Vee Rubber VRM-122 ファーストインプレッション①


微笑みの国、タイから、

VRM122_test_1

新しいトレールタイヤが届きました!!

以前、同じ Vee Rubber製のVRM211という、
公道走行可能なエンデューロタイヤを履いていましたが、
今回は、林道キャンプツーリング等での使用を前提にした、
純粋なトレールタイヤ。

競合他社だと、
MICHELIN T63
BRIDGESTONE TW301/302
DUNLOP D603/605

あたりのタイヤとバッティングする感じ。

1

T63とTW302はSL230で履いていたので、
今回のインプルはそれらとの比較がメインになります。

それでは、
パターン確認からタイヤ交換までの
超個人的なインプレッション、パート1です(^^;

<<ブロックパターン>>
まずはフロント。

8

9

Vee Rubber VRM-122(90/90-21)。

ぱっと見た感じは、
ミシュランのT63にそっくりですね。

t63_f

在りし日のSL230に履いていたミシュラン T63。
T63もそうだったように、

10

VRM122も横一列のブロックパターン。
ちょっと嫌な予想が。。。

一方のリアタイヤ。

2

3

4

Vee Rubber VRM-122(120/80-18)。

リアもミシュランのT63にそっくりです。
この手のタイヤでは、T63は世界的にメジャーな
存在なのかも知れません。

6

7

ブロックパターンは、フロントと同じ、
横一列配置。縦のトラクションがすごそうですね。
横への具合はどうかな?

ちょっとブロックをつまんでみたんですが、

11<

案の定、びくともしませんでした(^^;

<<タイヤ交換>>
届いたフロントタイヤは、かなり歪んでて

15

心配だったんですが、特に問題なく、ビートも上がって、
嵌め替えれました。

一方のリアなんですが、サイドの剛性が高いのか、
そこそこ苦労しました。

14

嵌める際に、耳の一部が裂けるのは、

13

T63でも少なからずありましたので、
問題ないかな?

<<スイングアームとの隙間>>
XR230もSL230も同じスィングアームなので、
タイヤとアームのクリアランスが心配ですが、
VRM122は心配するほど太くはないようです(^^;
*チェーン長さ:純正

20

21

自分のXRはフロントスプロケットを1丁小さく
してありますが、純正サイズでも問題なさそうです。

さぁーて、タイヤを嵌め終えたら、

17

いつものお山へ早速試乗にGo!!
とその前に、

<<外観>>
バイクに装着したときのVRM122は、

19

18

おや?なかなかいい感じじゃないですか?

ちなみにリアタイヤを
T63と比較してみると、

122_t63

左:XR230+VRM122
右:SL230+T63

ブロックパターンがほんとうにそっくり(^^;
これって、商標等問題ないんでしょうか?
サイズもパターンも同じですが、よく見てみると、
VRM122の方が外径と幅が一回り小さいかも。

と、乗る前のインプレはこれぐらいにして、
肝心の走りについては次回に!!

23

このタイヤ、いいかも♪

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中