Kawasaki KLE500

2013年4月から2014年12月まで所有。

kle500_title

2007年登録の逆輸入車。

国内販売していた、KLE250、400の兄貴分で、

以前乗っていた、Kawasaki ER-6nのデュアルパーパスモデル、

Versysはこれの進化型。

車重が200kg程度で、前後スポークホイール、

21/17インチのタイヤサイズ、そしてキャブレター。

排気量とパワー以外は、ほぼ自分の思い描いていた、

旅バイクを具現化したもの。

それに加え、トップと両サイドのパニアケースがついた

車輛を見つけ、悩んだ挙げ句、一念発起して購入。

主なレポートは以下。

広告

「Kawasaki KLE500」への4件のフィードバック

  1. ありがとうございます。
    現在、50+αで大型教習に通いはじめましたが・・・KLE500買っちゃいました。
    しかも静岡の某ショップで。。
    また、寄らせていただきます。

    1. >匿名さん

      買っちゃったんですね、KLE500。
      おめでとうございます!
      これからワクワク、ドキドキの日々が始まりますね。
      まずは、卒検、がんばってください!

  2. はじめまして。
    XR250Rで林道を走って楽しんでいる、中年おやじです。
    最近KLE500、F650GSダカールに興味がありますが、
    KLEはどんなバイクでしょうか?
    長所、短所などなど情報をいただければ幸いです。
    +1台で林道をそこそこ走れて(通過して)ロングツーリングなどに使いたいと思っています。

    1. >匿名さん

      コメントありがとうございます。
      私もF650GSは候補に上がっていましたが、
      トラブルが多いのと、メンテ費用を考え、KLEにしました。
      購入してから5,000キロ近く、ほとんどをロングツーリングで
      使いましたが、トラブルは一切ありません。
      ツーリングのほとんどは高速でしたが、法定速度+5割で巡航可能で、
      純正のスクリーンの御蔭でとても楽でした。

      ここからネガティブな面ですが、
      無給油の航続距離は250キロ以下だったので、
      頻繁にGSで入れる必要があります。
      レギュラーガソリンを常に入れていますが、
      特に問題は発生していません。
      あんこ抜きしてあるシートでしたが、
      F650GSの方が足付きはよかったです。
      パニアをセットするとハンドルが微妙にぶれます。
      手放し運転は出来ません。
      思ってた以上に車体は重いですね。これもF650GSの方が
      取り回しは楽でした。
      ステップ位置と足の位置が合わず、
      信号で停止するときに、どうしても足がステップに
      あたりヒヤッとするケースが多々あります。
      これはどうしようもなさそうですが、ちょっと致命的かも。
      と、いろいろ書かせて頂いたのですが、
      実は諸事情でKLEはもう手元にはありません。
      林道を通過する程度のロングツーリングでの
      御使用なら、トライアンフのボンネビルや、W800等の方が
      いいかな、と思っています。
      以上、バイク選びの参考になれば幸いです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Cosa è una volta nella vita, Divertirsi!!