カテゴリー別アーカイブ: 山陰・鳥取、島根

山陰・温泉観光かっとび!?ツーリング 5 wtih KLE500


三日目の後半。

出雲大社をあとにして、ツヅラ折れの山道を走って
辿りついたのは、

1

2

御所覧場

この温泉を選んだのは、

3

この絶景。

旅館入り口で500円?を払って、
川沿いの露天風呂へ道路を下る。

4

この時間(お昼前)は内湯は入れず、露天のみ。
脱衣所に入ってみると、先客はおらず、

6

もちろん、お風呂も貸し切り状態。

露天の入り口に、風情のある手書きの看板があった。

5

循環式で加熱してある温泉と知り、ちょっとがっかりしたが、
とりあえず、湯船に入ってみる。

私以外、入浴客がいないにも関わらず、お湯の温度は適温だった。
24時間沸かしっぱなし?

で、恒例のひと舐め。。。

おぉ!

めちゃくちゃ塩辛い(X_X)
死海の水ほど塩っぱくはないが(あれはどっちかと苦い系)
それでも、いままで入った温泉の中で、ダントツに塩気が強い。

加熱されたお湯の温度が絶妙で、露天から眺める絶景とあいまって、
ついつい長湯してしまいそうになる。

7

露天風呂からは渓流と、目前にそびえる立久恵峡の絶景が広がる。
こんな贅沢を一人で味わえるなんて、旅の疲れもどこかに飛んでいってしまう。
痛かった腰の痛みも和らいでいる気もする。

ちなみに、ボディソープとシャンプーが設置されているが、
ラカンから出る湯も温泉を使っていて塩っぱいので、注意されたし。

露天から出ると、初夏を思わせる天気で、すぐに汗ばんでくる。
この温泉は紅葉が見れる秋頃に訪れるのが最高だろう。

8

御所覧場から快適ロードを更に南下し、次の目的地に向かう途中、

9

空に虹が!

水平環と言われる現象らしいが、生まれて初めてみた、
昼間に現れる虹にちょっとびっくりしてしまった。

10

11

次の温泉は、
三瓶志学温泉の「亀の湯

ここは源泉掛流しの共同浴場。
というか、昔よくあった、銭湯の雰囲気そのまんま。

入り口で男湯、女湯とわかれているが、

12

入ってみると、中で繋がっていて、
番頭さんがいるべき場所に料金箱が設置されていた。

大人200円!!の超庶民価格の入浴料を投げ入れ、
脱衣所(そこそこ広い)で服を脱ぎ捨て、いざ!

13

うっひゃ〜、なにこれ?

今まで入った共同浴場のなかで一番かも?

源泉は正面の塩ビ管から、そして中央の土管?から注がれているっぽい。
もちろん、私以外の入浴客はなし。

が、そこは温泉を嗜むもののマナー。
しっかり掛け湯をして、、、

って、ぬるい、いや、ちょっと冷たいかも。。。

ちょっと不安になりながら、湯船に体を沈めていく。
お湯の色から想像がついたが、かなりの金気臭があり、
すこし硫黄の匂いもする。
舐めると塩気があり、鉄っぽい。これはいいお湯かも!?
塩ビ管から注がれているお湯は無色で空気に触れると茶褐色に変化するっぽい。
ただ、お湯がぬるいため、肩まで浸かっても体が暖まらない。

道路を挟んだ向かいの商店(このお風呂の管理人)であとから聞いたのだが、
加熱するのは午後5時から。
逆に言えば、今の時間は自然そのもののお湯の状態。

ちょっと凍えながら、小一時間ほど浸かって上がってきたが、
実はこの温泉、肌のしっとり感(金気臭もだが)が翌日まで残り、
かなり効用が高いお湯だった。

しかしながら、鉄臭さはやはりちょっと嫌だったので、
地元の人に聞き取り調査をして、さっぱり系の温泉に入り、
この山陰の温泉ツーリングを締めくくることにした。

15

山陰の道路は走り易いと聞いていたが、噂は本当だった。
お湯も景色も最高!!山陰いいじゃん!!

