ピストンからの脱出 – 阿多古周辺


20170416_title2

また一つ。

今日は久しぶりに、

1

近場へ探索に向かいました。

0-2

0-1

山無しタイヤでは
ちょっと厳しいルートにも
果敢に挑みましたが、

0-0

ハンドルを右に切ると、
何故かエンストしてしまい、
立ち転け多発!

この症状は購入当初からたまに
発生していましたが、最近は
あまり発生していなかったので、
原因、対策を怠っておりました。

2

このままではまともに走れないので、
路上で確認したところ、
チョークケーブルが
悪さをしていることを発見。

3

直進状態のケーブル位置。

4

ハンドルを右に切った時の
ケーブル位置。

ハンドルを右に切った時に
チョークケーブルが引っ張られ、
自動的にチョークが引かれた状態に
なることがわかったので、
とりあえずチョークケーブルを
引っこ抜いて、対処しておきました。

脇道、枝道を探索しながら、

0-3

久しぶりの「林道 五六線」へ。
この林道は行き止まりだったんですが、

5

ループ支線が出来ていて、
更に、

0-4

6

北側を走っている、
「林道 安蔵線」にも
繋がっていました。

気をよくして、向かった

0-5

箒木山周辺は、相変わらず
ダートが迷走状態。

その後も脇道や枝道に突入していったのですが、
タイヤが心許ないので、探索はやめて、

8

0-6

フラット林道の「地八吉沢線」経由、

0-7

川上線」を走って、
本日のダートは終了!

9

満開の桜を堪能して、
帰路につきました。

昨日、グリスアップを施した足回りは、
動きがよくなったせいで、路面への追従性が
上がり、気持ちよく走ることが出来ました。

ステアリングもナチュラルな感じで、
動きも軽くてよかったのですが、
ガレ場で振られる感じが少ししたので、
調整が必要かもしれませんね。

0-8

みなさん、ご安全に!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中