カテゴリー別アーカイブ: 林道

森町・春埜山周辺の廃道酷道探索 〜 春埜山参道線2


春埜山参道線の探索レポートのパート2。

今回は分岐から先をレポートします。
*この支線?の探索は、本線探索とは別の日にしました。

前回は、この分岐から直進して、「林道 大平線」
に合流しました。今回は右へ下る道に行ってみます。

分岐から直ぐは、

下り勾配がそこそこあります。

一昔前は、深い雨水溝があったり、丸太が
転がっていたりといった、超ハードな林道
らしかったのですが、残念ながらここも
既に整地済み・・・。

ちなみにこの日の探索は、
ダブルセローのMKさんとUYさんにご同行頂きました。

路面はフラットになっていきますが、道路の両方向から
の植物の浸食が激しく、非常に走りづらい。
まるでジャングルのよう。

ジャングルを抜けると、幾分道幅も広くなり、

普通の林道の感じに。
と思いきや、

路面がドロドロ。

探索当日、リアタイヤはツーリング用のIRC GP-210
だったので、リアが滑りまくって”タコ踊り”状態。
スタックすると自力脱出が厳しいので、勢いで
クリアします。

泥遊び場を過ぎると、

路面はまた林道らしくなり、

左から伸びる本線に合流。

大平線に入り、そのまま下って、

大平線の県道63号入り口へ。

県道63号の「林道 大平線」入り口。

 

 

「春埜山参道線」
実はネットで調べて、相当荒れているとの事前情報を
入手していたのだが、如何せん、情報が古かったみたい。
以前紹介した「三倉林道」然り、森町の極荒れ林道は
淘汰されてしまったのだろうか。。。

広告

森町・春埜山周辺の廃道酷道探索 〜 春埜山参道線1


春埜山林道の周辺林道探索はまだまだ続きます。

前回ご紹介した「滝沢線」入り口を過ぎて、
春埜山林道を更に北上していくと、
右手に分岐が現れます。

路上に朽ち果てた「悪路注意」の看板。

この道は、森町・三倉に抜けれるようです。

「悪路注意」と書いている割には、

入り口付近はご覧のような超フラットダート。
砂利がまだ新しいので、最近重機で整地された感じ。

では早速探索開始です。

この道への入り口は、ペアピンカーブの途中にあります。

超フラットダートを少し下っていくと、

分岐があります。
本線は左側。右側の道は地図上だと行き止まり、のはず?

それにしても、めちゃくちゃ奇麗に整地されてますね。

たまに整地されてない部分もありますが、
悪路とはほど遠い感じ。

広めの馬の背を通り、

爽快に尾根を快走。路面は相変わらずのフラットダート。
勾配も緩やかでこれなら初心者でも大丈夫そう。

しばらく下って、

分岐です。ここは道なりに右へ。
左はたぶん行き止まりかな?

路面は相変わらずフラット。

この林道唯一、太陽が拝める箇所。
雄大な景色は、このダートにはありません。

下り勾配がすこしずつきつくなっていき、

※注意※
7月22日通行時、下写真のように、
この付近で法面が崩れていましたので注意してください。

ヘアピンカーブ。

対向車(バイク)が来るかも知れないので、
ブラインドコーナーではキープレフトです。

ヘアピンを超えて、またヘアピン。

そしてフラットダートへ。

しばらく走っていくと、

ん?前方に何かある?

バリケードが設置してあり、黄色のロープが道を
横断しています。

ここも分岐になっており、
直進と右へ下る枝線があります。

ちなみに直進する道はここから完全舗装されていて、

暫く走って、茶畑の中で「大平線」に接続します。

電信柱の脇に「春埜山→」と書かれた看板有りました。

それでは、先ほどのバリケードがあった所から、
右へ下っていく道の様子はというと。

それは次回のお楽しみ。

お疲れさまでした。

森町・春埜山周辺の廃道酷道探索 〜 滝沢線


春埜山周辺の林道探索。
前回の「白山作業道(仮)」へ至る、春埜山林道の
取付箇所から、更に北上していくと、
左手に分岐している林道があります。

*写真の奥、法面の上になにかがいるよ!!

