青天白日! – 天竜・春野林道ツーリング②


20170827_title22

久しぶりに春野へ

週末は春野へプチ林道探索へ
行ってきました。

1

今回の相棒は、
これまた久しぶりのXR200RKAI君。

まずは、おなじみの、

2

春野CS横からダートへ入ります。

0-1

ここを走るのは一年ぶり?
以前と較べて、

0-2

なんだか荒れてきたような。
みなさん、走ってますか?

ところで、
XR200RKAI君に乗ってすぐ、
XR230と挙動が全然違うことに
びっくりしました。

軽い車重に、ブレーキが効きまって、
リアがロックしまくり。
おまけに、
XR230と同じようにコーナリングしたら、
まったく曲がりません。。。

1-1

積極的に自分のカラダを前後左右させ、
ステップ荷重を意識したら、
ようやく曲がるようになりました。
XR230に慣れすぎて、横着していましたね。
*逆にXR230がすごいかも。

3

それ以外にも、
XR230でちょっと飛ばすと、
リア廻りの剛性が足りないのか、
フレームがたわんできて、
リアのトラクションがかからなく
なるケースが出てくるんですが、
XR200RKAI君はそんな感覚は
ありませんでした。

やはり、
30年前のフレームとはいえ、
このバイクはレーサーなんだと
改めて痛感。

そんなことを考えながら走っていくと、

4

ご機嫌なシングルトラック発見!

5

でも写真の先が激下りなため、
進入は止めておきました。

7

こちらもいい雰囲気だったんですが、
予想通り、どこにも抜けていませんでした。

3-1

軽い崩落を乗り越えた先は
いかにもアヤシイ感じでしたが、

3-2

路肩に補修予定用と思われる、
比較的新しい印(青丸部)が
設置されていたので、一抹の希望を捨てずに
先に進んだのですが、結局行き止まり。。。
う〜ん、今日は収穫ゼロか?

ここも行き止まりか?

2-1

と、過度な期待はせずに
脇道に入っていくと、

8

これはもしかして抜けてる?

2-2

予想に反して、
つづら折れの綺麗なツイントラックが
里まで続いていました。
いままで探索していなかった地域での
完抜ダートの発見は嬉しいですねー♪

ツキがこちらに流れている内に、

4-1

春野の奥深くへ。

が、

11

やっぱり、こうなるよね。
おまけに、

12

13

脇もしっかりガード。

14

鍵もしっかりかかってるし、
無理かぁ。

いや、でも、もしかしてあの番号で
開くかもしれない。。。

恐る恐る、その番号に合わせてみると、

15

!!開いた!!

開いたゲートの先を走ったかどうかは、
みなさんのご想像におまかせします。

ゲート先の林道に繋がっている支線が
すぐ横を走っている舗装林道から
分岐していたのですが、

16

完全廃道化していたので、
ソロでの進入は自重して、
本日の任務完了!

舗装林道は、

17

R362に合流。

5-1

長閑な春野の風景は、
心が落ち着きますね。

18

デポ地帰還はお昼過ぎ。

ようやく晴れた、今日の収穫は
完抜ダート一本と、
共通していた鍵番号の発見。

それと、今回見つけたダートのおかげで、
秋葉山山麓から春野、川根、島田周辺を
林道で繋げて走る構想も現実味を帯びてきたかも。

ありがとう、春野の山々。
また来るでね!

20

今回もお疲れ様でした!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中