カテゴリー別アーカイブ: 静岡:渋川周辺

県境の林道群探索!!鳶ノ巣/大日/川宇連線


”本当の進歩、そして本当の喜びは、危険を覚悟で今までとはまったく
違うことをやることでこそ、手に入れられるものなのだ。”

ティボール・シトフスキー

またまた前回からの続き。

愛知県道505号あたりの林道を探索したあと、
442号を朝霧湖方面に北上します。
その前にちょっとトイレ休憩です。

暫く走ると、鳶ノ巣山への案内板が道ばたに建っているので、
そこを右折します。

三叉路も案内板とおりに曲がります。

右に曲がると、すぐダートが始まります。
ほぼフラットで走り易い路面です。

暫く走ると愛知静岡県境に辿りつきます。
写真は愛知県の東海自然歩道の案内図。
今来た道を振り返ってみます。いい感じですね。

林道脇にちょうどよく休憩所があるので、すこし早いですが、
昼食を摂ることにします。

食後の一杯を頂きます。
がっつり食べて飲んだあとは、
この県境から延びている、「林道 向久保六田沢線」を
探索します。

路面は最初から荒れ気味ですが、バイクのタイヤが通った後が、
ところどころ残っているので、進むことにします。

四輪の轍がなくなり、一輪?だけの轍になっていきます。

もしかしてこの林道は地元オフローダーの間では有名なのかしら?
しばらくすると、道路は薮漕ぎ状態に。

そういえば、県境から道路脇にところどころ、
白いティッシュが括り付けられていました。

登山の道しるべかも知れませんね。
そしていつもの土砂崩れ。

なんだか、行く先どこもこんなのばっかりのような気が
するのは気のせい??

バイクが通った後があったので、”ゆっくり”進んで
いきます。が、、、あらら、


転倒してしまいました。イテテテ。足が挟まって
抜けないよぉー!

ゆっくり過ぎて、落石と木を乗り越りこえられず、
足が地面に着かなかったのもあって、思いっきり
バイクに右足が挟まれてしまいました。

がっつり挟まれて、まったく身動きできません。

ヤバい!!もしかして、自分の人生ここまでか!?
様々な思いが巡るなか、写真を撮ってなんとか足を引っこ抜きます。
危機から脱出してまず一息。。。

崖側の盛り土が壁となっていたので、谷底への転落は
免れましたが、かなり冷や汗もんでした。

バイクを引き起こして、現場から離れたところに置いて、
さらに一息。ふぅ〜。

冷静に転倒した原因を振り返ってみましょう。

1、生の木枝と大きな石に乗り上げてしまって、バイクが変な
タイミングで跳ねてしまった。


2、バイクと地面の距離が通常より高くなり、足が着かなくなった。

3、バイクが傾き、転倒。。。

バイクが跳ねるのを嫌がって、アプローチスピードが
遅かったのも原因のひとつでしょうね。

それでは何故、バイクが跳ね上がってしまったのか。
もっとも根本的な原因は空気圧でした。

前回、霧山でパンクした経緯もあって、今回は空気圧を下げずに
走行していました。(前:1.3、後:1.5)
せめて、前後とも、1.0ぐらいに下げていれば、転ぶほどバイクが
飛び跳ねることはなかったのかも知れません。当然、パンクする
可能性は高まりますが。。。

幸い、ほとんど停止状態で転倒し、自分の体が緩衝材となったので、
バイクの被害はまったくありませんでした。

挟まれた右足は、オフロードブーツを履いていたおかげで、
100キロ近いバイクに挟まれても、擦り傷一つありませんでした。
とはいえ、状況によっては、崖下転落。

↓↓↓ この映像のように ↓↓↓

やはり林道のソロ走行はかなり気をつけないといけませんね。
※もしどうしてもソロで行くのであれば、家族、友人等にどこそこに
行くから、何時まで連絡がなければ警察に届けてくれみたいな、
登山でいうと、入山届けみたいなのを個人的にやっておくことをお奨めします。

