長野・高ボッチツーリング 一日目前半


20180429_title22

見どころたくさん!

今年のゴールデンウィークの前半は、
ひろみっちゃさん、おじゃまんがさんの
三人で長野・高ボッチ高原周辺の
林道ツーリングに行きました!

何故高ボッチなの?
それは、遡ること、去年の夏休み。

17

XR230で訪れた際、この周辺のダートに
只ならぬ雰囲気を感じて、再訪の機会を
ずーと待っていたのでした。

今回、お二人をお誘いして、
高ボッチ周辺の林道群を二日にかけて、
探索したのですが、
まぁ、とにかく、すごかった。

なにがすごいって、
高原の西側斜面のそこらじゅうで
おなじような景色の林道が交錯していて、
途中から方向感覚が
麻痺するぐらい(^_^;

map

これがその二日間の探索の軌跡。
GPSでログ取ってても、
たぶん半分位は行き方が分からないかも。。。

それじゃ、一日目、いってみよう!

0

浜松を朝5時に出発して、
集合場所兼デポ地予定の道の駅に
到着したのは午前9時過ぎ。

前日は所用で大阪往復してきたので、
集合時間の10時まで暫し車中で
仮眠タイム。。ぐぅぐぅ。
しかし、大阪行くのより、長野に行く方が
時間がかかるって、どういうことやねん!

と、1人怒り?ながら
うとうとしてたら、、

0-2

ひろみっちゃさん到着!
流石にNX125じゃなかったのね。

続いて、

1

おじゃまんがさん、ご到着!!
って、Yamaha WR250Rじゃん!!
涸れ沢走るよぉ〜♪って、
事前に言っていたのに、まさか本当に
WRで来るとは。。。さすが男ですなぁ。

早速着替えて、高ボッチの林道へGo!!
って、意気揚々で出発したものの、

1-1

1-2

1-3

GPSの電波が全然掴めん!!
どういうこっちゃ!?

急遽、おじゃまんがさんが持ってきた
GARMIN頼りに、先に進みます。
*おじゃまんがさん、ありがとうございました。

1-4

道が無くなっても、
行けそうな感じですが、
これは高ボッチの罠かも?

脇道がある度に、
進んでは行き止まりを
何度か繰り返しながら、

2-1

なんか大物の予感がする
林道入口へ。

獣除けゲートには高圧電流が
流れてるので危険だよ!と、
看板があったにもかかわらず、

2-2

思いっきり、
電線を触ってるわたし(^_^;

ついでに、

2-3

自分のバイクを忘れて
ゲートを閉めてしまう、
ナチュラルボケ2連発。。。
いやー、ちょっとやばいかも?

2

下界との境界が
これほどはっきりしている
林道入口って珍しいですねー。

湧き上がる興奮に身を委ねて、

3-1

ヒィヤッホー、こりゃ最高だわ!!

フラットダートの脇には、

3-2

枝道もたくさん♪
ゴロリン体操始めるよぉ〜♫

3

なんか清々しくて、
いいんじゃない?高ボッチ。

林道どんつきから、

3-3

古道っぽい道へ。
倒木わっしょい!って、
一生懸命どかして進んでいったら、

3-4

すぐ横に新設作業路らしき道が
通っていたりして。急がば廻れって?

で、その作業路は、

4

高ボッチスカイラインに接続っす。

始めの地図見れば分かるけんど、
高ボッチ西側斜面に広がる
林道のほとんどは、最終的に、
この高ボッチスカイラインのどこかに
つながってるっぽいっす。

昼食を挟んで、
今日のメインの一つ、

4-1

涸れ沢に逝っちゃう、逝っちゃうよ!!

っていうか、

4-2

右に沢が流れていたので、
ここは涸れ沢じゃなく、道ですか??

4-3

川を横切っても、

4-4

沢っぽい道が続くよ♪

重い車体のWRじゃ、

4-5

さすがのおじゃまんがさんでも、
厳しかろう。。

4-6

再び川を横切って、

5

広場で休憩タイム♪
天気がいいのもありますが、

6

浜松周辺の鬱蒼とした林道とは違い、
こんなとこ走ってても、
爽やかなのが、やっぱり長野っすねー。

4-7

休憩箇所から次第に
ルートは沢から離れていき、

4-9

ようやく道らしくなってきたぞ!

ここからはそんなに
道は荒れてなくて、

7

無事峠に到着!!
去年の夏は、このルートを途中まで下って
断念したので、約半年ぶりに完全走破です!

峠から先は普通の林道が走っていて、
その脇にアヤシイシングル尾根道が。。

5-1

でも、黄色テープで通せんぼ。。。
この周辺もいろいろありそうですな。

5-2

気持ちいいんだけど、
浮き砂利で意外と
走りにくいフラットダートを
暫し走って、

8

林道分岐で小休止だホイ!
その間にちょっと、バイク検分♪

9

左は私のXR200RKAI君。
右はひろみっちゃさんのXLR200R。
フレーム造形は両者ともにほぼ同じですが、
パイプの材質・厚み等が違うみたい。
XLR200Rは、ビックタンク(ME06用か?)と
ファットバーを装着しているので、
XR200Rと較べて大柄に見えますね。

それにしても、
この年代のXR/XLR系バイクは、双方向で
パーツの流用が出来るので、見ているだけでも、
夢(妄想?)が膨らみますなぁ。

さて、一服後、一旦里まで出て、
スカイラインを登り返し、

6-1

楽しい道はいねーがー?

本線から里まで
下ってそうなルートは、

6-2

軒並み入り口が
チェーンゲートとは、
一体どういうことかね?

さっきの尾根トラック入り口の
黄色テープ然り、この界隈では、
オフロードバイクの
締め出しが厳しくなっている様子。

6-3

それでも頑張って、
走れそうな支線を見つけては、

6-4

里まで出で、

7-1

すぐ脇の別林道で
また登りかえしちゃうもんね。

そんな中、この林道は、

7-3

途中、踏み跡が薄くなった箇所が
あったけど、

7-4

シングルっぽい本線へ復帰して、

7-5

さきほどのダート本線へ再び合流♪
未舗装路や支線がたくさんあって
嬉しいんですが、どのルートも
おなじような景色・路面なんで、
ちょっと変な感覚。

この後も、

8-1

支線を下って、

8-2

里まで出て、
また違うところから登り返すこと数回。

9-1

ようやく、本日二つ目のメインの
入り口へ辿りつきましたよ!!

ここを目当てに、
高ボッチに来る人がいるぐらい、
有名なそのダートの模様は、

9-6

次回に!!

“長野・高ボッチツーリング 一日目前半” への 2 件のフィードバック

  1. コロナ休みでwebうろうろしてたら見つけましたが、
    写真たくさんあって楽しい。
    大蛇組線の分岐から下諏訪方面への林道には入らなかったんですか?
    ここ数年行ってないのでアレなんですが

    1. >高ボッチ探索隊さん

      古い記事にコメント頂き、
      ありがとうございます!!
      分岐はたくさんあったので、
      どこを走ったのか、
      走らなかったのか、
      正直分かりません(^_^;
      諏訪湖周辺にはまだまだたくさん
      林道がありそうなので、自粛解禁になったら、
      是非再訪したいですね。
      その時はよろしくお願いいたしますm(_ _)m

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中