カテゴリー別アーカイブ: 林道

え?こんなところに!?寺朗線他


林道 道環線を探索し終わったあと、
天竜・熊に向かう途中の阿多古集落から、観音山へ延びている
林道を探索。

舗装路からダートへは、このように”それとなく”変わります。

茶畑の中を登っていきます。

道幅は狭く、路面状態もだんたんと悪くなっていきます。

路肩崩壊。

写真以上にガレています。

地図ではどこにも抜けていない様なので、これ以上危険になるまえに
ここで引き返しました。

  不明林道 約0.8キロ

で、あたりをフラフラ探索していたら、

「林道 寺朗線」
発見しちゃいました。入り口からダートで、道幅も広いような感じ。
早速探索開始です。

思ったとおり、道幅もそこそこ広く、浮き砂利も少ない快適林道。

勾配もほとんどなく、等高線上を走り抜けていきます。

時たま、登ったり。

泥系もすこしあります。

しばらく走っていくと、結構勾配がキツい坂を登って、

林道終点表示があります。
ここから、右に曲がる道と開設中らしい作業路に分かれます。

こっちは右に曲がっていく道。
開設中の作業路の方を先に探索します。

先ほどの本線と同じような走りやすいフラットな道です。

暫く走っていくと、小さなユンボがまさに道を切り開いている真っ最中
でした。邪魔しては悪いので、さっきの分岐に戻ります。

寺朗線の終点分岐。
右下から上がってくる道が寺朗線本線。
左の道に行ってみます。

道幅は狭く、廃道の雰囲気が。

雨水溝で道が抉られております。

勾配は結構あります。道はまだ続くけど、

路面状態はかなり悪くなります。
登りだと厳しいので、このへんで探索終了。

  寺朗線 約1.5キロ

え?これぐらいで戻っちゃうのって??

確かに後から映像を見てみると、まだまだ行けそうでしたが、
この日はそういう気分だったということでしょう(笑)
地図で確認すると、この先登ってすぐ、市道らしき道に合流しそうです。

次回は、久しぶりに行った、舞木林道の模様などをレポートします。
今回もお疲れさまでした。

全舗装になる前に是非!!安蔵線、松山線他


林道 東嶺線を探索した時、地図で北側に平行して走る道があり、
気になっていました。
今回そこをメインに探索することにしました。

「林道 安蔵線」
早速参りましょう!

林道入り口から舗装が続きます。

探索したのは昨年秋から冬にかけてなので、紅葉がまだ少し残って
いました。なんかいい感じですね。ほどなく登っていくと、

舗装工事用なのか、開けた場所がありました。
いやー、周囲の山々が見渡せて景色がいい。でも、風が強くて
かなり寒かった。

時間も頃合いだったので、ここで昼食に。やっぱり椅子を持参しなきゃね。

昼食後、探索再開。舗装されているけど、景色は最高です。

暫く走ると、舗装直前のダートに変わります。

大きな段差があるので注意して走ります。

ほどなくして、踏み固められたダートが始まります。
ここも何れ舗装されるのかな?

道幅はそこそこ広いです。砂利敷きではないので、ハンドルが取られることも
ありません。

路肩崩落は修復済みでした。去年の秋の台風の爪痕は至るところに。

暫く走って舗装路に変わり、

またすこし走ってダートに。

いい感じですね。
でもまたすぐに舗装路に変わり、

終点まで続きました。

  安蔵線 約5.3キロ

林道 安蔵線を探索したあと、道を下っていくと、風情のある神社がありました。

後で地図で調べてみると、「百合若神社」という名前でした。
参道の苔むした感じと周囲の真っすぐに伸びた木々。山岳神社という感じ
ですね。ちなみに「百合若」とネットで検索してみると、いろいろな事が分かって
おもしろいです。身近に何気なく有るものでも、いざ調べてみると、古い歴史が
あるものだったりしますからね。

閑話休題。

百合若神社横を登っていく道を進むと、道はダートに。

林道というよりも、作業道といった感じ。
道幅は広くはないが、めちゃくちゃ狭くもなく、ガレたところも少ないので
走り易かったです。

分岐がいくつかありますが、どれも行き止まりのピストン。

行き止まりのところは
広くなっているので、方向転回も非常に楽です。
でも結局どこにも抜けておらず、また百合若神社のところまで戻ります。
そこから暫く下っていくと、林道発見。

「林道 松山線」

昭和60年というと、1985年。今から26年前ですね。

残念ながら全線舗装のまま、集落の外れに出てきます。
この林道は、林業用というよりも、生活道路のような感じがしました。

  松山線 約3.2キロ

次回は、熊周辺の林道を再度走りに行った模様をレポートします。
お疲れさまでした。