さて、まだ心臓がドキドキしていますが、
気を取り直して先に進みましょう。

土砂崩れも多々ありますが、一度転けたら、あとはどうにでもなれ状態。
どんどん進みます。

というか、転倒した場所よりも、こっちの方が状況厳しいですよね。
でも、難なくクリア。
そうこうすると、路面状態が奇麗になってきました。

暫く走ったら、愛知県道505号に繋がります。

  向久保六田沢線

このまま県道を走って、鳶ノ巣山の県境まで行くことは可能
ですが、ここは男。戻りましょう。
戻りの道は、行きよりも全然楽に通過できました。
一回通っていて、状況が分かっていますもんね。

で、再び静岡愛知県境に。

愛知県の東海自然歩道の案内板の横に、ひっそりと
林道表示があります。

「林道 鳶ノ巣線」

さっきの転倒ですこし気落ちしていますが、
心機一転、走り抜けましょう!
路面状況は向久保六田沢線とは大違い。

幅も広く、非常に走り易いです。

景色も開けている箇所があり、開放的です。
途中、「鳶ノ巣山」への登山口があります。

作業していた林業関係の方に挨拶して、先に進みます。

伐採が行われていない場所はさすがに枯枝が路面に
積もっていますが、さっきの道と比べるとラクチン。
結構飛ばせますよ。

この林道は、東海自然歩道も兼ねているためか、
道路脇に休憩所がいくつも設置されています。

支線がいくつか延びています。

どれかが、天竜の舞木林道に繋がっているかも。。。
後日調査してみましょう。

暫く走ると、三叉路になり、ここで「林道 鳶ノ巣線」は終了です。

  鳶ノ巣線

この三叉路から左に行くと、「林道 大日線」
右に行くと、「林道 川宇連線」になります。
それではまず最初に「林道 大日線」に行ってみましょう。

と、またまた長くなってしまったので、今回はここまでにしましょう。
おつかれさまでした。

城山浅間山周辺の林道探索〜浅間/六田沢栃木線


11月の最終週末。
またまた、引佐地区の林道探索です。

ま、正確には、渋川、東三河方面だと思います。
浜松から都田経由で北上し、県道47号で渋川方面を
目指します。

今回は、前回途中までだった、寺野線からの
分岐を中心に探索に向かいました。

渋川へ向かう途中で林道発見。

「林道 珍撓(ちんどう?ちんだ)線」
残念ながらどこまで行っても舗装&コンクリートの
簡易舗装が施されていましたので、途中で引き返しました。
注)後日再確認したら、ダートが半分以上残る、なかなか良い林道だと
分かりました。

   珍撓線 約4.2キロ

県道に戻り、渋川から県道298号に入り、
静岡愛知県境へ。

「林道 六田沢栃木線」

そうです、今回は愛知県側から入ってみることにしました。
しかしこの林道。グーグルマップで事前確認したら、
やたらと奇麗だったので、ちょっと不安が残ります。
看板が少し気になりますが、とりあえず行ってみましょう。

山が崩れてますね。

すこし走ると、珍しいH字型の交差点があります。

左に曲がると、静岡県側の浅間山方面へ抜けれます。

曲がり角の傍らに林道表示。
「林道 寺野浅間線終点Ⅱ」とあります。
まずは静岡県側に抜けてみます。

抜けたらまた林道表示があります。

「林道 寺野浅間線起点Ⅱ」
。。。ん?なんて短い林道でしょう。
ほんの何十メートルしかありませんでした。

  寺野浅間線Ⅱ

気を取り直して浅間山方面にいきます。

路面は、まだ舗装路です。
しばらく走ると、
「林道 寺野浅間線終点Ⅰ」の表示があります。

ということは、さっきのT字路からここまでの区間は別の林道?
う〜ん、よくわかりません。
で、この表示があるところから、ダートが始まります。

ちょっと急な登り坂で、路面はところどころ荒れてはいますが、特に
走りにくいわけではありません。
あいかわらず、杉かひのきの落ち枝が無数に路上に
散乱していますね。

すこし登ったところに、浅間神社入り口の鳥居があります。

その前は、車が何台か置けるスペースがあり、
このときも、地元の軽が一台停まっていました。
犬の散歩がてら、かんたんなハイキングに来たような
感じでした。

鳥居の脇には浅間山山頂へ行く、登山道らしき道があります。

よく、こういう登山道を走るオフロードの人たちがいますが、
気持ちは分かりますが、やはり、そこは人が歩くための道なので、
自重したほうがよいかと。

鳥居を過ぎると、道はすこし下っていき、

前回写真を撮った、三叉路に繋がります。

林道の終点表示がありませんでしたが、たぶんここまでが、
林道 寺野浅間線Ⅰだと思います。

次に、これも前回保留にしていた、林道 寺野線の上に続く分岐道を
探索します。

そう、ここです。
さっそく登ってみます。

というか、すごいですね。ほんとうに登れるかな?

