カテゴリー別アーカイブ: 静岡:引佐周辺

観音山・名もなき完抜ダートを探して・・・


今日は、浜北、観音山周辺のまだ見ぬ、
完抜(どこかへ繋がっている)ダートを探しに行ってきました。

まずは、

1

2

林道 観坊線からアプローチ。

途中、トラ車の練習場所へちょっと寄りますが、

3

どこに抜けているのか自信がなかったので、
あまり深追いせず、

一番目の目的地、

6

林道 四ツ沢線の支線へ。
進入してすぐ、なぜか人間が”ここで”生活している雰囲気が。

6-2

沢の脇には、ミカンの山が!?
いったい、これは。。。

ちょっとびっくりしながら、

6-3

そこそこガレたダートを進みますが、

6-4

ダブル倒木で進行断念。。。

あとで地図を確認したら、

6-42

観音山林道へ僅か50m足らず。
無理して突っ込めばよかった。。。

本線に戻り、

6-5

ガレガレ道を進んで、

6-6

6-7

林道 四ツ沢線の終点。

ここから、更に進みますが、

7

8

道が無くなり、歩いて先を確認するも、
ちょっと厳しそうだったので、またも無念の撤退。

9

ここも、観音山林道へは残り約100m。

でも、走れば気持ちよさげな

10

沢があったので、
遡上していけば、もしかして繋がるかも??

ってことで、こんどは観音山林道からアプローチ。

その途中、グーグルマップで道が表示されていた箇所へちょっと寄ります。

10-2

ガードレールの脇から下っていくらしいですが、

10-3

倒木が多く、かなり難儀しそう。
そこさえクリアできれば、隣りの林道に行けるのに。。。

観音山林道の本線に戻り、ちょっと脇に入ると、

11

おぉ!これ行けるんじゃない?
っていうか、絶対誰か走ってる感じ。

さっきの場所とは位置がズレてましたが、
このまま下って沢沿いに降りていけば、
四ツ沢線に繋がりそう。
でも、今日はまだ先が長いのでトライしません(^^;

ちなみに、

12

路はまだ続いていました。
たぶん鉄塔まで続いているかな?

で、次に向かったのは、これまた観音山林道から伸びる、

13

鉄塔巡視路。
地図で確認すると、尾根づたいにかなりの距離がありそう。
っていうか、ここも倒木がすごいです。
こんななかを歩いて鉄塔の保安をしている方がいると思うと、
頭が下がります。

14

観音山林道の西側の探索のあとは、東側です。

15

新設されたばかりの作業路を進んでいくと、

16

あー!観音山林道までもうちょっと。
なんとか進もうと思いましたが、ここも倒木がすごくて。。。
近い将来、繋がりますね、ここは。

周辺を彷徨っていたら、

18

19

林道 深田戸線の起点表示。
ひさしぶりの初めて林道で、一気にアドレナリンがドッパドパ(^^;

出し過ぎちゃって、

17

亀の子状態に。
なにごともほどほどがよろしいかと。

深田戸線の終点からは、

20

21

なんとも楽しそうなシングルトラックが。

東側を探索したあと、今度は北東からダートに入ると、

22

地元の林業の方?がお昼休み中。
怒鳴られるかと思いましたが、とっても気さくな方達で、
この先歩きでも厳しいよ、と教えてもらったので、
戻ろうとしたら、

23

おじさんたちの後ろに、極上のシングルトラック&激ヒルクライムが
あるじゃないですか!?
でもこの路、下にある椎茸栽培のためにあるみたい。

収穫ゼロの失意の中、昼食を食べて、観音山林道本線に戻り、
なにげなく進んだ脇道から、

25

古道のような、ボブスレー道が下に続いていました。
何年も人が(バイクが)通った形跡がありませんでしたが、
雰囲気から、どうも里まで繋がってるっぽい感じ。
この日一番、抜けてる可能性がありそうな脇道でしたので、
次回、頭数を揃えて行ってみましょう。

冬の山は陽が陰るのが早いので、最後の探索、
観音山線前の山線を繋ぐダート探し。

42

下に道は続いているけど、あまりにも怪しいので
引き返して、反対側からアプローチするも、

41

この山に遮られ、またしても繋がらず。。。
帰宅してから、地図をよく確認したら、

40

たったの50m!!
あの山を登れれば、その先で観音山林道に出会えたかも、と思うと。。。
途中の倒木が無ければ、角度はいけそうだったよなぁ。

そんな感じで、前回の阿多古に続いて、近場の林道・脇道探索を終えてみて、
意外と開拓されていないだけで、探せば結構楽しそうなルートがありそうな感じ。

阿多古、観音山のルート開拓。
しばらくは続きそうな予感。。。

レース準備&都田プチツーリング


レースを来週に控え、

1

ゼッケンを作成。

車種とクラスを変更したので、
前回とは違う番号になりました。

2

張り方は結構いい加減で、そこらじゅうシワシワ。
ドライヤーで暖めればうまく貼れますが、レースが終わったら
剥がすので、そんなに拘りはありません。

3

フロントフォークを縮めたり、ハンドルの角度を変えたりするのが
面倒なので、今回はネコのホイールを履かせて車に積み込みます。

最後にオイルを交換して、来週の準備は終了!

