目指せ!恵那山!!- 日帰り林道ツーリング③


恵那山林道ツーリングもいよいよ佳境に入りますよ。

R418沿いの上矢作病院を越えたあたりで山の方へ
曲がっていくと、

1

2

いろいろごちゃごちゃしていて派手な分岐へ。
まずは右に行って、船岩神社方面から阿岳へ進みます。

が、なんと、

3-2

神社を過ぎたあたりで、いきなりのゲート。
こういうゲート付近には回避所らしき場所があるのが
普通だと思うんですが、それすら無く、憮然とゲートが
鎮座しています。

仕方がないので、さっきの分岐に戻って、

3
今度は左の白井沢方面に進みます。

と、ここで、
バイクにはガソリンを入れたけど、肝心の人間は
朝から何も食べてなかったので、道端で昼食タイム♪

6

食後の珈琲はいつものエスプレッソではなく、
珍しくドリップコーヒーです。
豆は贅沢に、コロンビアとマンダリンの深煎りブレンド。
野外で飲む珈琲はやっぱりひと味違いますね。

休憩がてら、
初めて林道を走ろうとしている方の参考になればと、
今日の林道装備などをご紹介。

4

ウエアは速乾性長袖にTLDのエルボーガードを装着して、
上に半袖の速乾シャツ。肩と胸のガードは普通の?林道走行では
まず付けていかないです。

下はKLIMのブーツアウトタイプのオフロードパンツ。
中にTLDのニーパッドを忍ばせています。

ブーツはこのあいだ購入したMSRのATVブーツ。

5

オスプレイのバックパックに3Lのハイドレーションを装備して、
非常用のロープと布テープをぶら下げます。
GoProやスマホ、モバイルバッテリーはウェストバックに。

8

工具類はいつもと一緒ですが、防水バックに入れてあります。
おなじみの『牧野石油』謹製手ぬぐいは、お守り代わりに
持参しました。(新カラーの手ぬぐい、ありがとうございました!!)

昼食を終えて身支度をしていたら、モタード?3台が上から降りてきました。
抜けれる?と聞いたら、胸の前で大きくX(バッテン)。。。。

ま、ここまで来たからには、行けるとこまで行ってみましょう。

休憩地点からほどなくして、

9

また分岐。
右方面へすこし走ってみましたが、舗装路が延々続いていたので、
引き返して、左方面へ行ってみます。

10

分岐からすぐに路面はダートに。
砂利敷きですが、フロントが逃げるようなことは
あまりなく、気持ちよく走っていくと、

11

12

また分岐。
どうやら、今走っているダートが「白井沢林道」みたいですね。
とりあえず、本線を進んでみます。

13

引き締まった、整備されたダートなので走り易い。
逆に、通行量がそれなりにあるようなので、スピードは
控えめに。。。

暫く走って、

14

またまた分岐。

15

本線は右のようですが、

16

「風呂ヶ谷」とは、また奇妙な地名ですね。

17

古い看板だと、このダートは「阿岳谷線」になってますね。
いったいどっち?
悩んでいたら、ジムニーに乗ったお兄さんが
後ろからやってきました。

”この先、抜けれんのか?”

初めてなのでよく分からないと答えると、
お兄さんは行ってしまいました。

風呂ヶ谷線との分岐から走り出してすぐ、

18

19

またまた分岐。
ほんと別れ道だらけですね、この林道は。
案内板が設置されていて、迷うことはないと思うのですが、
いかんせんその案内の表現が、いまいちはっきりしないというか、
なにか煮え切らない感じ。

ここも、「白井沢支線林道」とだけで済ませればいいものを、
なぜに「白井沢支線林道”方面”」って言うのだろうか。

そんなことを考えながら、本線を進んでいくと、

20

路面がだんだんと荒れてきた。

21

22

で、お決まりの分岐がまた出現(^^;
左のダートは「乙ヶ沢林道」。
ここに来るまで分岐していた林道はほとんど左に折れていたので、
どこかで繋がってるでしょうね。

今回は支線、枝道を探索する時間的余裕がないので、
直進していくと、

23

先ほどのジムニーがゲート前で立ち往生。。。

24

ここもかぁ。。。

がっくりしていたら、ジムニーのお兄さんが話かけてきました。
聞けば彼も中津川側に抜けてる道がないか、探しにきた様子。
私が途中で引き返した舗装路もその先にゲートがあって
入ることが出来なかったとのこと。

25

どこかに抜けてる道はないかと、急遽作戦会議を練る事に(^_^)
さっき、一本だけ右に別れる支線があったので、とりあえず二台でそこに
行ってみることに。

26

ほどほどのペースで先導する自分を、ジムニーが結構な速度で
追いかけてきます。
バイクと一緒に走った経験はありますが、まさか四輪と一緒に林道を、
それも恵那山で走るとは、思いもよらなかったですね。

暫しの間、奇妙なランデブー走行を楽しんだのですが、

27

無念の行き止まり。。。
ここでジムニーのお兄さんとは一旦分かれ、
残された最後の道、

28

29

大船神社方面へ向かう「暗井沢林道」から中津川を目指します。

30

道中、かわいらしい名前の支線が分岐していました。

31

牧場跡に建てられた風力発電をバックに。

35

入り口付近に設置されていた観光案内。
右上の赤丸部分に、「国有林林道のゲート」の文字が。。。
ここもだめ??

36

牧場を過ぎると、路面はようやくダートに変わります。
ゲートが開いていることを祈りながら、

37

見通しの悪いダートを進んでいくと、

38

さっきのジムニーが!
ゲートが閉まっていて抜けれずに戻ってきたとのこと。
ここまで来たからには、最後まで見届けたい。
ジムニーのお兄さんに挨拶して、先に進んでいくと、

39

ドドーン(^^;

40

右脇も、

41

左脇もしっかり閉められています。
ん?

42

一部、隙間が大きい箇所が。
たぶん、人間が通れるように隙間を広くしているんでしょうね。
この幅だったら、ハンドルを取れば。。。

43

ゲートの下も、250ccクラスのバイクだったら、ハンドル取って、
潜らせれば、向こう側に抜けれるかも。
まぁ、反対側の様子が分からないので、そこまでしませんが。。。

44

せっかく来たのに、すべてゲート封鎖だなんて。
さっきのジムニーのお兄さんによると、ここ2,3年の間でこの辺りの林道全てに
ゲートが設置されたようです。
牧野石油さんのところで見たツーリングマップルは確か、2012年だったっけ。。。

ゲート封鎖して一般車を締め出せば、崩落しようが、土砂崩れがあろうが、
補修しなくてもいいですからね。たぶん、その辺が理由なのかなぁ、と。

さて、この時点で時刻は午後3時過ぎ。
夕暮れにはまだまだ時間があるので、

47

浜松に戻りながら、道中の林道を探索してみましょう。

50

最後の最後でやらかしてしまった!?
悲惨な旅の結末は次回の最終回に。。。

広告

「目指せ!恵那山!!- 日帰り林道ツーリング③」への2件のフィードバック

  1. 長野の林道では枯れ枝が胸に刺さり・・・悲しい出来事があったようです。
    気を付けなければイカンですね。

    1. >川憎さん

      コメントありがとうございます。
      プロテクター付けてたらしいんですが。。。
      個人的に、ソロよりも複数台での走行時のほうが
      注意力や自重という部分が薄くなってしまうと思いますね。
      たぶん、そういうのもあって、気づくのが遅れたのかと。。。
      どちらにしろ、自分も気をつけて走ろうと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中