ドロドロレース – WEX GAIA②


結局いつもの、

20160918_title2-2

マシントラブル?? *写真提供:JNCC

遅ればせながら、
先月行われた、WEX GAIA戦
レースの模様をアップです。

今回は降雨確率がかなり高いので、

1

フリードの後ろに雨除けのタープを前日に設置。
*写真は翌日のレース時のもの。

このタープ、フリードのリアゲートを開けても
干渉しない絶妙な高さなので、

2

こんな感じでタープの中にバイクを一台入れて、
一人用の机と椅子が設置できるんですね。

設営が終わったら、

3

恒例の「勝つ丼」を頂いて、
リバーストーンRTのパドックを訪問。

4

あれれ?会長さん、どうしたの?
どうやら、夕方早い時間から飲み始めたらしく、
私が合流する頃には既に出来上がっていたようです。

ちょっとだけ起きてもらい、
暫しいつもの楽しい宴に参加させて頂きました。

宴の最中も雨が降り続き、

5

翌朝もコンディションは最高?
まぁ、中途半端に降られるより、
土砂降りの方が諦めがつきますよね。

そんな気持ちを汲んでくれたのか、
雨脚は、私が参加する90分クラスのスタート時間に
近くなると、更に激しさを増してきました。

雨で気分が乗っていないのに、

0-1

ゼッケンが若い番号だったので、
不本意の最前列でのスタート。
どっちかというと、自分は
スロースターターなので、

0-2

スタート直後にバンバン抜かれても、
気にしません。

0-3

モトクロスコースは前日からの雨で
もうぐちゃぐちゃ。

0-4

0-5

ところどころ設けられていた、
アトラクションポイントも酷い有様。。。

さて、今回もXR200R君のリアタイヤは
公道走行可能なトライアルタイヤ、IRCのツーリスト。
モトクロスタイヤにしようか迷ったのですが、
めんどくさいので、ツーリング仕様そのまんまでの参加。

ここまでは、泥濘に嵌りながらも、なんとか走れて
いたのですが、

0-7

ここから始まる、
コース後半のウッズエリアはどうだろう。

0-8

うはぁ、これはやばいです。
ドロドロがトラタイヤに詰まって、
全然グリップしません!
一周目でこんな感じなので、
周回を重ねると、非常にヤバいですね。

ウッズを抜けて、

0-9

川を越えると、

0-10

プチヒルクライム登場。
なんてことないヒルクライムなんですが、
ここもさっきのウッズ同様、周回を重ねるたびに、
酷い状況になっていきました。

再びモトクロスコースを走って、

0-11

もういっこのヒルクライムを登って、

0-12

1周目の暖機運転終了。
さぁ、ここから行きますよぉ〜。

と、意気込んだものの、

1-1

100台以上のバイクが走ったあとの、
ウッズの中は最悪コンディション。。。

1-3

信金会長さんの声援で、
雨脚は更に激しく。。。

1-4

プチヒルクライム前ではなぜかアタックしない
人達がたくさん。

1-5

うひゃ〜、なにこれ?ドッロドロじゃん!
コンクリートの固まる前の、
あのピシャピシャしたようなドロクライムを
なんとかクリアして、

1-6

3周目へ。
よっしゃー、ガンガン行くぞー。

気持ちは乗ってきたものの、

1-7

このウッズは頂けません。。。
トラタイヤにドロが詰まって、
前に進まんとです。

1-9

ピシャドロクライムもドロが詰まった
トライタイヤで助走がとれず、マーシャルさんに
ヘルプして登る始末。。。

もがいていたせいか、
この当たりから、アクセルを捻っても、
エンジンが吹け上がらなくなりました。

1-10

コース上で確認したら、
スロットルチューブのグリップが滑ってしまい、
空回りしている様子。

今まで気づかなかったけど、アクセル側のグリップに
ワイヤリングしていませんでした。。。

思いっきりグリップを握りながら手首を
廻して周回したのですが、雨とドロで滑ってしまい、
うまくアクセルを開けることが出来ず、また、
すこしでも握る力を緩めるとスロットルチューブが
元に戻ってしまい、全然前に進みません。。。

1-11

こんな簡単なヒルクライムでも登れず、

1-12

無念、レース終了。。。

1-13

レースは残念だったけど、
この日初めて、無料洗車場が
あることを知っただけでもよかったかな?

パドックに戻ってみると、

6

道路も、

7

パドック内にも川が出来ていましたが、
レースが終わったら雨が小雨になり、

10

お昼休みの試乗会の頃には雨が上がっていました。
*写真はハスクバーナを試乗する、繊維王と信金会長ご一行様。

11

120分クラスに出場するみなさまをパチリッ☆

13

雨が完全に止んだ、120分クラスのスターティンググリッド。
さっきまで、ドロドロだったのに、路面には水たまりがないですね。
それだけ水はけが良いってことかしら。

14

15

16

17

18

みなさんをすこしだけ応援させてもらって、
お先に浜松への帰路につきました。
お疲れさまでした!また、よろしくお願いします!!

ってことで、翌日、不具合の確認を行いました。

19

ワイヤリングされていなかったアクセルグリップ。

20

グリップを取り外して、スロットルチューブを廻すと、
あれれ?硬いぞ、こいつ。グリップが滑った主因は、
アクセルワイヤー?

21

PWKキャブに繋がっている、
この部品を外してみます。

22

外した部品を更に分解して、アクセルワイヤー
単品で確認してみたら、動きがめちゃくちゃ硬い。
どうやら、積年のドロや水が入り込んでしまったため、
ワイヤーの動きが渋く硬くなってしまったのが原因
のようです。

購入当初、クラッチワイヤーの清掃は行ったんですが、
アクセル側はやっていませんでした。。。なんてこった。。。

原因が分かったので、早速、
ワイヤーを清掃&グリスを入れてあげて、

23

スロットルチューブハウジング?も
清掃&グリスアップしたら、
ワイヤーが滑らか〜に動作しました。

24

グリップにワイヤリングして、復旧完了!!

レース前にアクセルが渋い等の兆候があれば
対処していたですが、今回はいきなりでした。

XR230のときは、クラッチ、アクセルともに、
購入してすぐに調整していたので、今回は
完全に自分の整備不良が原因ですね。

みなさんも、定期的なメンテナンス、
忘れずにね!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中