初めて走るフラットダートの気持ち良さ!!観音山林道


ブーツとヘルメットが届くのが待てずに、
またもや無謀?な林道ツーリングに行ってきました。

今回は主に引佐地区の林道を探索しました

どちらかというと、低山系です。

浜松の自宅を出て、都田に行き、
まず「林道万城寺線」に向かいます。

というか、入り口がものすごく分かりずらい。
グーグルマップと睨めっこして、たぶんこの辺が
林道じゃない?って感じ。


都田小学校の脇から入り、
とりあえず、この辺を曲がります。


川沿いを走っていくと、前方に広い道があるので、
そこに合流。


暫く走ると、三叉路があるので、ここが「林道 万城寺線」の起点
になります。


で、路面状態はというと、


それなりに荒れてはいるけど、舗装されています。
もしかして、全線舗装?


でした。。。

しかし、「万城寺線」の終点ポイントから先は、奇麗な砂利道が
続いています。


それなりに荒れてはいますが、
四輪の轍もしっかり残っていて、走り易そう。
と思っていたら、だんだん寂しくなってきた。


両脇の木々がだんだん迫ってきます。


今の時期だから走れるけど、夏はほとんど道が見えない状態かも。
それに、蜘蛛の巣、糸がそこらじゅうにあってたいへん。
しかも、なんだが非常に強くて、バイザーについたのが
全然取れない。。。


法面崩れちゃってるし。


現在地表示があるけど、林道名は書いてない。


杉の枝が路面を覆う。
毎度秋の浜松の山道風景ですね。

そうこうしてたら、景色が開けてきました。


里山って感じです。
紅葉はまだですが、かなり奇麗になりそう。


遠くに見えるのは、井伊谷の町並みかな?


なにかの花が咲いていました。
まっすぐ延びている林道とのコンストラスとが風情漂います。


民家の横を抜けて、ようやく舗装路に出てきました。
ここにも表示がなく、結局、林道名は分からず。

  万城寺線 約3.7キロ

ここから三岳山方面へ向かいます。

と、その前に一服休憩です。


空には飛行船が飛んでいました。


最近そういえば見てないよなぁ、ツェッペリン号。
ゆったりと、引佐の山上を行く飛行船。なんか長閑でいいですねー。

飛行船を見ながらタバコを燻らせ終わると、三岳山方面へ向かいます。


山道をすこし登ると、左手に三岳神社があります。
人気はまったく無いからか、荘厳な雰囲気がありました。
そこからまた暫く登ると、分岐点があります。


左が本線で、右に行くと、風車群や滝沢展望台に行けます。
ここらへんは全線舗装路です。

ちなみに右に行くとすぐ、
「立須」という、奇巨大岩が鎮座している場所の案内があります。
それと、今や全線舗装路となってしまった、「林道八辻線」の
終点表示も。

それでは本線に戻って、山を下ります。
この道も舗装されたばかりなので、すごく奇麗です。
風車のおかげですね。


せっかくなので、道傍にあった平な土地でSL230と一緒に。


あまりに広く、平な場所だったので、アクセルターンやら、
ウィリーの真似事なんぞをやってみたりして。

で、先に急ぎます。


案内版もあります。


ここを曲がっても、滝沢展望台に行けるようです。
滝沢展望台へ抜けるちょっとした坂道の未舗装路(林道支線?)
もちらほらありますので、軽く遊ぶにはこの辺もいいかも。
で、暫く本線を走ると、比較的大きい神社前のT字路にぶつかります。


浜松なのに「伊豆神社」。。。
ここを右折して、県道68号を走ります。


浜松山間部を東西に走るこの県道は道幅も広く、路面も奇麗。
コーナーもほどよくあるので、MONSTER796に乗っていたときは、
よく走らさせてもらいました。

浜北方面に走り、県道299号を左折して、都田ダム方面に向かい、
次の目的地、「林道 観音山線」へ。
でも、観音山方面へ行く道はどれもゲートがしまっています。

ここも、

ここも、、、

そして、観音山少年自然の家横の林道も鎖がかかっています。


かなり厳重です。

どうしようか、迷っていたら、車が降りてきてチェーンを
外していたので聞いてみました。

自然の家近辺の林道は、子どもたちが探索して道路を歩き
危険なので一般車は通行禁止とのこと。
なるほど、どうりで、こんな看板があったわけだ。


仕方がないので、歩いている子どもたちに挨拶しながら、
山を降りて、違うルートから行く事にしました。

県道299号に戻って、そのまま渋川方面に向かい、
途中、県道359号に入って、中代峠をめざします。

ちなみにこの日、299号は渋川手前の工事のため、
通り抜けが出来なくなっていました。みなさんご注意ください。

で、やっと中代峠に到着です。


この峠から東西に県道359号、南北に「林道 観音山線」が延びています。

まずは、観音山山頂方面に向かいます。


峠からすぐに、ダートが始まります。ワクワクしますねー。


噂通り、見通しの良いフラットな路面です。
これはたまらない!!


MUDDYなところもあります。


途中、「林道 黒松線」との分岐があります。
地図を見ると、長沢地区方面に抜けている感じ。
これは次回のお楽しみ。


撮影ポイントもちゃんとありますよ。


暫く走ると、観音山少年自然の家から延びている林道の出口があります。
人が居たけど、もしかして、オフローダーが勝手に
入らないように見張っていたのかも。。。


この辺からちょこっとだけ、道が荒れてきます。
しかし、長いなぁ、この林道。まだまだ先がありそうです。


ひゃ〜、たまりません!!
気持ちいいです!