でも、抜き取った古いオイルは600ccぐらいしかなかったので、
どこからかオイルが漏れてる可能性がありそう。

30,000kmっていっても、かなり酷使しての距離なので、
そろそろ腰上OHの時期かもしれません。。。
暫くは経過観察ですね。

整備が終わったあと、
先週、今週とバイクに乗っていなかったので、
KLE500で近場にプチツーリングへ。

4

今日から9月だというのに、真夏の日差しで目がくらみ、
海に行くつもりが、
気がついたら、山へ向かってました。

5

林道 万城寺線

たぶん、2年前に一度走ったきりの鋪装林道。
万城寺線自体は鋪装済みですが、終点から三岳山ちかくまで、
廃道っぽいダートが伸びています。

残念ながら、海に行くつもりの格好(Tシャツ&ショーツ)だったので、
ダートには進入せず、

7

滝沢キャンプ場のすごい賑わいを眺めてから、
帰路に着きました。

KLEもそろそろオイル交換の時期。
一回のオイル交換は4.3Lと、微妙な量。

今月の連休中に予定しているキャンプツーリングの前には、
なんとか交換しなくちゃ。

新年探索初め・引佐の隠れた絶景林道


2013年、新年最初の林道探索は、
今まで行こう行こうと思いながらも、
行きそびれていた、浜松市街地から
ほど近い、引佐周辺へ。

引佐周辺は、昨年もちょくちょく探索
しましたが、まだ探索していない地域があって、
去年からずぅーと無性に心残り感が。

とはいえ、市街地から近いので、
ほとんどが鋪装済みかも?
と一抹の不安を抱きながら、
まずは最初の林道へ。

1

2

林道 田畑線

竜ヶ岩洞入り口脇から入ります。
入り口はご覧のように鋪装済みだったのですが、

5

途中から予想外のダートへ。

竜ヶ石山のハイキングルートにもなっている
この林道。

7

ハイキング用シングルトラックや、

6

森の中へ続く、用途不明のシングルトラックなど、
たのしそうな脇道がいっぱい。

その途中に、

8

これまた予想外の絶景!

9

竜ヶ石山山頂へ続く道。

尾根の反対側には、「林道 大沢線」が走っています。

で、肝心の「林道 田畑線」は、
ぐるーと廻って、竜ヶ岩洞の反対側へ
出てきます。

意外や意外、なかなか楽しめる林道でした。

10

風情のある、山道を進んでいくと、
次の林道に出会います。

11

12

林道 梨野線

では早速!
と、その前に。

13

今回の探索のお伴(リアタイヤ)は、
久しぶりの、IRC GP-210。
舗装路メインの林道探索には丁度良い感じ。
”フラット後ちょいガレ”程度までカバー
出来ますよ。

それと相反するように、

4

グリップヒーターを取り外して、
ER-6nの純正グリップを装着。

ハンドルも、大大先輩のいいつけどおり、
すこし上目に位置調整。

グリップが細くなり、ハンドル位置も上がった
おかげで、スタンディングの姿勢がうーんと
楽になりました♪

整備のついでに、最近またうるさくなってきた
タペットクリアランスを調整しようと思ってましたが、

14

タイミングカバーの六角穴がなめそうだったので、
部品発注後、インパクトで緩めようかと。

整備ネタはこれぐらいにして、
林道 梨野線」へ突入!!

26

でも、残念ながら、本線はご覧のような
飛び飛びダートがすこしあるのみ。

ま、これは予想通りだったのですが、

17

この林道も脇道がえらく楽しそう♪

15

そこらじゅう、シングルトラックだらけです。

16

どうやら、古道のルート上に
林道が新設されたような感じ。

たまらず、一本進入してしまい、

18

タイヤがGP-210だったことを思い出す間もなく、
新年早々、初転び。。。

今年の人生も転びっぱなしかな。。。

感慨深く本線を走っていくと、

19

またまたナイスな撮影スポットが。

このあたりは、道の周囲の木々が伐採されている
からでしょうか、景色が良いところがとても多いです。

20

林道 梨野線」の終点は、
R257のすぐ横でした。

いつも通り過ぎる所ですが、意外なところに
あるもんです。

昼食後の探索は、

21

たどり着く先は、必ずシングルトラック。

22

うわぁ、行きたい、逝きたい。。。

27

行っちゃいました(笑)

逝っちゃった後は、

23

久しぶりの風車林道で本日の締め。

24

天気もよく、気温も比較的暖かかったので、
走り始めにはちょうど良い塩梅でした。

それでは、今年もよろしくお願いします。