星屑の涙 – WEXスラムパーク③


20161211_title3

最終レースの行方は。。。

40分レースを早々にリタイヤしてピットに戻り、
早速エンジン不調の原因を調べます。

いままでの症状+
コース途中で停まった時、
キャブレター付近からガソリンが漏れ出ていたのを
確認していたので、キャブレター付近の問題に間違いありません。

まずは、40分レース前に取り替えたプラグを
バイクから外して確認してみたら、
カブっているどころか、ガソリンが薄過ぎの気配。

次に、キャブレター本体を確認してみたら、

1

キャブレター下のジェットカバー?がゆるゆる。
カバーが緩んでガソリンが漏れて、フロートレベルが下がり、
ガソリンを吸わなくなったのが不調の原因?

ってことで、カバーを締めてエンジンをかけてみたのですが、
症状は改善せず、アクセル開けるとエンストしちゃいます。

どこからか2次エアーを吸っているんじゃないか、
と、目視で亀裂等があるか確認して、バンド類をギューギューに
締め込んでみても、結果変わらず。

この場では対処できないので電装系は無視するとして、
残りはあそこしかないか。。。

4

シート、サイドカバー、タンク、インシュレーター等、
関連するパーツを取り外してから、
初PWKキャブの分解に入ります。

3

うひゃ〜、汚っい(X_x;
とりあえず、浮遊しそうな異物だけ取り除いて、
一番疑わしいメインジェットを確認してみたら、

2

あった!!
数ミリ程度のゴミがメインジェットの孔の中に。

ゴミを取り除いて、キャブレターを組み直し、
パーツを取付けて、恐る恐るセルを廻してアクセルを煽ってみると、
”ブロロロ〜ン♪”
やばい、めっちゃ調子良くなってる。

急いで飯を食べて、食後の一服をしながら、
隣りのパドックの方とすこし談笑していたら、
120分レースのスタート時間が迫ってきました。

ほとんど休憩出来ませんでしたが、
90分、40分の2レースを走ったあとでも
腕上がりがほとんど無かったので、
いけるかな?と、
この時は考えていたのですが。。。

5

で、120分レースのスターティンググリッドへ。
スタート前のコース説明で、
”今回初めて使う、すり鉢状のヒルクライムは・・・”
え?なにそれ?聞いてないよぉ〜。

スタート付近でちょっとまごつきましたが、

6

120分で初めて走る、キャンバーウッズをそつなくこなし、

6-2

90分で渋滞していた登りウッズ入口もクリアして、

7

コース説明にあった、すり鉢状のヒルクライムへ。
でもただ登ればいいだけじゃありませんでした。

8

登り途中で左に90度曲がって、

8-2

根っこニョロニョロで
キャンバーがついている、
このいやらしい箇所を通過しないといけません。
1周目は簡単にクリアできたんですが。。。

そのあとは、

9

コースに戻る激下り。
降りるのが怖くて怖くて、
2周目以降、左のエスケープを走りました。

後半は40分、90分同様、
モトクロスコースを走り、

10

三連丸太を下って、
ようやく2周目へ。
この時点で総合48位、クラス18位。

12

すり鉢ヒルクライム後の狭いキャンバー箇所は、
順番待ちしながら、体力温存。

いつも通り?で走れば
そんなに難しくない箇所なんですが、
ちょっと弱気になっちゃうと、

15

こうなっちゃいますね。

スタートから約1時間経過した時点で
総合27位、クラス8位まで順位を上げて
来た頃から、カラダに異変が。。。
下半身がプルプルしだして、それが次第に
上半身にも。。。

13

腕上がりはないものの、握力が弱くなってきて、
ブレーキが効かなくなり、
微妙なクラッチワークもしんどくなってきました。

16

バイクを倒しても、すべてマーシャルさんに
お任せ状態(^_^;

いちばん渋滞していて、自分も何度か転倒した
このすり鉢ゾーンですが、一度だけ、簡単に
クリアできるルートを走ることが出来ました。
それは、

17

直登りをある程度して、

18

渋滞している所の上から下りて来るルート。

でもこのルートは繊細なフロントブレーキ操作が必要で、
全身ピクピクしてきた自分には
難易度が高すぎたため、一回切りしか走れませんでした。

19

レース開始から1時間40分経過。
実はこの辺から記憶が途切れ途切れです(^_^;
体力、気力ともに、もう限界でした。

そんな状態でしたが、
この日3レース目にして、ようやくのチェッカーフラッグ!!
(GoProのバッテリーが途中で切れて映像が無いのが残念)

正直なところ、ゴール直後、
フラフラで倒れちゃうんじゃないか、
とレース前は思っていましたが、普通に
パドックまで帰ってこれたのが意外でした。

結果は残念ながら、総合36位、クラス11位。
表彰台には一歩及びませんでしたが、
ひさびさに走り切った感がありましたねー。
ただし、翌日、翌々日の筋肉痛は半端じゃなかったですが(X_x;

20

3レース走りきった、ドロドロなXR200RKAI君。
足回りのセッティングと、ちょっとだけ、
走り方を変えたおかげで、難所以外では
珍しく無転倒でした。

レースに”もし、たら、れば”は意味がないですが、
もしキャブレターに”星屑”が詰まっていなかったら、
3レース表彰台、いや、もしかすると、
3回、シャンパイファイトして、んでもって、
もしかしたら、ウルウル(涙)しちゃったかも。

よーし、年末は整備するぞー!

ってことで、
日頃のメンテナンスの大事さを
改めて痛感した、とっても楽しく、
とっても疲れた、WEXスラムパーク戦でした。
参加されたみなさん、お疲れさまでした!!

それにしても、あぁ、悔しい!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中