カテゴリー別アーカイブ: Kawasaki ER-6n

尉ヶ峰頂上制覇!?


前回からの続きで、三ヶ日の大谷林道を探索したあと、
富幕の集落まで来ました。
地図で確認すると、この集落から尉ヶ峰山頂へ至る道がある気配。
右往左往していて、なんとかそれらしい道を見つけることに。

舗装路からダートに変わります。
林道の標識は探したけど、見つけられませんでした。

ほどよい登り勾配で路面はほぼフラット。浮き砂利も少ないです。
それに道幅が広いのが嬉しいですね。

ストレートの距離はあまりないですが、カーブのRがキツくなく、
ほどよい速度で走れます。

ほとんどのカーブはだいたいこんな感じ。

しばらく登ると、コンクリートの簡易舗装に変わります。

そのままどんどん登っていき、

教会のような白い奇麗な建物がある、頂上らしきところに辿りつきます。

教会横と、頂上らしき所に登る道二本、そして本線らしい、下に下っていく道の
五叉路になっています。どの道にも進入禁止のゲートらしきものがないので、
私有地ではなさそう。

どの道に行ければ分からないので、とりあえず、
そこから更に登っていく未舗装路の道へ行ってみます。

牧場?それとも何かのグラウンドらしい、造成された大きな広場を右に
見ながら進みます。

馬を繋ぐようなものがありますが、牡馬さんはいません。というか、
人の気配がまったくありません。いったいこれらは何の施設なのか?
もしかして何か宗教的なものに関係している??

広場を過ぎるといきなり林の中に入っていきます。と同時に、
左から合流してくるもう一本のダートが視界に入ってきます。ん?

しばらく走ると、二つの道は広大な幅の一本の道になってしまいます。
え?なになに?

ハイキングをしている人がいたので聞いてみると、
どうやらここはハイキングコースと林道が併設されている箇所らしい。
地元の方で何回もこのコースを歩いている人らしく、
右の道は林道だから車もバイクも走っていいんじゃん?と仰って
頂いたので、なんら背徳の念を抱かずに先を進むことに。

暫くすると、左に登っていく道と、しっかりと四輪の轍が残っている
直進する道とに分かれていきます。

登山道らしき道と袂を分けると、路面は林道っぽい道に変わっていき、

いきなり車道が途切れて、細いシングルトラックに合流。
写真右上あたりから、大人数の人の話し声が聞こえてきたので、それが尉ヶ峰に
至るハイキングコース(登山道)だと推測できたけど、なにも知らないでバイクで
ここまで来たら、普通にこのシングルトラックの道を登っていってしまうだろう。

合流地点から、左から登ってきている道を撮影。

登山道の合流地点から林道側を撮影。

湖西の嵩山を探索したときもそうだったが、事前になんの案内もないまま、
いきなり登山道に合流してしまうのは如何なものだろうか。
登山道に合流する道なら、それなりに車両規制か注意書きが道中にあるべきだと
思うのだが。

今回は途中でハイカーに逢って話しが出来たからよかったが、そうでなかったら、
何の疑問も持たずに進入して、ハイキングしている人達からかなり冷ややかな
視線を浴びたことだろう。

ちなみに、この合流地点のすこし下にバイクを停めて、登山道を登っていくと、

尉ヶ峰の有名な頂上のモニュメントがすぐそばにあった。

さすがに眺めは素晴らしい。

早めの昼食をハイキングをしている人達の間に混じって摂ったあと、
さっきの五叉路に戻って、残りを探索することにした。

その模様はまた次回に。

広告

バイクと僕。


いつからバイクと付き合っていたんだろう。
ふと、そんなことを考えた。

生まれて初めてバイクに跨ったのは、たぶん5歳ぐらいだろうか、
おやじが運転するXRのようなオフロードバイクのハンドルとガソリンタンクの間に座った記憶がいまでもある。

それから何十年。
大学を卒業して、東京で定職に就かずぶらぶらしていた頃、
その当時収入がよかったバイク便をやろうと思った。
でもバイクも免許もない。
急いで教習所に通って中型免許を取って、バイクは車関係の知り合いからやすく譲ってもらった。
バイクはスズキのRA125.