なんとか登ってみたものの、行き止まりでした。残念。
寺野線本線に戻って、前回行かなかった、日比平城山線の残りを走りにいきます。
と、その前に、さっきのT字路を反対側に行ってみることに。

案の定、全線舗装です。

血洗井戸です。

そして入り口。

「林道 寺野浅間線起点」表示。
浅間線の開通記念碑も建ててあります。

浅間→寺野浅間線と、名称変更したようですね。

  寺野浅間線

また寺野浅間線に戻り、寺野線本線を走り、日比平城山線との
分岐ポイントまで戻ります。

ここから上に上がっていきます。

ゲートがありますが、開けっぴろげになっています。

路面は走りやすい感じです。
途中、阿寺に抜けると思われる分岐があります。

そこから登ってすぐに、城山山頂に到着します。


地元では有名な、二本の電波塔があります。
奥の電波塔脇に城山に登る登山道があります。

たぶん、ここも地元のオフロード乗りの人が走っちゃってるんだろうなー。

  寺野線

城山山頂で一服して、阿寺方面に抜けれる林道を探索しようと
思っていたら、生憎整地作業中。

なんども大きな声で叫んだけど、
ユンボのエンジン音には敵わず、しかたないので、また寺野線を
戻って、静岡愛知県境に行き、残りの林道 六田沢栃木線の状況を
確認しにいきます。
今日だけで、寺野浅野線を三回も走ってしまいました。

県境から先の林道 六田沢栃木線ですが、

法面が崩れてたり、一部ダートもありますが、
ほとんど舗装されていました。

出口は、愛知県道442号にぶつかります。

  六田沢栃木線

長くなったので、今回はここまでです。

山頂でパンク!!ロードサービス初依頼!霧山線


引佐地区の林道探索レポートの最終回。

前回の「林道 日比平城山線」の出口から県道359号に
入り、南下して暫く走ると、県道47号と合流します。
渋川方面へすこし走ると、左手に遠鉄バスの停留所がありました。

「霧山入口」
たぶん、この辺から山側に入ればいけそうな感じ。

バス停の向かいに橋があり、自動車修理屋さんがあります。
いけそうなので行ってみます。

道なりに走っていくと、未舗装路が分岐していたので、
そちらに行ってみることに。

ちょっとやばそうな雰囲気。
戻って本線を再び走行します。

オシャレな民家の前を通りすぎると、奇麗なダートが見えてきました。
もしかして、これかな?

脇道もありますが、どうも通り抜け出来なさそうな感じですね。
パスして、再度本線を走っていきます。

砂利道のフラットな路面で走り易いです。
しばらく走ると、分岐があります。

本線は左にカーブしている道だと思います。

分岐点の傍には林野庁の看板があります。

う〜ん、どっちにいこうか。

直感で本線ではなく、直進してみることにしました。
すこし入っていくと、

来ました!
「林道 霧山線」起点ポイント発見です。
林道探索は宝探しみたいで童心に帰りますねー。
小さい頃、住宅地の家の塀の上を歩いて、どこまで
行けるか、かわいい冒険をしていたのを思いだします。

そんなこんなで、
霧山線をこのまま登っていくことにしました。
道はすこし荒れていますが、特に問題ないレベルです。

写真では見えづらいですが、左側に池がありました。
なんで、こんなところに?