「林道 滝沢線」
林道入り口には、通行止めの看板が倒れていますが、
気にせず?行ってみましょう(笑)

起点からダート。これは期待できそう。
と思って走りだしたら、

前方の法面上に走っていくイノシシ?発見。
林道を走っていると、いろんな動物に遭遇しますね。

イノシシ君を抜いて進んでいくと、

結構な崩落が待っています。
四輪は厳しいけど、バイクなら余裕で通過。
崩落箇所から下り勾配が大きくなっていきます。

案外標高が高いみたい。
暫く進むと、

前方にすごい角度のヘアピンと、
急降下していくような勾配のダートが。
まるで、崖から飛び降りるような感じ。
ちょっと怖いなー。

きついコーナーRと下り勾配のヘアピン。
ガレてないのが救いです。

右へ左へ、急勾配のヘアピンカーブが続きます。

ガードレールの様子で、
山の側面を這うように道が造られているのが
よく分かりますね。

それにしても、ここまでして、ここに道を造る理由って
なんだったんだろう。

その後、

高度をどんどん下げて、

コンクリの簡易舗装へ。

ほどなくして、集落脇に辿りつきます。
合流した舗装路は、県道389号。

その道端には、朽ち果てた林道標示。
 


林道 滝沢線 約1.2km
 

距離が短いが故に、かなりの高低差を下る(登る)ので、
高所恐怖症気味の僕には、ちょっと怖かった。

この林道は、春埜山林道から、春野町胡桃平集落へ
抜けていますので、森町から春野へ、またその逆で、
林道から林道への繋ぎとして走行するのがいいかと思います。

今回もお疲れさまでした。

【 林道探索速報 】注意一秒、怪我一生・・・


日頃の行いが良いのか、
それとも悪魔の手招きか、
天気予報は外れ、ひさしぶりの
真夏の天気に。

林道探索準備万端のバイクに早速跨がり、
最近のマイブーム、龍山周辺へ出かけます。

R152から、「青谷」方面へ。
澄み切った空がなんとも。

まずは、舗装林道の「柳沢線」。

これも舗装林道「大庭線」。
ダートはどこかいな。

あった、あった。

「林道 トウマンジ線」
なんと淫靡な名前でしょう。

それはそうと、リアに履いているミシュランのAC10。
濡れた舗装林道では、ブレーキかけても、アクセル捻っても
滑りまくり。
下りでも、リアブレーキ掛けれません。

これを”公道走行可”として、販売しちゃだめでしょう。

そんなこんなで、

素晴らしい景色が開ける林道発見!

さすがに標高1000m近くあると、暑さはかなり軽減されますね。
とはいえ、暑いことは暑いですが。。。

白山神社。
来ちゃいました。
この先は、

なんと、”悪路”

フロントフォークの突き出し量を変えて、
コーナリングもいい感じになっていたので、
俄然、気持ちが昂ります。

結構ガレていた、「椎ヶ沢林道支線」を
気持ちよく走って、次の林道を探索していたら、

転倒です・・・。
倒れた時に何故か指先が地面に・・・。

パックリいっちゃっいます。
※クリックすると、モザイク無しの画像になりますので、
注意してください。

よそ見をして、逆バンクの路面で不用意にハンドルを
切ってしまい、フロントから滑ってしまいました。
反省、反省。

絆創膏を忘れたので、補修用のビニールテープ?
を巻いて探索再開!!

「地八林道」への屈強ゲート。

さすがにこれは通れません。

まだ夕方までに時間がありましたが、
クラッチレバーを一差し指と中指だけで
操作するのは疲れるので、これにて探索終了。

ふぅ〜、疲れた早く帰ろう。

と思っていたら、またまたキャブが愚図って、
万事休す。

スロージェットでアイドリングを目一杯あげて、
路肩をとことこ走って近くのホムセンで
クレのキャブクリーナーをゲットして、
なんとか自走して帰宅。。。

転倒、怪我、そしてバイクのトラブル。

まぁ、いろいろあった楽しい?一日でした。