バッテリー上がり?


20160319_title

じゃなかった。。。

先日、バッテリーをしっかり充電したにも
かかわらず、セルが廻らなかったBeta君。

いや、廻らないわけではなく、
一回だけ、キュルンと廻るだけ。

1

数千円の激安バッテリーなので、
もう寿命なのかも?

来週は、WEX勝沼に参加する予定なので、
なんとかしなきゃ。

とはいえ、
同じ激安バッテリーを再購入するのも、
高い鉛製バッテリーを新規購入するのも、
どちらも、ちょっと安直すぎるなぁ、
と思い、

2

リチウムイオン電池、いっちゃいました(^_^)/

3

betaにつけていたバッテリーと
比較して、その軽さ、小ささにびっくりです。

4

ちなみに、XR230に装着しているバッテリー(左側)は、
SL230を購入したときから使用していて、5年目に
入った現在も、元気に動いてくれています。

それにしても、
激安っていっても、そんなにすぐ、
バッテリーって壊れるのかなぁ。

5

試しに、XRにBetaにつけていたバッテリーを
装着して、セルを廻すと、
あれれ?普通にセルが廻るじゃん!?

6

リチウムイオン電池も、
まったく問題なく、セルが廻りました。
もしや、、、いや、そんなことは。。。

一抹の不安を払拭するように、
バッテリーとバイクの相性の問題かな(^_^;
と、

7

Betaに5年もののバッテリーを装着。

8

赤いホンダウィングと、赤いBeta。
これは相性バッチリでしょう!?
と、自分に言い聞かせてセルを廻しました。

が、相性なんて存在するわけもなく、
”グガシャーン、ガラガラ。。。”
という音の後、
セルが二度と廻ることはありませんでした。。。

9

エンジン下部にあるセルモーター。。。
壊れちゃったのかしら。

14-5

とりあえず、カバーを開けて眺めてみた。

10

カバーの裏になにやらアヤシい跡が。

11

どうやら、この部品が壊れたみたい。
手で動かしたら、グラグラしていて、
壊れたっぽいけど、

beta part

この”Bendix Coupling”という部品は、
もともと、カバーを開けたら、
グラグラする部品みたい。

beta part1

手前のフライホイールを
外せば、すぐに取り出せる部品のようですが、
部品を注文していないので、さりげなく、
グリスアップしてカバーを締めておきました。
*あとで調べてみたら、
なんと新品26,000円ですって!!

来週のレースはセル無しで
行く事にして、

12

とりあえず、
リアタイヤを新品に。

13

洗車してから1週間経っているのに、
リムの内側がびっしょりで、
がっかりしました。。。

14

ホイールベアリングの
グリースは

15

新品に詰め直して
おきましたが、どうも、片側のベアリングの
動きがおかしいみたい。
あっちこっち、壊れるバイクだなぁ、betaは。

ちょっとがっかりしちゃったので、

16

明日はXRでお出かけしましょう。
え、リチウムイオンはどうした?って、
もちろん、XRに積みましたよ(^_^)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中