暫く走ると、また分岐点です。
直進が霧山山頂。左に折れていく道は、、、東大?沢、、ちょっと
読めません。でもその下に”川名の道へ”と書いてあります。
たぶん、「林道 霧山線」の本線は左だと思います。
でも今回はあえて、霧山山頂方面に向かいます。

しばらく走ると景色が開けてきました。

お茶畑のようです。かなり気持ちの良いところ。
この先すこし登ってみましたが、道が途中でなくなっていました。

さっきからお腹が空いてたいへんだったので、この景色の良いところで
すこし遅いお昼を食べることにしました。

行きがけに買ってきたカップ麺とおにぎり。
景色がよくて、ハイキングに来たみたい。

すこし曇っていますが、遥か先まで見渡せます。
気持ちよくお昼を食べて、さぁ、行こうか、と思ったら、

なんと!!フロントタイヤがふにゃふにゃ。
そう、パンクしてしまいました。。。
エア圧落として、気持ちよくダートを走り回ったからです。。。
たぶんリム打ちが原因。

どうしようか。里まで降りるっていっても、かなりの距離が
あります。

しょうがない、保険のロードサービスを使おう。
と思って、バックの中の携帯を取り出そうとしたら、
携帯忘れたのに気づきました。。。最低、最悪です。。。
いや、バイクじゃなくて、僕がです。

歩くようなスピードで、山を降ります。

空気のなくなったフロントタイヤはズルズルすべります。
なんとか、県道から入ったところに戻ってきて、
自動車屋さんで空気を入れてもらい、
井伊谷の街まで国道の端をゆっくりと自走。

ほんとうはパンクしたまま走行すると、
チューブはもちろん、へたしたら、ホイールも
ダメになってしまう可能性もあるのですが、
なんとか暗くなる前に道筋を立てておかなくては
なりません。

井伊谷の自動車修理屋さんでまた空気を入れてもらい、
バイクのパンク修理が出来るらしい、金指の農機具屋さんに
向かいます。

空気を入れても、すぐに無くなってしまう状態で、
なんとか到着。

でも残念ながら、
10キロ以上走行したので、チューブ交換しなければいけない
とのことで、結局ここで電話を貸してもらい、
ロードサービスをお願いしました。


車載車に載せられたSL230。

このあと、自宅まで運んでもらい、
次の日もまた自宅からバイク屋さんまで
運送してもらいました。
でも、すべて任意保険でカバー。
やっぱりというか、保険は入っておくべきですね。

ということで、皆様もパンクと携帯忘れには、
注意してください。

<<IRC GP-22 感想>>
履き替えてからすこし時間が立ちますが、
遅ればせながら、インプレッションです。

他のタイヤと履き比べての感想ではないですが、
非常にいいと思います。

砂利や土、土砂ともにしっかり食い付いてグリップ
してくれますし、リアが流れる場合も唐突ではないので
そこから復旧するにはそんなに難儀ではありません。

ただ、それはタイヤがまっすぐになっている場合だけで、
すこし寝かした、コーナーの途中では、ちょっとグリップが
足りない感じがしました。タイヤ横のグリップが弱い感じ
と言えばいいでしょうか。
それと、草が生えている場所ではツルツル滑って怖かったです。
これらはどのオフロードタイヤも同じなのかなぁ?

まぁ、今回走ったような道ではグリップせずに前に進まない
ケースはまったく無かったので、値段を考えればいい買い物
だと思います。

杉林の中を壮快に進む!!寺野/日比平城山線他


前回から引き続いて、引佐地区の林道巡りレポート。

「林道 観音山一号線」を後にして、「林道 日比平城山線」に
県道298号からアプローチをします。

その前に、渋川唯一のGSでガソリンを入れます。
ついでに、フロントタイヤのエア圧が減ってきている感じがしたので、
エアも入れてもらいました。

今思えば、このときから悪夢が始まっていたのかもしれません。。。

それはそうと、次の林道への
細かい入り方がわからないので、とりあえずここらへんから、
入ってみます。

暫く走ると、通行止めに。

バリケード脇から失礼して侵入すると、

結構、ガッツリ逝ってました。
9月の台風の影響は相当です。

通行止め反対側から。
上を走ってるのは、三遠南信自動車道。
で、ここを写真で言うと、右に曲がると、

林道らしき道が現れてきました。
早速戦闘開始?

。。。早々に戦意喪失で退散です。
さすがにこの道行くには一人では怖い。

入り口付近にあった看板。
林道名は書いてなかったけど、
どうやら川沿いに道は続いているみたい。
復旧する見込みはあるのかな?

