N-VAN 車中泊ベッド 〜とりあえず完成編〜


出来はまぁまぁ?

エクステンションベッドの設置を
もうすこし簡単に出来ないか

前回の試作の懸案事項について、
可能かどうか、
現物で検証してみましょう。

ハスクを積んだ状態で、
運転席をリクライニングしてみます。
この状態で車内でベッドを
組めればなぁ、と。

運転席後ろの荷物をどかせば、
シートはかなり倒せるけど、

積んでいた荷物を全部どかさないと、
シートが深く倒れませんね。
まぁ、当たり前だろ!
と言われればそうなんですが。。

コンテナボックスは一個でもあると、
フルリクライニングは厳しい。。。

シートを倒してベッドを設置するには、
・積んでいた荷物を荷室から移す(ルーフラックへ?)
・ベッドを車内で組み立てる

の必要が出てきます。

運転席のシートを倒して寝る、
という手もあるけど、それって、
車中泊じゃなくて、仮眠??

いろいろ考えた結果、
やはり前回の案で進むことにし、

再度パイプを組み直し。

今回は少し手直しして、

運転席シートへのベッドの
せり出し量を減らします。

エクステンションベッドの足は
シート上の端材コンパネの上に。

ベッドを設置した状態でも、
ちょっとした車の移動が
出来るようにしました。

この形で、ベッド基材のコンパネの
形状を修正します。

ベッドの幅は45cm。

シングルユースのコットのベッド幅は
だいたい65cmなので、
かなり狭いです。

ベッド長さは約165cm。
足がはみ出ますが、
これが限界でしょう。

ちなみにベッドへのアクセスは、
横に積んであるあるバイクから。

実際に寝てみましたが、
ギリギリ寝返りできます(^_^;

もちろん、足がベッドから出ますが、
寝る時は寝袋の中だと思うので、
そんなに問題ないかなぁと。
ただ、快適かどうかと聞かれると、微妙ですね。

ベッドサイズもそうだけど、
本当に緊急用です(^_^;

まぁ、軽自動車(商用車)に
バイクを積んだ状態で、
車載ベッドに横になること自体が、
無理があるってもんです。(本末転倒?)

とはいえ、
せっかくここまで作ったので、
巣のコンパネのままだと
見栄えが悪いので、仕上げにかかります。

収納性を考えて、
クッションは薄めのものをチョイス。

コンパネより一回り大きくカットして、

両面テープでコンパネに
貼り付けます。

次に、

Amazonでゲッツした、
一枚¥800円のフェイクレザーで、
包み込みます。

地元のホームセンターだと、
¥3,000円!!高っ!!

タッカーで引張りながら
留めていくので長めにカット。

出来上がりました。
とっても簡単で見栄えもいいですね。

残り二枚のベッドも
同様に作成。

タッカーで留めてある部分には
適当なアルミテープを貼り付けて、

出来上がりました。
高級な担架みたいで、
いいんじゃない?

ベッドは分解して、

運転席後ろに、
パイプ類はメインフレームの横に
それぞれ収納♪

次回、実際に使ってみて、
使用に耐えうるか、本当に寝れるのか、
確認してみましょう!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中