トルク魂 – XR200R(KAI)


最高の

20160626_title

プレイバイク見参!

ようやく、待ちに待った、
この日に漕ぎ着けました。

1-2

まずは横から。

XR200Rのオリジナル部分は、
フレーム、タンク、シート、サイドカバー。

1

フロントから見ると、本当に車種不明ですね。
ま、そこが狙い目だったんでこれはこれで良いかも。

2

フロントスプロケットは13T。
リアは48Tで、チェーン駒数は110。
スウィングアームはME06でリンクはたぶん、
ME05のオリジナルを使っています。

3

フロントのウィンカーステーはSL230、
ブレーキガイドはCRM250Rrrのものを移植。

4

ブレーキ&クラッチレバーは
個人的に感触が好きなので、
ピボットレバーへ換装。

5

前オーナーさんが詰めたブレーキレバー。
うまく走れるかな?

と、前置きはこのぐらいにして、
早速ダートへGo!!

s1-1

走り出してすぐ感じたのが、
鬼のようなトルク。
どのギアからもトルクが湧き出てきて、
まるで、排気量が倍近くあるような感じ。

前オーナーさんの、”3速からでもウィリーできるよ”
という言葉を少しでも疑ってしまった自分が馬鹿でした。。。

フラットダートの後は、
いつものガレ場へ向かいます。

s2-1

s2-2

s2-3

前日までの雨で
路面コンディションが最悪だったんですが、
トラタイヤの恩恵もあって、

6

無難に登頂。
途中、フロントがすくわれそうになって
失速したんですが、このバイク、エンストしませんねー。
それにXR230よりギア1つ上で難なく走破できちゃうので、
ほんと、ラクチン(死語?)です。

もちろん、

s3-1

7

ジムニーロードも往復。
こちらも路面に小川が流れるぐらい、
コンディションが悪かったですが、
フロントサスペンションのガレ場の
いなし方?が最高ですね。
PDバルブを入れているらしいのですが、
その効果かな?

ただ、フロントブレーキマスターが
たぶん死にかけで、コキコキ鳴り始めました。
それと、センター付近に変な動きがあるので、
ステムベアリングか、フォークオイルが
劣化しているのかも知れません。

8

リアサスペンションは、
危惧していたME06アーム類との
バランスは絶妙で、いい動きをしてました。
ダンパーを伸び、縮みともに硬くしましたが、
スプリングがちょっと柔らかいかも知れません。
機会があれば、
ME06,08用のスプリングに入れ替えてみましょう。

9

CRF150用のフロントフェンダーは
ダートを走るには、スカート部分が短いので、
新しいやつを物色しなくては。

その後も、

s4-1

s4-2

いろんなシチュエーションで
走ってみましたが、

s4-3

キャブのセッティングがばっちし
出てるのもあって、

s4-4

すこぶる快調に飛ばして、

10

いつものタワー前へ。

11

ミステリーサークル発見!!

さて、ここまで走ってみて、
正直びっくりです。
30年選手といえど、
元々はナンバー無しのレース用マシン。
フレームのしっかり感はSL, XR230とは雲泥の差。

それをベースに、過激な仕様に走ることなく、
バイク全体のバランスを考えて、
進化(チューニング)させているので、
とても乗り易く、且つ、速い。
これを作った方はほんと、すごいです。

さて、ここで内緒ですが、

12

このバッフルを、

13

外して乗ってみたところ、

14

まぁ、なんてことでしょう。
低、中速トルクが更に増し、
こりゃたまらん仕様に。
まぁ、音もそれなりに大きくなるので、
ちょっとアレですが。

15

前回、Betaで途中リタイアした
県境沿いの林道まで足を伸ばしましたが、
意外と燃費もよさそうな感じ。

気になっていたリアフェンダーの凹み、

16

意外な使い道発見!
これからはここにMAX珈琲を括り付けて
走りましょう。

17

下道をトコトコ走って、無事デポ地へ帰還。

18

やっぱりオフロードバイクは
ドロドロじゃなくっちゃ!

19

お昼過ぎには自宅で洗車して、

20

フロントマスターをOH済みの予備に交換して、
本日のXR200R-KAI初走行&整備の終了です!

さて、
林道探索兼レース用として入手した、XR200Rですが、
想像以上に良いバイクでした。
外装以外のパーツは、ほぼXR230と同じなので、
維持費もそんなにかからず、且つ、XR230より、
戦闘力は数段上。

フロントのセンター付近のブレを修正して、
硬めのオイルと油面をアップすれば、
更に戦闘力がアップしそうな予感。

これは良い買い物をしました。
前オーナーさん、ありがとうございました!!

広告

“トルク魂 – XR200R(KAI)” への 4 件のフィードバック

  1. こんにちは、前オーナーです。
    お気に召された様で幸いです。

    エンジン載せ替え前はノーマルの
    クロスミッションの小気味良さや
    ピックアップの軽快さが失われる事を
    懸念してたんですが全く問題なく結果的
    には乗りやすく楽しいバイクになったと思います。

    フラットトルクや耐エンスト性はPWKキャブによる
    効果も大きいかと。フラホも軽量化してませんし。

    PDバルブはかなり柔いセッティングにしてますが
    簡単に調整出来るので色々遊んでみて下さい。
    フォークオイル交換後そんなに走っていないので
    ヘタっていないと思いますがPD組み込み時に
    柔らかブレンドで入れてます。

    リア周りは18インチ化でノーマル比やや尻上がり
    になってますので数ミリ程度リアサスのショート化
    しても良いかもですね。
    現状でもハンドリングに違和感は無いと思いますが…

    確かに前マスターは一度もOHしてませんでした(-_-;)

    今後の更なる進化にも期待してますので可愛がって
    やって下さいね♪

    1. >前オーナーさん

      先日はいろいろとありがとうございました!
      想像以上に良いバイクで、無理して?譲って頂き、
      本当に感謝しております。

      引き取った時と見た目が大分変わってしまいましたが、
      将来的にオリジナルに戻すことを考えて、
      ほとんど欠品になっている外装パーツを壊したくない、
      というのが本音なんです(^_^;

      ブレーキマスターの件は、
      バイクもくるまも、オーナーが変わると、
      今まで問題なかったところが壊れたりするので、
      全然問題無しですよ!

      PDバルブは今週末、ステムベアリングの確認を
      する予定なので、その時にいじってみます。
      (オリフィス拡大されてますか?)
      次構想の外装含め、私なりに可愛がっていく
      予定ですので、暖かく見守っていてください。

      一通りのモデファイが終わったら、
      顔見せに伺いますので、楽しいところ、
      連れて行ってくださいね!。

      1. 補足

        PDバルブ組み込み時にオリフィス穴拡大と
        バルブの厚み分だけプリロード増えるのでスプリングカットしてます。
        オイルは#5と10のブレンドで7.5仕様だったかと…
        油面は標準です。

        ステムベアリングは一度も替えていません。

        XRクロスミッション化も検証したんですが
        はケース内幅の違いでポン付け不可能だったかと
        記憶してます。

        また、こちら方面にお越しの際は汚山に御一緒
        しましょう♪

        1. >前オーナーさん

          情報ありがとうございます!
          オイルは#10ぐらいで、油面アップしてみて、
          その具合でPDバルブの調整をしてみます。
          ステムベアリングはまだ部品があったので、
          状態次第で交換予定です。
          バイクもそうですが、腕ももうちょっと磨いてから、
          そちらに遠征に伺いますので、よろしくです!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中