N-VAN 車中泊ベッド 〜構想編〜


妄想で終わりたくない!

トランポとして、
仲間内でも増殖中のN-VANですが、

個人的にどうしてもトライしてみたいのが、

バイクを積載したままの車中泊。

バイクが下ろせない時や長距離移動中に
車の中で寝られれば最高ですよね。

「N-VAN 車中泊」をキーワードで
ググってみると、

だいたいは、

運転席側、助手席側の
両方をベッド化したものしか
ヒットしない。

そもそも、

バイクを積載したこの状態で

車中泊っていうのが無理なのか?

夜な夜なネットを徘徊していたら、
うむむな出物が。

N-VANは室内長がないので、
荷室だけだと、160cm以上の
長さが確保できないのね。

この写真のものは、
運転席のシート部分までベッドが
伸びているので、大丈夫そう。

一瞬、ポチッとしようとしたけど、

格納が大問題!
畳んだベッドでこれだけ荷室を
占領しちゃうと、バイク関連が
ほとんど積載できんぞな。

○田制作さんや○グショーさんに
頼むっていう手もあるけど、

とりあえず、自作で出来るか、
試しに作ってみよう!!

まずは、

適当なパイプをもってきて、
イメージを膨らまします。プクプク。

ベッドはデッドスペースになっている、
運転席側の上部に設置して、
一部は既存のパイプフレームを
利用することにしましょう。

ベッド下収納は、

45LのコンテナをL字型にしたら、
工具箱が積載できないことが
わかったので、

一回り小さいサイズのコンテナをゲッツ!

運転席シート幅
ぴったり!

これより助手席側にはみ出ると、
XR系は積めるけど、
ハスクはちょっと厳しいかもね。

ベッド幅にパイプを立てて、
フレームと合体してみよう。

パイプ長さをベッドに合わせて
カットするときは、

こちらのパイプカッターを使用。
サンダーは煩くて近所迷惑なので、
なるべく自重しなきゃ(^_^;

作業油垂らしながらやると
めちゃくちゃ楽で切断が早いよ!

取り外し可能なジョイントと
パイプを組んで、お試しベッド枠、ほぼ完成。

ベッド高さはシートの背もたれの上にして、
運転席側にあと2本、支柱を建ててみましょう。

いやー、それにしても狭いね!(^_^;

ベッド幅は50〜60cmで、
一昔前の寝台列車、三段式B寝台の最上段レベル。
*個人的にはあの狭さが好きだけど。

狭いのはまぁいいけど、これだけ高いと、
ベッドにどこから出入りするのかが
問題になりそう。。。

重くなった僕ちゃんが寝るには、
筋交いも必要ですね。

バイクを積んでないと、
荷物類が偏ってるね。
ちょっと考えないと。

さて、今回は、暫定的に手持ちの
プラスティックジョイントを使ったので、
ベッド高さがマチマチでしたが、
次回はメタルジョイントで本組見立て。

さてどうなることやら。。。
続く。。。?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中