CRMリアホイール装着 – SL230整備


以前、個人売買で購入して、あまりにも程度が悪くて
バラして部品取りにしてしまったCRM250RR。

倒立フォーク用のフロントホイールは既に売却し、
リアホイールだけがずぅーと眠っていました。

天気がよくない夏休みの間に、SL230につけれないか、
試しに付けてみることにしました。

1

相変わらずの軒下整備ですが
どうかご容赦を。。。(^^;

まずは、その辺に転がっていた、
ブレーキディスクとスプロケットを仮止めして、

2

ホイール片側のダストシールを取付けます。
シールはSLかXR、どちらかの純正部品。径が一緒だったので
たぶん大丈夫でしょう。
写真はないですが、反対側はダストシールの上に鉄?の板が
圧入されていてシールの交換は出来ませんでした。
シールの程度がよかったので、今回はそのまま使用します。

3

大きいソケットをあてがって、プラハンでやさしく挿入♪
したあとは、SL230のカラーを入れて、

4

ホイールを装着、チェーンラインを観てみます。
う〜ん、歪んでいるような、歪んでないような、
いまいち分かりません。

5

今までつけていたXR250と同じアングルで写真をとって
見比べてみても、差が分からない。。。
というか、XR250のほうがちょっとズレてるかも??

ブレーキディスクの位置は問題なかったので、まぁ、大丈夫でしょう(^^;

スプロケットとブレーキディスクを本締め(ネジロック付けてね)して、
新しいタイヤをはめていきます。

7

いつも使う交換道具。

新しいタイヤは、

8

いまはもう手に入らない、18インチのDUNLOP MX51。
このタイヤは、牧野石油の若旦さんのレース復帰祝いにと、とっておいたもの。
ありがたく使わせて頂きます。

6

お気に入りのMotionProのLiteloc(リムロック)を装着。

9

リム左の青いやつが、MotionProのビートバディ。
第三の手となって、ビートが上がってこないように
タイヤを押し下げてくれる、とっても頼もしい奴です。
一度使うと、楽過ぎてやめられません。

10

ってことで、今回もチューブ噛み一切無しで、30分くらいで
タイヤ交換終了!!
いやはや、タイヤ交換の方法を変えてから、勝率100%です(^_^)/

ちなみにこのタイヤ、来月開催される、WEX GAIA戦で使います。
楽しみですね。