気分もノリノリになってきたところで、最後の目的地に到着。

17

が、どうも様子がおかしい。

たまたまお店のご主人らしい人が歩いていたので聞いてみると、
今は営業していないらしい。。。

ならば、と、

18

そのちょっと手前にあった、「湯抱温泉」へ向かう。が、
人気がまったくない。

入り口のドアは閉まっていなかったので、開けて呼べども
返事なし。。。。

時間的にこれ以上留まるわけには行かなかったので、
これにて、山陰の温泉ツーリングは終了。

19

広島・三次(みよし)に向けて、R375を南下。

20

この道も最高だった。
なんで、山陰にはこんなに良い道が多いんだろう。

中国自動車道、三次ICに乗ったのは14:37。
さぁ、ここから一気に浜松まで移動だ。

21

噂通りのツヅラ折れ高速、中国自動車道の洗礼を受け、
加西PAに17:09に到着。

中国自動車道、宝塚IC周辺や、新名神の甲賀土山IC、
そして東名阪の鈴鹿IC周辺でそれぞれ20km以上の渋滞をすり抜け、

23

東名の浜名湖SAに到着したのは、22:20分頃。
途中の軽い休憩も併せて、約8時間走り切った。

不思議なことに、途中、一度も眠くなることはなく、
逆にその夜は興奮して暫く寝付けなかった。
出雲大社へのお参りと温泉の効用のおかげだろうか。
とはいえ、もう一回やれ!と言われても、今はかなり悩むだろう。

map

今回の走行ルートをおさらいしてみた。
山口まで足を伸ばそうと思うと、あと2泊は必要だろう。

それにしても、こうやって地図を改めてみると、
中国地方とひとくくりに言っても、面積が四国と近畿を足しても
まだ足りないくらい広いのがわかる。

さて、今回山陰を初めて旅して、
林道とはまた違う、ロードツーリングの醍醐味が分かった気がする。

気分次第で旅程が変更できるし、
旅先で地元の方とも話をする機会もあって、
やっぱり旅をするなら、ソロの方がいいなあ、とも。

さて、夏休みはどこにいこうかな?

24

25

変えたばかりのMICHELIN T63。
荷物満載で約1500km走った割には、減りが少ないと思う。

<<今回の旅メモ>>
ガソリン代 ¥10,724
高速代   ¥12,190

総走行距離 1525km
平均燃費 23.09km/L

山陰・温泉観光かっとび!?ツーリング 4 wtih KLE500


三日目。

昨夜は気持ちよく寝られた。

腰痛持ちにはテントでの連泊は意外と堪えるので、
たまには気分転換でホテルもいいものだ。

ところで、
最近のビジネスホテルの朝食はほとんどバイキング形式で
味もそこそこ美味しい。

なので、いつもついつい食べ過ぎてしまう。
とはいえ、ここに決めたのも、バイキングがあるからなんだけど。

予想以上に?お腹いっぱい食べてチェックアウト。

1

ホテル前には同業者がたくさん。
で、よく考えてみた。

シングルだったら6,000円ぐらいで朝食付きで泊まれるので、
今回のようにがっつり走って、観光するなら、
キャンプ泊よりもホテルの宿泊の方が身軽で楽に違いない。

実は、自宅に戻るまで、
調理道具や食材等をいっぱいに詰め込んだ
パニアケースを今回の旅で開けることはなかった。。。

2

腹ごしらえを澄ませ、早朝の米子市内から出雲方面へ向かう。

4

国道沿いを走る、見た事も無い配色のローカル電車とすれ違う。

しばらく走っていくと、「松江城」の案内が目に入ったので
寄ってみることにした。

6

あとから知ったが、天守閣は国の重要文化財らしい。
どうりでお堀も重厚で、昔日の面影が至る所に残っていた。

8

宍道湖の廻りをひた走り、

9

出雲大社に到着。
人がたくさん。

10

米子のホテルで自分より一足先に旅立った初老の方と
駐輪場でばったり遭遇。

バイクはたぶんKLR。ナンバーは確か東京都内だった。
私が知っている限り、
オフロードバイクを乗っている方で一番年上のような気がした。
自走でここまで来られたのだろうか。

ここからはバイクを降りての観光なので、さらっと写真だけ。

11

12

参道の奥に大きな鳥居が見える。

13

すごい人。若い人が意外と多かった。

14

16

15

おみくじは三番。いいのか、わるいのか、はっきりしない。

17

若人はしっかり参拝。横で撮影する私。

19

特大なしめ縄より、
左で怪しいポーズを撮っている女性に
どうしても視線がいってしまう。

20

21

食い物横町?

22

円じゃなく、”縁”っていうのが、出雲流?

23

参道にもすごい人出。

”あ、パパ!カメラ、カメラ!!”

24

参道入り口の大きな鳥居を抜けて、次の目的地へ向けて、

25

出雲の山の中へ。。。

三日目後半に続く

山陰・温泉観光かっとび!?ツーリング 3 wtih KLE500


二日目の後半。

三朝温泉を出たあと、

1

倉吉市を抜けて、県道45号へ入る。
適当に選んだこのルートは大正解だった。

2

新緑の高原の中。
真っすぐに伸びる道路は開放的で、
まさにロードツーリングの醍醐味といった感じだった。

人気がまったくない、

jizou

地蔵峠。

ここからもわずかだが、

3

残雪が残る、大山を臨むことが出来る。
それにしても、良い天気だ。
朝方の気温は10度以下でバイクに乗っていると
肌寒かったが、標高が上がってきても、気温が高く
なってきているのは分かるぐらい、太陽の日差しが強くなっていく。

