Honda Freed + Beta, SL230


長いこと悩み続けてきたバイク用トランポ。

11

2014年の終了間近、
ようやくその悩みから開放されました。
しかし、ここに辿りつくまでがとっても長かった。。。

トランポと言っても、私の場合、
バイクを運ぶだけではなく、
業務へ向かう手段でもあるわけで、
それ以外にも厳しい条件が多々ありました。

①ホンダ車縛り
②自宅駐車場に入る最大サイズはフィットぐらいまで。
③燃費がいいこと。
④軽商用バン、軽トラックの選択は無し
⑤リアシートの取り外しはOKだが、
 助手席は取り外したくない。

と、そんな車存在しないんじゃないかと思うぐらい、
ハードルが高いトランポ選びだったのですが、
そんななかでも一番積める可能性があったNbox+に、
betaを積めるかどうか、
先日ディーラーに行って確認してきましたが、
やっぱり荷室長さがネックで
積めそうもありませんでした。

7

で、紆余曲折して辿りついたのが、ホンダのフリード。
それもハイブリッドでも、スパイクでもない、
普通のフリード。(その理由はのちほど)
せっかくだからと、新車にしましたが、

1

納車翌日には、こんな感じに。
サードシートは左右取り外し、
セカンドシートは助手席後ろのみ取り外して、
軽トラ用ゴムマットを適当に敷き詰めました。
(長さと幅が丁度よかった!)

アンカーボルトはまだ設置していませんが、
とりあえず、バイクを積めることを確認してみます。

まずは、SL230。

2

おぉ!ばっちりです。
純正ハンドルを高い位置にセットしてありますが、
一切調整することなく、詰み込めました。

3

助手席は一番前に移動して、
壁とシート裏にフロントタイヤを
滑り込ませます。

4

バイクを思い切り斜めにしなくても、
リア回りには余裕あり。すごいな、フリード。

さて、ここまでは予想通り。
問題はフルサイズオフロードバイクの
betaが積めるかどうか。
で、その結果は、

5

積める、積めるぞー!
荷室入り口高さはやはり厳しく、
フロントをタイダウンさせましたが、
それ以外は何もいじることなく、
積めちゃいましたよ、beta。

8

フロントタイヤはSLと同じく、
助手席の脇と壁の間へ。
今後、保護シートみたいなの必要ですね。

9

リア廻りもSLと同じで、
目一杯逆側に移動しなくても大丈夫。

6

天井も若干余裕有りですが、

7

ハンドガードがちょっとでっぱり気味。
取り外さずに積み込むなら、
保護シートを天井に貼った方がいいかも。

それよりも、

10

手持ちのラダーレールは短い爪のタイプだったので、
長いタイプに新調しないと積み込みにちょっと不安。。。

ってことで、理想のトランポにはまだ遠いですが、
betaを積めれることが分かったので、

11

自作ステッカー、貼っちゃいました♪

広告

「Honda Freed + Beta, SL230」への6件のフィードバック

  1. 納車おめでとうございます!
    年内に間に合って良かったですね。
    ネコ車要らずもいいですね。
    来年は心おきなく逝っちゃってください!

    1. >TTRさん

      ありがとうございます(^^;
      いろいろ悩みましたが、
      とりあえず決まってほっとしています。
      でも家計が火の車。。。娘の結納が。。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中