ジャービスになりたい!- 県境林道ツーリング②


20170604_title22

夢を諦めるな!

既にご存じの方も多いと思いますが、
世界のエンデューロレース、それも
過酷なエクストリーム系エンデューロで
活躍している人の多くは、トライアル出身か、
その経験者。


「Billy Bolt || Extreme Enduro training」


「Hard Enduro Techniques || Tim Coleman 2017」


「Jonny Walker: Getzen Rodeo 」

イギリスのグラハム・ジャービスや
ジョニー・ウォーカー、ビリー・ボルト、
ティムコールマン、などなど、
みんなそうなんです。

若いジョニーさんは、
めちゃくちゃ速いけど、
ミスも多い。


「Graham Jarvis | GetzenRodeo 2016 」

いっぽうのグラハムさんは、
スピード区間ではそれなりに速いけど、
ジョニーさんには及ばない。
でも、難所での安定感は半端ないです。


「GRAHAM JARVIS RIDE DEMO, TRICKS & STUNTS」

世界中のアマチュアエンデューロレーサーが憧れる、
偉大なグラハムさんも、調べてみると僕と同じ40歳台。
中年の星ですね。

オフロードのキャリアもベースも
全然比較にならないけど、
すこしでもジャービスに近づきたい。

そんな思いを胸に、

1

久しぶりにいつもの県境の山へ。

この山は、
国道を隔てたもうひとつの山と違い、
バイクで山を走ることに、非常に寛容な土地なので、
いつも遊ばせてもらっています。

また、山頂へ至るルートが何本もあって、
それぞれ難易度が異なるので、
その日の路面状況や時間、気分、体調等に
よってルートが選べるのがいいところ。

今日はその中でも、私的に並の上ぐらいの
ルートに向かいます。

1-1

が、

1

1-2

微妙でいやらしい倒木が超えられず、
並レベルのルートへ変更。
あぁ、情けない。。。

2-1

マダニが怖い古道の支線ルートは、

2-2

2-3

整備がまったくされていないので、
倒木の嵐。

2-4

本線も、いやらしい倒木が
いくつもある楽しいルート♪

とはいえ、フカフカ路面で
ちょっと厳しくなってきたので、
リアだけ0.5位に落として、
登っていくと、

1-2

いきなり伐採地に。
ここで撤退かな、と思いながら
よくよく確認してみると、

9

8

どうやら先人達が残してくれた、
ルートがあるみたい。
*赤線部分

でも、これって、
オフロードバイクじゃなくて、
MTBかトライアル用だよね?

とはいえ、ジャービスさんに憧れる身として、
ここで撤退するわけにはいきません。

10

イメージどおりに行かない
フローティングターン。。。

2-5

ピボットターンも斜度にびびって、
うまくいかず。。。

結局、フカフカの腐葉土?で
トラクションがうまくかけられず、
30分ぐらい悪戦苦闘してようやくクリア。
ふぅ〜。
ルート無視して、直登したほうが
早かったかも知れません。

それにしても、
こういうスイッチバックを
颯爽とクリアできる日は来るのかしら。

3-1

私自身の登頂率が低い鬼門箇所。

3-2

2連丸太。

3-3

ピボットターン必須箇所等、
自分が忘れていただけで、
案外テクニカルなルートでした。

そして、

2

4-1

エスケープルートがある、
岩+根セクション。
いつもはエスケープに行くのですが、
今日は挑みたい気分。

4-2

3回トライして、
なんとかクリア出来ましたが、
加重と抜重が難しいです。

登頂後、
時間が余ったので、

p-1

p-2

広場で基礎練習。
ジャービスさんいわく、
「エンデューロを早く走りたいなら、
早く走る練習より、
ゆっくり、確実な走り方をマスターする方が重要」
とのこと。

練習するより、林道を走りたい派なので、
超ひさしぶりの練習でしたが、
練習後の林道走行がすごく安定して、
やっぱり練習は大事だなぁ、とつくづく痛感。

5-1

並ヒルクライム。

5-2

ガードレールヒルクライム。

5-3

尾根ヒルクライム。
すべてクリア。

ヒルクライム登頂時、やばくなったら、
リアシートの一番お尻に座って、
断続クラッチ、という基本を
今まで忘れていました。。。

伐採地でのスイッチバックと、
基礎練習で思いの外疲れてしまったので、

5-4

シングルトラックでクールダウンして、

44

お昼すぎにデポ地に
戻ってきました。

損傷箇所がないか、
確認してみたら、

6

修理して使っていた
ハンドガードが半分もげてました。

5

今日も頑張ってくれた、
IRC VE-33。
改めて、そのすごさに惚れ直しました。

ブロック山が丸くなってきていますが、
フカフカ路面以外ではまだまだグリップします。
ただ、新品のタイヤと違い、
加重と抜重をしっかりやらないと
登っていかないので、
とても良い練習になりますね。

7
*洗車でピカピカ☆

最近思うのは、
ただ単純に登るだけじゃなく、
その過程でどういう動作、操作を
しなくちゃいけないか、
どうして登れたか等を考えて
走ることの方が重要だと。

3

ジャービスさんには到底成れないけど、
常にロジカルに走るようにしなくちゃ、
と思った、感慨深いツーリングでした。

広告

“ジャービスになりたい!- 県境林道ツーリング②” への 4 件のフィードバック

    1. >ひろみっちゃさん

      開拓ご苦労さまです!!
      おかげで楽しくなりました。
      ありがとうございました!
      ところで、あの新設林道は
      どこにつながってるのかご存知ですか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中