ステムベアリング交換他 – XR200R&230


20160702_title

こ、これは!?

照りつける太陽の下、

1

暑さにめげず、恒例の整備デー。

この日に備えて、

2

たんまり買いそろえた部品群。
でも、あまりの暑さに予定していた
作業の半分ぐらいしか出来ませんでした。。。

まず取りかかったのが、

3

XR200Rのステムベアリングの状態確認。
アンダーブラケットのステム付近に
錆色のグリスが溶け出していますね。

4

フロント廻りをごっそり取り外して、

5

う〜ん、このあいだグリスアップした、
XR230の汚れ具合といい勝負かも。

6

グリスっ気はありますが、
なんかやばそう。

ベアリングを外して、
グリスを拭き取ってみると、

9

あぁ、これは。。。
トップでこの状態だと、ロアー側は、

7

あぁ、無情。。。

8

レースにも錆が付着。

10

グリスを拭き取ってこの状態。
初走行時のハンドルの違和感は
たぶんこれが原因でしょうね。

グリスアップして済めば幸いと思っていましたが、
潔く、

11

レースを取り外して、ステムベアリングを
新品に総取っ替えしましょう。

新品のレースを
取り外した古いレースとプラハンを使って、

12

13

挿入完了。

ここまではサクサク行きましたが、
問題は、

15

この圧入されたベアリング。
強引な方法?を使って、

16

古いベアリングを取り外して、
新しいダストシールとベアリングを打ち込みます。

17

今回は強引に挿入しましたが、
次回以降は方法を考えないと。

17-2

オメガグリースを

18

たんまり詰め込み、

19

仮組みします。
圧入プレスがあれば、もっと早く終わるのですが、
なんせ手作業なので、2時間近くかかってしまいました。。。

20

フロントフォークを装着して、本締めを行い、
その後すこしずつ、左右の動きが滑らかになるまで、
戻して、取付完了!

フォークオイルも交換しようと思っていたんですが、
午後になって、日差しが更に強くなり、
熱中症気味になってきたので、

29-3

とりあえず、ちょっとだけオイルを足して、
油面を上げておくだけにしときました。

試しに買った、

21

CRF250R用のフロントフェンダーを装着。
いい感じだったのですが、

22

スカート部分がフレームに干渉するので、
カットしなくては。。。
でも新品なので、カットする意気地がなく、

29-2

元に戻しちゃいました。
素直にXR230用を買っておけばよかった。。。

最後に、

29

リアブレーキのフルードを
交換して、XR200Rの整備は終了。

最近出番の少ない、XR230君は、
業務使用とのんびりキャンプツーリング用として、
これからも一緒に走ってもらわないといけないので、

30

純正ヘッドライト+バイザーと、
壊れたリアストップランプを
新品に交換してあげます。

31

う〜ん、顔的には、
前のPOLISPORTのカウルの方が
格好よかったかも。

なんか目眩がしてきたので、
明日のハードアタックに備えて、
今日の整備はこれにて終了。

明日も暑そうなので、
熱中症には気をつけなきゃ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中