解体作業


20180225_title22

お疲れ様!

週末は、”兄貴”を引き取りに、

1

関東へ。

2

富士山を見ながら、一路浜松。

半自動運転(ホンダセンシング)が付いている
フリード君のお陰で往復の高速道路は
めちゃくちゃ楽でした♪

浜松に帰宅して、

3

兄貴こと、XR250R(ME06)をじっくり観察。

4

車体番号先頭に『JH2(本田熊本)』の表示がないのは、
オーストラリア仕様みたい。

5

シートは朽ちてます。。。

6

エンジンは問題なく動きます。
タフな御方。。。

7

純正PDキャブはXR230君に移植予定。

8

ポリタンクに凹みや漏れは無し。

9

ドリームトキ製爆音サイレンサー。

10

スウィングアームは大丈夫そう。

11

ロッドが激錆のリアショック。
再メッキで再生できるか?

12

下回り含めて、フレームは予想外に
錆が少なく、凹みや曲がりもないので、
上塗装を塗り直すだけで使えそう。

13

メーターも案外綺麗。
距離は本当かな?

14

HONDAが泣いている。。。

16

エアクリーナーは、
朽ち果てていたようで、既に
取り払れてました。

18

オーストラリア仕様の証?

17

カラーラベルがまだ付いてた!

そんな感じでざぁーと見たところ、
放置される前はけっこう程度がよかったご様子。

やっぱりバイクは乗らないとすぐに
朽ち果てちゃいますねー。

ってことで、早速、

20

分解です(^_^;

23

エンジンハンガーは
鉄じゃなくて、アルミ製。
すごい!

でも、

24

一部腐ってます。。。危ない、危ない。

途中まで分解して、

21

置き場検討会実施。

ガレージもないのに、エンジンが3つ!!

仕方がないので、

22

再生予定(いつ?)だった、
SL230君のフレームからエンジンを分離。

25

兄貴(ME06)のエンジンがどうしても
フレームから抜けなかったので、
ひとまず分解作業終了。

後日、
サービスマニュアルを確認すると、

manual

「フレームの右側からエンジンを降ろします」
う〜ん、何回も試したような気が。。。
まぁ、今週末、再トライしてみましょう。

26

別途、1set購入したME06の足まわりと
一緒にパチリッ☆

手持ちのパーツで余裕でバイク組めるんじゃ。。。
頭の中で妄想が膨らんできたみたい。。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中