地蔵峠で軽く休憩したあと、
「大山環状道路」という、
快適なワインディングロードへ進む。

2-2

くねくね道に誘われて、昼間から走り屋がたくさんいた。

次第に道幅が狭くなり、林道然りといった感じになってくる。
しばらく山道を走っていくと、視界の中に奇妙な山が入ってきた。

3-2

初め、これが大山かと思ったが、実は「船上山」だった。

5

エアーズロックが山の上に乗ってるような、
ほんとうに面白い形をしていたが、それよりも、
そこに至る斜面を登れるかどうか、の方に興味が沸いてしまった。

船上山を過ぎ、

6

再び最高な高原道路を大山に向かって走る。
この気持ち良さは、走ってみないと絶対に伝わらない。

7

徐々に 大山が目前に迫ってくる様はなんともドラマティック。
エンジンのパルス感、高揚してくる気分、そしてこの光景が
シンクロして、バイクに乗ってて本当に良かったと思える瞬間だった。

空気がすこしひんやりしてきたところで大山スキー場へ到着。

8

9

山裾にあるリゾート施設から大山を。
街中より、空気も澄んでいて、やっぱり山はいい。

大山を満喫したあと、米子市街へ向かうため、
県道24号をひたすら下るが、この路も非常に走り易かった。
この周辺の道路はどれも走り易く、ツーリングには最高の場所だろう。
機会があれば、是非再訪してみたい。

今夜はキャンプ泊ではないので、
米子市内からちょっと足を伸ばして、

11

通称「べたふみ坂」へ。
テレビは普段ほとんどみないが、
CMの撮影場所で有名な場所が米子近くにあるよ、と
七釜温泉で地元の旅館の若主人から教えてもらった。

10

坂(橋)の傾斜具合は、江島から境港市へ向かう方がキツいらしい。
が、ご覧のように大渋滞で、キャンプ道具一式を積んだKLEでのろのろ
走るのはとても神経を使うので、往復するのは辞めておいた。

nakakai

中海沿いの海岸通りを走り、境港へ。

ホテルのチェックインまでまだ時間があったので、
境港市で地元の料理を食べようと、メインロードに向かうが、
そこが”水木しげるロード”になっていたのを、その時初めて知った。

地元の漁師飯等などが食べれる店などあるわけもなく、
仕方なく、米子市街に戻り、今夜の宿にチェックインをする。

12

米子、松江、出雲としらみつぶしにホテルに電話したが、
どこも満室で、唯一セミダブルだが空室があった、
能登の加賀でもお世話になった、「ホテル α-1(アルファ・ワン)」が
今夜の寝床だ。

それにしても今日も300km以上走りまくりで体中痛い。
更に、天気が良かったため、顔も日焼けしてヒリヒリする。

幸いにホテル1Fに定食も食べれる大きな居酒屋があるらしいので、
部屋で着替えて、早速向かうが、既に満席。。。
仕方なく、米子駅周辺の他の食い物屋に向かうが、GW真っ最中なのか、
どこも満席で夕食難民になってしまった。

この際、コンビニでもいいやと思ったが、駅前にはコンビニさえもないので、
駅から離れる方向へ歩いていく。

13

やっとのこと、今晩の夕食がありつけた。
今日唯一のまともな食事が吉野家とは、なんとも情けない。

ホテルに戻って、天気予報を確認したら、5日は全国的に雨模様らしい。
雨対策は万全だが、雨の日にバイクに乗るのは出来るだけ避けたいもの。
さてどうしようかと思案していたら、急に睡魔が襲ってきた。。。
とりあえず、寝るとしよう。

最終日?に続く。

山陰・温泉観光かっとび!?ツーリング 2 wtih KLE500


山陰の旅、二日目。
AM5:00に起床。

1

先客(XR?SL?)がまだ寝ている最中、
いつものエスプレッソはもちろん、朝食も食べずに撤収。
朝日が昇るまえに、今日第一の目標、竹田城を目指す。

途中、セブンイレブン(コンビニ)で朝食を食べようと思ったが、
このあたりはローソンとファミリーマートの独占市場らしい。

竹田城が見渡せる場所に着いたときには、

3

既に陽は完全に昇っていた。
これでも朝の7時なのだが、

2

観光客で賑わっていた。
次の目的地に向かおうと下っていったら、

5

丁度よい、撮影スポットを見つけた。
こうやってみると、
本当に高いところに城があるのがよくわかる。
重機もない時代によく造ったものです。

竹田城をあとにして、

13

次の目的地に向かうため、快適道路(無料自動車道区間)を
ひたすすみます。

14

ループ橋、

15

清流沿いを快走し、

16

浜坂温泉街へ。
朝風呂ならぬ、朝温泉へ浸かるため、

6

『七釜温泉 ゆーらく館』へ。

開店までまだ時間があったので、

8

隣りの敷地を拝借して、夜露でびしょびしょになった
テントを乾かしながら、タバコを燻らせる。

今日の予定はこれから鳥取砂丘を見て、大山をぐるーと廻って、
その麓でキャンプの予定なのだが、昨夜テント泊をして、意外に寒かった。
寒さはなんとかしのぐとして、最近また痛みだした腰の具合が心配だ。

