装備再考 – Beta 2T RR 250


Beta RR2T 250。
初の林道走行の際に、いろいろ問題が出てきたので、
次回に向けて、装備を考え直しました。

まずは、もしものための、スタックベルト。

1

林道探索にはある程度の危険はつきもの。
”君子危うきに近寄らず”なんていってられません。

タイダウンのサブベルトから、
手芸屋さんでベルトを購入して切り貼りしました。
色はやっぱり、betaカラーの赤で。

次は一番の問題、ガソリンの携帯。
2スト故に燃費が悪く、
ガソリン満タン 9.5Lでの走行可能距離は約120km。
リザーブが1.5Lですが、リザーブになってから約20kmしか走れないので、
これでは山の中から麓のGSまでたどり着くことが出来ません。

せめて、50kmぐらい走れれば、なんとかなるだろうと、

5

1Lの携行缶を2缶購入。
食糧や飲料水、バーナー、雨具や着替えなどで既にそこそこ重くなっている
バックパックにこれを入れると、さらに重くなり、
せっかくの林道走行の楽しみがスポイルされる恐れがあります。

ということで、

2

サイドバックも新規で購入。
似たようなものは各社から出ていましたが、
同じbetaに乗ってらっしゃる、東北の方のHPに
載っていて、確実に装着出来ることが分かった、
「Wolfman E-12 サドルバッグ」に決めました。
左右合計で22Lの容量があるので、キャンプツーリングも可能かも?

3

ボディに穴をいっさい開けず、
しっかり装着できたのにはびっくりでした。

4

形状が工夫されていて、
サイレンサーカバーにバック本体がぴったり合うようになっています。

このサイドバックに先ほどのガソリン携行缶を入れ、

6

2stオイルも一緒に入れます。
Motorex Cross Power 2Tを60〜70:1で混合するので、
満タン時には50ccミニ缶を3缶分。
携行缶には予めオイルを入れておきます。

写真下のbeta純正の工具に、

9

予備のプラグを入れて、バイク本体に装着します。

7

サイドパネルを外して、

8

この隙間に先ほどの工具入れを入れて、
付属のゴムバンドで固定します。
これは取り扱い説明書に出てました(^^;

やりやすいように、
シートを外してみたら、

10

シートの裏でバッテリーケーブルが傷ついてました(^^;
気づいてよかった。

11

タイラップですこし位置を下にずらして、様子を見てみます。

シートを戻しながら、
さっき装着したサイドバックのシートの上に空間があったので、

12

試しに、以前から使用している工具パックを付けてみたら
ぴったり合いました。
この状態でシートに跨がり、体を前後に移動させてみます。
足やお尻が当たることがなく、
どうやら乗車中の荷重移動には影響はほとんど無さそうです。

さっき装着した純正の工具入れを外し、この工具バックに詰め替えして
beta林道装備の改良はとりあえず終了です。

でもよく考えみると、この装備だと激しい系で転倒は御法度ですね(^^;
ま、そういうところはSLで行く事にしましょう。

広告

「装備再考 – Beta 2T RR 250」への6件のフィードバック

    1. >子連れbajaさん

      betaでの探索は今の所未定ですが、
      慣れてくれば。。。
      とりあえず、まずは一転けしてからですね(^^;

  1. なかなか大変なポンポンですねえ
    あたしゃあ、ガス欠がやなのと、舗装を走るのが、朝晩あまりにも
    長いんでトランポりました。
    混合比は濃いんですねえ、あたしゃあ80:1で使ってましたが
    使い勝手も違うんでそんなトコですかね?

    暇になったらまた一緒に行かせてくださいねえ。

    1. >川憎さん

      80:1ですか?それはまた薄いですねー。
      私は焼き付くのが怖いので、どうしても濃い目に
      なっちゃいます。
      暇になってもならなくても、
      またよろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中