そう、2ストのオフロード。
この当時でさえ、かなり古い部類に入るバイクで、尚且つ、2ストで日々走り回る
仕事は向かないかな、と思っていたところ、やはり案の定、勤務中に動かなくなってしまった。

早急に新しいバイクを見つけないと仕事が出来ないため、なぜだかホンダのAX-1を購入した。


これもオフロードタイプというか、当時流行り?のデュアルパーパスを言われる、
オンオフ両方走れるようにしてあったバイクだった。
都内の道は狭く、車の間をすり抜けるにはちょうど良いバイクだった。
車道ぎりぎりによっても、ステップが歩道の縁石に当たらないのも、このタイプのバイクを買った理由だったろう。

その後バイク便はあまりにも危険だったので辞めてしまい、
今後の人生のこともあり田舎に戻ることにした。

引越し業者に無理を言って2トントラックに便乗して運んでもらったAXー1。
しばらくは、田舎の道をとことこ探索しながら走る道具に使っていたが、
自宅のバイクのスペース関係で手放した。

しばらくバイク無しの生活を送っていたが、やはりどうしても乗りたくなって、
オークションで以前から気になっていたヤマハのSRX400を購入した。

が、購入した初期型のSRX400は安いなりにガタガタでどうしようもなかった。
なので、すぐさま売却し、程度の良い後期型のものを販売店から購入した。

SRX400は購入してすぐに、スーパートラップを付けた。が、
とても煩くなってしまい、その後仕事が忙しくなったのもあって、
ほとんど乗らなくなってしまった

乗らなくなってから6年経過、海外から日本に帰ってきて、自分の乗り物が無いことに気が付き、直して乗ることを決意。
いろいろ直している間に、バイクに乗りたい衝動が大きくなり、
不動車だったSRX400をなんとか車検を通して、まっとうに動かすようにした後、オークションで売却。

欲しいバイクが660CCで、なおかつ大型免許が教習所で取得できると知り、不惑の年であったが教習所に通うことに。

免許取得後に購入したのが、カワサキ ER-6n

初めての大型そして、初めての単気筒以外のバイクで、とても乗りやすかった。
しかしなにか自分の求めているところと違うような感じがした。
購入して2000キロぐらい走行したとき、ふと寄ってみたドゥカティのお店で
モンスター796の下取りとして売却してしまった。

そして今乗っているのが、このドゥカティ モンスター796。

でも、もっといろんなところに走りにいきたいと思い、ホンダのSL230も購入。

そして現在に至るわけである。

ドゥカティモンスター796購入


どんなものでも完璧なものはない。
ER-6nにも多少の不満はあった。

例えば高速での巡航はその着座位置のために風をもろに身体に受けるので、
法定速度以上は出したくても出せなかった。
カウルらしきものは付いているが、あまり効果が無かった。

スタイルも初めは格好いいと思っていたが、乗っていくにつれ、あまり魅力を感じなくなって
しまった。特に後ろのフェンダーあたりはまるで天狗の鼻のようになっていて、
個人的にとても歪に感じ始めていた。

そんななか、
たまたま寄ったドゥカティのお店でmonster 696を試乗させてもらった。
ER-6nと比べると、すべてがソリッドでストイックな感じだった。
僕が求めていたのはこれだったのか!?

翌週にはER-6nを下取りに出して、Ducati Monster 796を購入した。。。

伊勢南紀ツーリング with Kawasaki ER-6n


Kawasaki ER-6nが手元に来てすぐの残暑が厳しい中、僕は早速和歌山へキャンプツーリングに出かけた。

リアにはSRX400で使用していた工具入れをそのまま装着。
装備もほとんど同じだが、前回はガスランタンのマントルが壊れてしまい、夜が怖かったので、
マントルの新品を購入し、またもうひとつ、小さなランタンを購入した。

三重県志摩での第一泊目。海が見渡せる高台にある、とても気持ちのよいキャンプ場だった。
朝露にmossテントのフライシートがびしょびしょになってしまい、防水性がかなり落ちているのが
明らかだった。次回までに修復しなくては。