急遽予定を変更して、大山を抜けて米子まで行き、ホテルで宿泊しようかと
考えていたら、開店時間になった。

駐車場で身支度を整えていたら、
お客がどんどん入ってくる。
開店直後からお客が入ってくる温泉は
さぞかし、いいに違いない。

受付で¥500円(確か)を支払い、
期待に胸膨らませ、脱衣所に向かう。

9

泉質は、「ナトリウム・カルシウムー硫酸塩泉」で、
昨日に続いて、こちらも塩泉。
旅を終えてから気づいたのだが、山陰地方の温泉は塩泉が
非常に多かった。海が近いからだろうか。

10

湯船に入って、ひさびさの濁り湯(薄い茶褐色)で
ちょっと興奮する。
色が付いてると効用が高そうな気がするのは、
にわか温泉通の自分故か。

源泉掛け流し(湯温50度!)がこの施設の売りなので、
内湯のお湯は非常に熱い。
とはいえ、こちらも草津よりは熱くないので、
ゆっくり体を慣らしていくと、心地よくなってくる。

塩素臭ではないが、硫酸の匂いか、ちょっと独特の
匂いがするが、お湯はなめらかで塩気も強くなくて
良いお湯だった。
露天の方がいくぶん温度が低いので、のんびり浸かるには、
そっちの方がいいかもしれない。

お湯から上がって空を見上げたら、

11

なんともいやな感じの雲が出ていた。
身支度を整えながら、通りかかった
地元の宿の若主人から大山までの良いルートを教えてもらった。

ちなみに、この辺りは海から近いのだが、
結構稲作がさかんなのに驚いた。
浜松あたりだと、絶対見られない光景なのだが、
塩害もほとんどないそうで、たぶん海からすぐに山があるので、
それで海風を、塩害を防いでいるのかも知れない。

七釜温泉からルートを日本海沿いに移して、

17

一路、鳥取砂丘を目指す。
しかし、それにしてもこの日は風が強かった。

12

砂丘が始まる手前あたりで一度降りて確認したが、
風が強くて砂がそこらじゅうから舞ってくる。
これは観光どころじゃないなぁ。

しかし、今はGWの最中。

18

既に凄い人出でびっくり。
こんな砂まじりの強風の時には、
アラブスカーフ巻いてけばいいかもね。

19

遠巻きで鳥取砂丘。
浜松の遠州浜砂丘とはまた違う壮大さにびっくり。

GoProのレンズが砂ですこし汚れてしまったが、
おかまいなしに、

20

次の目的地、

21

「三朝(みささ)温泉街」へ。

33

三朝温泉といえば、
有名な河原の露天風呂(写真左丸部)がありますが、
そこには寄りません。

22

わかりづらい、狭い路地を入っていって、

31

『株湯』
三朝温泉発祥の源泉で地元の共同入浴場へ。

風情もいいけど、やはりガツンとしたお湯の、自然の力に触れたい気分。
訪れてみて、「共同入浴場」のイメージとはかけ離れた奇麗な外観だったが、
最近改装されたらしい。

特筆すべきなのは、この源泉、
「単純放射能泉」で、ラジウムイオン含有率が世界一らしい。
このご時世に放射能入りの温泉にわざわざ入りくるのも、
感慨深いが、早速受け付けの自販機で¥300円(安い!)の
入浴券を買って中に入る。

misasa
*他サイトより写真を拝借。

石けん、シャンプー類は備え付けのものはなく、すべて有料。
既に、七釜温泉で垢を落としてきた自分は、
かけ湯をして、すぐに内湯に入る。
が、
この温泉も熱い!
45℃近くあると思われるその熱いお湯の中に
ゆっくりと体を沈めていく。。。が、
やっぱり熱い!

ここは露天がないので、しばらく湯船の端で体を
冷やしながら、またすこしずつ浸かっていく。
熱い温泉に入るときは、だいたいこういう感じで、
まったりと長い時間をこうして過ごす。

お湯に浸かっていても、放射能、ラドンが多いから
何かが違うってわけでもなく、湯上がりもさっぱりした
感じだった。

案外いいお湯っていうのは、湯から上がってから
じわじわ来るのかも知れない。

30

三朝温泉音頭?の歌声がそこらじゅうにあるスピーカーから
街中に響き渡っている最中、米子の宿をなんとか確保した僕は、
大山に向かった。。。

二日目後半に続く。