リタイアの原因 – SL230整備


先週のWEX GAIA戦でリタイアした原因は、
結局なんだったの?

気になる気持ちを抑えて、
ドロドロになったバイクを一通り洗ったあと、

早速キャブレターを確認してみます。

2

種明かししちゃうと、
この写真は原因が分かってから再現したもの。

レースのとき、パドックでキャブレターを外したときの
写真を確認すると、

1-

あぁ、やっぱり。
このときはレース中ってこともあって、
冷静に判断が出来なかったんですが、
画像を拡大してみると、

1

本来なら、アイドル回転を調整するネジまでアクセルのストッパーが
戻っていなければいけないんですが、戻ってないですよね。

そう、これが回転が落ちない原因だったんです。

3

キャブレターを確認する前に泥を落としていたら、
あれ?こんなとこにも泥が!?
よく見てみたら、泥ではなく、泥に混じった小石が
キャブレター本体に挟まってで、アクセルが戻らなくなったのが、
原因でした。。。なんてこった、こんなことで。。。

とはいえ、インシュレーターも寿命だったんでしょうね。
キャブを外すとき、バキッっていってたから(^^;

原因が分かってすっきりしたあとは、

5

インシュレーターを取り外して、

4

新しいのと交換。
ホンダの部品番号の真ん中の三桁は、車種コードになっていて、
インシュレーターの「KPK」は、

ta200

ホンダTA200(shadow)のこと。
2010年までタイで生産されていたので、当分部品供給は大丈夫でしょう。

6

新旧のインシュレーター。

サクッと交換してキャブレターも装着。
ガソリン入れてセルを廻したら、
以前と比べてやけに元気なSL君。
もしかして、結構前から二次エア吸ってたの??

7

リターンスプリング部に泥が入らないように
カバーが付いてるんですけどねぇ〜。

レースにはトラブルはつきものですが、
一度でいいから、ノントラブルで走ってみたいなぁー。

みなさま、ご心配おかけして、申し訳ありませんでした。。。m(_ _)m

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中