カテゴリー別アーカイブ: 静岡:浜北周辺

観音山・名もなき完抜ダートを探して・・・


今日は、浜北、観音山周辺のまだ見ぬ、
完抜(どこかへ繋がっている)ダートを探しに行ってきました。

まずは、

1

2

林道 観坊線からアプローチ。

途中、トラ車の練習場所へちょっと寄りますが、

3

どこに抜けているのか自信がなかったので、
あまり深追いせず、

一番目の目的地、

6

林道 四ツ沢線の支線へ。
進入してすぐ、なぜか人間が”ここで”生活している雰囲気が。

6-2

沢の脇には、ミカンの山が!?
いったい、これは。。。

ちょっとびっくりしながら、

6-3

そこそこガレたダートを進みますが、

6-4

ダブル倒木で進行断念。。。

あとで地図を確認したら、

6-42

観音山林道へ僅か50m足らず。
無理して突っ込めばよかった。。。

本線に戻り、

6-5

ガレガレ道を進んで、

6-6

6-7

林道 四ツ沢線の終点。

ここから、更に進みますが、

7

8

道が無くなり、歩いて先を確認するも、
ちょっと厳しそうだったので、またも無念の撤退。

9

ここも、観音山林道へは残り約100m。

でも、走れば気持ちよさげな

10

沢があったので、
遡上していけば、もしかして繋がるかも??

ってことで、こんどは観音山林道からアプローチ。

その途中、グーグルマップで道が表示されていた箇所へちょっと寄ります。

10-2

ガードレールの脇から下っていくらしいですが、

10-3

倒木が多く、かなり難儀しそう。
そこさえクリアできれば、隣りの林道に行けるのに。。。

観音山林道の本線に戻り、ちょっと脇に入ると、

11

おぉ!これ行けるんじゃない?
っていうか、絶対誰か走ってる感じ。

さっきの場所とは位置がズレてましたが、
このまま下って沢沿いに降りていけば、
四ツ沢線に繋がりそう。
でも、今日はまだ先が長いのでトライしません(^^;

ちなみに、

12

路はまだ続いていました。
たぶん鉄塔まで続いているかな?

で、次に向かったのは、これまた観音山林道から伸びる、

13

鉄塔巡視路。
地図で確認すると、尾根づたいにかなりの距離がありそう。
っていうか、ここも倒木がすごいです。
こんななかを歩いて鉄塔の保安をしている方がいると思うと、
頭が下がります。

14

観音山林道の西側の探索のあとは、東側です。

15

新設されたばかりの作業路を進んでいくと、

16

あー!観音山林道までもうちょっと。
なんとか進もうと思いましたが、ここも倒木がすごくて。。。
近い将来、繋がりますね、ここは。

周辺を彷徨っていたら、

18

19

林道 深田戸線の起点表示。
ひさしぶりの初めて林道で、一気にアドレナリンがドッパドパ(^^;

出し過ぎちゃって、

17

亀の子状態に。
なにごともほどほどがよろしいかと。

深田戸線の終点からは、

20

21

なんとも楽しそうなシングルトラックが。

東側を探索したあと、今度は北東からダートに入ると、

22

地元の林業の方?がお昼休み中。
怒鳴られるかと思いましたが、とっても気さくな方達で、
この先歩きでも厳しいよ、と教えてもらったので、
戻ろうとしたら、

23

おじさんたちの後ろに、極上のシングルトラック&激ヒルクライムが
あるじゃないですか!?
でもこの路、下にある椎茸栽培のためにあるみたい。

収穫ゼロの失意の中、昼食を食べて、観音山林道本線に戻り、
なにげなく進んだ脇道から、

25

古道のような、ボブスレー道が下に続いていました。
何年も人が(バイクが)通った形跡がありませんでしたが、
雰囲気から、どうも里まで繋がってるっぽい感じ。
この日一番、抜けてる可能性がありそうな脇道でしたので、
次回、頭数を揃えて行ってみましょう。

冬の山は陽が陰るのが早いので、最後の探索、
観音山線前の山線を繋ぐダート探し。

42

下に道は続いているけど、あまりにも怪しいので
引き返して、反対側からアプローチするも、

41

この山に遮られ、またしても繋がらず。。。
帰宅してから、地図をよく確認したら、

40

たったの50m!!
あの山を登れれば、その先で観音山林道に出会えたかも、と思うと。。。
途中の倒木が無ければ、角度はいけそうだったよなぁ。

そんな感じで、前回の阿多古に続いて、近場の林道・脇道探索を終えてみて、
意外と開拓されていないだけで、探せば結構楽しそうなルートがありそうな感じ。

阿多古、観音山のルート開拓。
しばらくは続きそうな予感。。。

稜線沿いの極上ガレ場!!三大地(仮)線


観音山林道の全貌を明らかにしたあと、
途中分岐があった、浜北方面に抜ける支線を探索してみましょう。 稜線沿いの極上ガレ場!!三大地(仮)線 の続きを読む