言い忘れたが、今回のルートは、浜松から伊良湖へ行き、そこからフェリーで三重県へ。
海沿いを南下して、和歌山あたりから山に向かい、高野山に寄ってそのまま和歌山奈良県境を東に進んで
三重県に戻るという、おおまかなルート設定をしていた。


伊勢志摩のパールロードは道も奇麗で走りやすく、景色も最高だった。
ただ、今年は9月が近くなっても暑さが弱まらず、バイクに乗っている間は良いが、
いったん停まると汗が瞬時に湧き出てきた。
特に夜のキャンプは、海が近いため湿度が高く、うちわで仰ぎながら毎晩床についていた。

初めて、それもバイクで走る伊勢から南紀にかけての道は、見るものすべてが新鮮だった。
北陸にSRXでツーリングしたときもそうだったが、同じ道でも舗装やガードレールの感じが微妙に違っていたり、
何故か石川、富山の舗装路は赤茶けた錆色だったりした。

地元のお店に入って、地元に人たちがその地方の方言で喋っているのを聞くと、
なんだか外国に来たような錯覚を覚えた。
バイクで旅するほうが、四輪で行くより、なぜだかそんな感動が多いような気がする。

和歌山県内の道の駅にて

この頃から、街道沿いにある「道の駅」が旅情気分を盛り上げてくれることを知った。
コンビニがあると安心するが、旅行に行った先では極力入りたくない。

途中、クジラ漁で話題になっていた太地町によってから、二泊目予定地の
紀伊大島のリゾート大島という処でキャンプを張った。
値段はたしか2000円だったような気がする。
海水浴シーズンが終わって客がほとんどない状態だったが、
たまたま同じ日にコテージに泊っていた若者グループが朝までテントの周りで
騒いでおり、ほとんど寝られなかった。ここはたぬきみたいな動物も生息していて、
彼らもテントの周りで夜通し鳴き叫んでいた。まさに人間と動物の雄たけび合いの狭間で
キャンプをしていたようなものだった。とはいえ、もともと彼らが住んでいたところを僕ら人間が
後から来たわけで、文句を言える立場じゃないのかもしれない。

紀伊大島を後にして、暫く海沿いを北上したあとは、山に入り、龍神スカイラインを通った。
関西の走り屋のメッカらしく、くねくねのコーナー続きの山道だったが、まだER-6nに慣れてない僕は
のんびりと景色を見ながら走っていった。
そういったトコトコ走ることもこのER-6nでは出来たのだが、今となっては選択を誤ったとは
思いたくない。

三泊目は高野山近くのキャンプ場を予定していたが、当日予約は不可能で、またすでにシーズンオフで泊れなくなってしまった。
高野山の宿坊を考えたみたが、どれも一泊一万円以上して、内容も高級旅館並みの料理やサービスだったので諦めた。
ユースホステルもあるにはあるが、どうもその気になれず、高野山に唯一一軒だけあった旅館に泊まることにした。

玉川旅館と言ったかな。
宿泊を申し込んでから知ったのだが、ここには屋根付きの駐車場があった。
また盗難も心配してくれて、既に駐車してあった車の後ろに、通りから見えないところに
停めることが出来るように配慮してもらった。
案の定、その夜から朝にかけて大雨が降った。ほうとうにラッキーだった。

高野山の奥の院に通じる参道?の脇には、戦国時代のたくさんの武将たちが祀られていた。
武田信玄、豊臣秀吉、明智光秀、毛利一族等、戦国時代が好きな人なら、よだれが出るぐらい、
所せましに祀ってあった。
国宝もいくつかあったので、それらを見学してから、浜松への帰路についた。

高野山から北に行き、奈良県の吉野町を西に。
国道166号線を通り、紀勢自動車道に入ってそこから東名で浜松まで。


この国道166号線は周囲に何もなく、車もほとんど走ってないので、気持ちよく飛ばせる道路だった。
季節の良いときにまた走ってみたい。