来た道を戻って、先ほどの通行止め箇所から出て、
右に暫くいくと、

こんな看板がある道に出ました。
「NHK中継所」と書いてあるので、そちらに向かってみます。

暫く走ると、左に延びる道路があったので、
そちらに行ってみました。

ひゃー、すごいことになってます。
杉の枝が走行中にバイクのいろんなところに
絡まっちゃってたいへん!この先大丈夫かな?

杉の枝の大群を抜けると、道が奥に続いていました。
行ってみましょう。

行けませんでした。行き止まりみたい。

でも、あれ?なんか看板があるぞ。

「造林用作業道」「一般車通行禁止」と書いてある。
ということは、この先に道があるってこと?
それにしても、道らしいものは見当たらない。
埋もれてしまったのかも。
とにかく、これ以上先に進めないので、来た道を戻ることにしました。

本線をさらに走っていくと、高い場所に出てきました。
下には三遠南信自動車道のトンネルが見えます。
それにしてもいったいここどこ??

道は緩やかに登っていく感じで、そこそこ通行している車両が
ありそうな感じ。もしかして、うまく抜けられるかな?

おぉ!!林道表示がありました!
「林道寺野線」う〜ん、聞いたことないなぁ。
もしかして新しい林道かな?
路面の状態は、

結構いい感じです。
では早速走行開始!

ちょっと荒れ気味の登り道ですが、
道幅も広く見通しも良いので安心して走行できます。

最近施されたと思しき舗装路もとびとびにあります。

ほどなく入っていくと、分岐があります。

地元の方が作られたのか、アルミ板を打ち抜いた手製の看板。
右に行くと浅間山方面みたい。

その浅間山方面の道はちょっと荒れ気味です。
たぶんこれが、「林道浅間線」です。浅間山山麓を走って、
渋川に抜ける林道だと思いますが、今回はパスして、
次回に取っておきます。

本線を走行し、城山方面に登っていきます。

杉林の中を走り抜けます。
気持ちいいですね。

途中でまた分岐点があります。
たぶん城山方面に登っていく支線(もしかして鳳来に抜けれる?)
だと思いますが、路面はかなり荒れていて、ガレ場に近い感じで、
大きな縦溝もあります。
これも一人だとちょっと躊躇しちゃいます。何れ探索したいなー。
なので、今回は「林道寺野線」をそのまま走行。

景色が見渡せる場所も少ないですがありました。

木が倒れてます。
暫く走っていくと、またまた分岐点に。

ここが「林道寺野線」の終点。
前を横切っているのが、どうも「林道日比平城山線」
のようです。
でも、今回はそのまま下に下ります。
この辺の本格的な探索は次回以降ですね。

途中、田沢城跡の看板があります。
こういうのがあると、位置が正確に把握できるので
嬉しいですね。

路面はほどよく締まっていて、走りやすいです。
道路はすこしずつ高度を下げていきます。

舗装してある道もところどころ出てきたときに、
またまた分岐点。

「林道 水呑場線」の起点です。
ちょっと寄り道してみましょう。

うわぁ、いきなり入り口から
木々が道いっぱいに倒れ込んでいます。

先に進めないこともなさそうだけど、
これも今回はパスします。というか、次回への持ち越し多すぎですね。
まぁ、それだけこの辺は林道の宝庫という訳です。

本線をそのまま下っていくと、段々道が荒れてきました。
法面も崩れています。

土砂が崩れて道を覆っています。
四輪は厳しいかも。

通り抜けた後から撮影しましたが、
路肩も崩れて、倒れた木々が寄りかかっています。
う〜ん、かなり酷い有様。

出口です。
案の定、通行止めのバリケードが立ってました。
この林道入り口の前には、

このような、大きな配水所がありました。
「日比平配水所」と書いてあります。
ということは、今下ってきた道が「林道 日比平城山線」
なのでしょうか?道中まったく表示がなかったので、
確信できませんが、たぶんそうかもしれません。

この分岐を左折して更に下っていくと、

更に広い道に出てきました。
入り口に「田沢城跡」の矢印看板があります。

合流地点を右に行き、みかん畑の中を下っていくと、
引佐北部小学校の横のT字路にぶつかります。
左右を走っているのは県道359号。

左折して、次の目的地、悪夢!?の「林道 霧山線」に向かいます。
つづく。。。