーンラインを観てみます。
う〜ん、歪んでいるような、歪んでないような、
いまいち分かりません。

5

今までつけていたXR250と同じアングルで写真をとって
見比べてみても、差が分からない。。。
というか、XR250のほうがちょっとズレてるかも??

ブレーキディスクの位置は問題なかったので、まぁ、大丈夫でしょう(^^;

スプロケットとブレーキディスクを本締め(ネジロック付けてね)して、
新しいタイヤをはめていきます。

7

いつも使う交換道具。

新しいタイヤは、

8

いまはもう手に入らない、18インチのDUNLOP MX51。
このタイヤは、牧野石油の若旦さんのレース復帰祝いにと、とっておいたもの。
ありがたく使わせて頂きます。

6

お気に入りのMotionProのLiteloc(リムロック)を装着。

9

リム左の青いやつが、MotionProのビートバディ。
第三の手となって、ビートが上がってこないように
タイヤを押し下げてくれる、とっても頼もしい奴です。
一度使うと、楽過ぎてやめられません。

10

ってことで、今回もチューブ噛み一切無しで、30分くらいで
タイヤ交換終了!!
いやはや、タイヤ交換の方法を変えてから、勝率100%です(^_^)/

ちなみにこのタイヤ、来月開催される、WEX GAIA戦で使います。
楽しみですね。

目指せ!恵那山!!- 日帰り林道ツーリング④


恵那山日帰り林道ツーリングの最終回。

結局、恵那山周辺の林道はすべてゲートで塞がれていたので、
浜松へ戻りつつ、

46

見つけた林道に入っていきますが、
この周辺はゲートだらけですね。

47

恵那市は諦めて、

48

愛知に入って、

49

ゲロゲロレースで有名な?池の平方面へ向かいます。

1

パラグライダーが空を気持ち良さそうに飛んでいるなか、

3

牧場南からダートに進入!

4

廃道とまではいかないけど、荒れ方はなかなか。

5

途中、右への分岐がありました。

6

この、曲がりくね感がそそられますが、

7

時間的に寄り道が厳しいので、本線っぽい、左の方に進みます。

8

大蛇がのたうっているような雨水溝を越えていくと、

9

路面が鋪装になります。

10

写真左が今降りてきたダート。
ここを写真で言うと右に曲がって、根羽村方面へ向かいます。
*結局このダートの名前は分かりませんでした。

愛知県道10号に合流、
茶臼山を越えて、更に南下していき、

11

12

林道 穴田線」へ。
今日は林道の管轄が目まぐるしく変わりますね(^^;

鋪装されていても、すこしはダートが残っていることを期待して
進んでいきましたが、

13

終点間近で無念の工事中。。。

14

山側に残された箇所も狭くて危険なので、引き返して、

15

つぐ高原グリーンパーク前の、

16

林道 丸山線」へ。
これが今日最後の林道です。

17

ダートへ至る舗装路は川の如く。。。
夕立の類いがあったのかな。

18

ようやく路面がダートに変わりましたが、既に時刻は午後6時近く。
山の主導権が人間からもののけに変わりつつあるような、
そんな雰囲気があたりからプンプン匂ってきます。

19

やはり最近大雨が降ったのか、路面荒れまくり。

しばらく進んで、ちょっとヤバいかも(雰囲気が)と思い、
何げに方向転回しようとしたら、

20

立ち転けちゃいました(^^;
木の枝で命を落とすこともあるので、やっぱり林道走行は
油断大敵ですね。

さぁ、あとは浜松に帰るだけ。
のんびり帰路についていたら、引佐あたりでガス欠のような症状が。
幸いに開いていたGSでガスを入れるも、症状は改善せず、
アクセルを開けても前に進まなくなり、ついには路上で行き倒れ。。。

以前、キャブとエアクリーナーの間のダクトが緩んでいて二次エアーを
吸ってしまったのと同じような症状。

コンビニ近くまで押していき、駐車場の脇で緊急整備。
二次エアーを吸っているのなら、最悪エアークリーナーを塞いじゃえ、
ってことで塞ぎますが、アイドリングは問題ないけど、アクセルを開けると
エンストしてしまう。
アイドリングを目一杯開けて、その惰性でなんとか自宅まで、と
試してみましたが、動くには動くけど、10km/hも出ればいいほど。

念のためプラグを変えてもダメだったので、
これはキャブのメインジェットに何かつまったに違いない。

不幸なことに、日帰りツーリングの予定だったので、
ヘッドランプは持ってきておらず、キャブクリーナーも
もちろん持参していません。
暗がりでジェット類をいじりたくなかったので、
自宅まで押して歩くことに。

しかし、真夏のそれも蒸し暑い夜。
数100m押して歩くだけで、汗が吹き出してくる。
それでもなんとか数km押して大通りに。
時刻は午後8時をゆうに廻っていて、このペースでいくと、
自宅到着は夜中になってしまう。
それよりも、朝早くから恵那まで林道を走り継いできた
自分の体力がもう限界に近づいている。。。

もうどうにでもなれ!

まさに真夏の夜の押し歩きエンデューロ。。。

いや、まてよ。
壊れたテレビって叩くと治ったりするよな。

一抹の希望を胸に、ブーツでキャブレターをガンガン
叩いてみた。

そして恐る恐るセルを廻し、アクセルをふかすと、、、

ブルルルゥ〜ン♪

やった!!エンストしない!!
喜びと同時に、汗と違うなにかが自分の頬を流れ落ちました。

結局その後もすぐ調子が悪くなり、その度にブーツで
キャブを叩きながら、自宅に戻ったのは夜9時過ぎでした。

21

その後、キャブレターを分解掃除したのはいうまでもありません。。。

結局今年の夏休みは天気がぱっとせず、
お山に行ったのはこの日だけでした。

最後のがなければ、結構楽しかったツーリングだったんですがねぇ。

22

こいつと行った方がよかったかな?