虎穴


面白くなってきた!

まだまだ、2st小排気量バイクに
慣れていないので、

週末は、

自動車王さんにお願いして、
ちょっとだけ激しいところを
走りましたよん。

とその前に、
先週のヤマハ&KTM試乗会で、
レジェンド、鈴木先生が、

”ハンドル幅は常に77cmにしています!”

とおっしゃっていたので、

試しにTE150iを図ってみたら、80cm。
いままで乗っていたXR200RKAI君の
ハンドルを図ったら、鈴木先生と同じ
77cmだったので、
早速グラインダーで両端カット!

ついでに、

フロントフォークの
突き出しもギリギリにして、
リアダンパーのスプリングプリロードも
すこし緩めたっぽ。

ワクワク、ドキドキしながら
むかったのは、

ガレガレ林道♪

XR200RKAI君ならそんなに
苦労せずに走れるルートなんですが、

う〜ん、
なかなかうまく走れません。。。

プチヒルクライムも
登れないよぉ〜 (T_T)

年式が違うけど、
ほぼ同じ仕様の二台なんですが。。

身体に染み付いた4stの乗り方が
抜けきれないのかなぁ。

このヒルクライムも
もうちょっとだったけど、
だめだった(X_x)

このあたりから、
なぜ駄目なのかが、
すこしわかってきたっぽ。

基本、エンジンは
4st以上に廻さないとだめですねー。
4stの感覚だと、こんなに廻したら、
エンジン壊れちゃうよ!っていうくらい、
廻さないとちゃんと走れませんです。

あとは、半クラッチ。

XRで半クラッチを使うのは、
発進の時とヒルクライムの最後か、
ガレた路面の時ぐらい。

第一、半クラッチを使いすぎると、
すぐにクラッチが逝ってしまうので、
よっぽどのことがない限り
使わないようにしてますた。

エンジンを甲高く回して
半クラッチにして駆動を伝える、
っていう、小排気量独特の走り方は、
XR230でやっちゃうと、
へたしたら、一発で
クラッチが逝ってしまいますしね。

あとは、勢いかなぁー。

うぐぐ、余裕の自動車王さん。

さぁ、次いくべ!

奈落の底に何台も飲み込んだ?
通称”蟻地獄”をクリア!

一番グリップする、
エンスト寸前を半クラッチで調整
しながら上るよ!

”だいぶ乗れてきたんじゃない??”

”いやいや、まだまだっすっぽ”

意外とたくさん走り廻ったので、

シングルトラック林道を
走って、

無事デポ地に帰還だよ。

いや〜、今回も

たくさん転びましたねぇ〜。

とはいえ、
TE150iはいいバイクですよ(^_^)/

いちばん素晴らしいのは、
前後のサスペンションですねー。

”絨毯の上を走っているよう”

以前、どこかのレース場で卸したてのKTMを
乗っていた御仁から聞いた感想だが、

そのときはふぅ〜ん、そうなんだ、
程度でしか聞いていなかったけど、
実際手に入れて走ってみると、
まさにその表現がぴったりきます。

XR230やXR200RKAI君の場合、
ガレた下り坂だとフロントが暴れるのを
下半身でがっつり抑え込まないと
明後日の方向に行ってしまうけど、
TE150iの場合、そうなる速度域が全然違うのよ。

もうひとつは、
嘘のように曲がり易いこと。

実は、XR230, XR200RKAI君だと、
右コーナーの入りがどうしても遅くなる
傾向があったの。

姿勢や荷重の掛け方が良くないと思い、
いろいろ試行錯誤しながら走っていたけど、
いざ、TE150iに乗ってみると、
なぜか、左右ともに、コーナー入り口で
ほんのちょっとの荷重移動で
スゥーと向きを変えてくれるのよ。

それ以上寝かし込んでも、
挙動はすごく素直で
危ないという感覚がないのにもびっくり。

いやー、
最近のバイクはほんと乗りやすいっすね。

今回もお疲れ様でした!!
来週はTE150iの初陣です!!
さて、どうなることやら。。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中