ちょっとだけ


犯人は誰だ!?

先週の日曜は、

林道脇に停めさせてもらって、

走行前にXR200RKAI君の
プチ整備。

凍える手で、

キャブレターを分解。

さて、今回は何をやっているかというと、

前日の土曜、
入手した中古CDIを、

取り付けて試運転したのですが、
症状がまったく改善せず。

入手したCDIが壊れていたとしても、
症状がまったく変わらないってことは、
ちょっと考えにくい。

てっきり、不調の原因はCDIだと
確信していたんだけど、キャブレター?

初心に戻って、
アクセル開度が半分以上でガス欠に似た症状が
出る原因は単純に供給されるガソリンが少ないから。

考えられるその原因は
フロートバルブの固着やフロートレベルの異常、
メインジェットの詰まりまたはキャブ本体内の
ガソリンルートの詰まり等。。。

一番怪しいのは
フロートバルブの固着やレベル異常なので、
早速確認。

本体側のバルブシートやバルブ本体には
問題なく、固着もしていなかった。
もちろん、メインジェットの詰まりも無し。

脱がしたはいいけど、
怪しい箇所は見つけられず、
結局またもとに戻しました。。。

当然、何もしていないので、
何も改善されず。。。

下は濃いけど、
回転上げると失速するんだよね。
キャブレター本体の詰まりかなぁ〜。

とりあえず、
この場でできることは無いので、
アクセル開けないようにして、

ツーリング開始!
って、いきなりこんなとこ??

ほぼ1速のみで、近くを走って、

短いツーリングは終了!!

まどろっこしい、
プチ林道ツーリングの模様は、
動画で確認だぴょ〜んっ☆

そうそう、
たまにはN-VANネタも
載せなきゃね、ってことで、

ユーティリティスペースを
アップデートしたよー♪

運転席側後ろのデッドスペースに
ヘルメット兼ウェア置き場を
追加したんだよ。

リアの自家製サテライトスピーカーは
この位置にあるよん♪

安くて、小さくて邪魔にならず、
おまけに音もいいのよ。

天井にある
ユーティリティナット3箇所だけだと
強度が心配なので、
サイドも使って”枠”化してるよ。

バイクを積み込むと、

こんな感じ。
だいぶマシになってきたけど、
まだまだ改良の余地有りですね。

ちなみにバイクはタイダウンせずに、

上側2本、下側3本で固定するのが、
現在のスタイルですっ!

さて、
かなり長引いているXR200RKAI君の不調。

ほんとにキャブレターが原因なの??
つづく。。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中