観音山の登山口がありました。
標高575m。意外と高くないですね。


この辺から、下りになります。
それでも、このようにほとんどフラットなので、まったく問題
有りません。


時々このように景色が広がってなんとも開放的。
これぞ林道!っていう感じです。
で、写真のとおり、この林道は、路面の質が結構頻繁に
変わります。砂利だったり、赤土っぽかったり、
土砂だったり。
その路面の変化があるので、長い林道でも
一変調子にならないんですねー。いやー、すばらしい。


で、たまにガレっぽいところもあったりで、
ほんとうに飽きさせません!


途中、道路標識?がありました。
正式名称は「観音山一号線」。ということは、
二号もどこかにあるはず!?


たまに、このようなコンクリートの舗装路?が出てきます。


すこしずつ標高が下がり、このような林の中に入っていきます。


暫く走ると、民家が現れてきます。


どうやらここがこの林道の始点?終点?になるようです。


林道入り口付近。住宅がちらほら建っていますが、
案内は一切ありません。
これじゃ、分かりませんよねー。
地図で調べてみると、石神地区みたいです。

写真撮影は終わったので、今度は楽しみながら
林道を登り、中代峠に向かいます。
そして今度は、そこから北へ延びる道に行きます。


こちらも、峠からすぐダートの道になります。


峠からやや下り気味の道はあいかわらずのほぼフラット。
途中ガレっぽいところもあるけど、道幅が広く、走りやすい。
暫く走っていると、ん?どこまで走ったような気がする。。
と思っていたら、


なんと県道47号に出てきました。
以前、県道から少し入ったところまで行って、引き返したんですが、
まさかそれが「林道 観音山一号線」だったとは。。。

  観音山林道 約10.1キロ

なんか、謎が解けたみたいなスッキリした気分で、
県道47号を渋川方面に。

途中、林道探索して脇道に入って、


こんな景色の良いところに出たりしました。
地図だと、この集落の先に道があるはずなんだけど、
見つけることは出来ませんでした。

渋川から県道298号を北上し、次の林道、「日比平城山線」を目指します。

つづく。。。

オフロードブーツ&ヘルメット購入!?


前回の林道ツーリングで、オフロードブーツの必要性を
しみじみ感じました。
それと、ヘルメット。

10年以上前に購入したアライのジェットタイプを
使用しているのですが、林道でスタンディングの走行の際、
道路脇の木々の枝がちょうど頭や顔、そして
首筋等に当たって、さすがにちょっと危ないかなー、と。
それに、やっぱりもし転倒してしまうと、それなりの装備を
していないと怪我にも繋がります。

でも、バイク用品は高い!

しっかりと脛まで保護してくれるオフロードブーツだと、
安いものでも15000円、高いものだと40,000円以上!!
ヘルメットも安くて10,000円、高いものだと25,000円以上!!

とにかく、高い!!

で、ここで考えた。

超円高のご時世、長期的な取引レートで仕入れられた輸入品を
買うよりも、個人で輸入すれば安いんじゃない?
以前乗っていた車では、しょっちゅう海外から部品の個人輸入を
していて、商品が届かないとか、何ヶ月もかかる、っていうことも
なかったので、早速、ネットで調べてみた。

いろいろ調べると、最近はメーカーが個人輸入対策なのか、
海外に輸出していない業者も多々見受けられる。
確かに、同じ製品で、日本の代理店から購入するより、
海外から輸入する方が安いと、なんのための日本の代理店か
分からない。
でも、中には、そういう規制?を受けていない、国際発送可能な
業者もあるはず。

で、やっとこ探しだして、購入、というか、オーダーしたのが、これ。

まだ届いていないので、メーカー名やモデル名は伏せておきます
(写真なので既にバレてますね)が、オフロード初心者用のブーツ。
腕なんてないし、レースに出る訳でもない(今のところ?)ので、
これでも十分すぎるぐらい。

ソアー(thor)も同じような価格帯のエントリーブーツを販売
していますが、Amazon US での評価があまりよくなかったので、
今回これにしました。

で、ついでにヘルメットも同時購入。買ったのはこれ。


スクリーンは付いていませんが、かなりイケテル感じ。
ゴーグルはbobsterのやつを日本で買おうかなと。

で、びっくりなのが価格。
日本までの送料(関税がかかるか微妙)込みで、
二つで20,000円ぐらい!

ちなみにヘルメットは同じようなものが、日本で
19,000円で売りに出されていました。
ブーツもthorのものが15,000円ぐらいなので、
両方併せて、14,000円ほど得したことになります。

あとは、無事に届くのを待つだけです。
楽しみですね。

よちよち歩きの林道ツーリング 〜林道高集団地線〜


爽やかな秋晴れの土曜日。
ひさしぶりに林道ツーリングに行ってきました。

というか、今回の本当の目的は、
浜松に初めて来た、15年前ぐらいに、AX-1で行ったものすごく
見晴らしのいい場所があったのが記憶にあるんだけど、
それがどこだか分からなくて、ずぅーと、こころの隅に
その場所をどうしても突き止めたい!!
っていうのがあったんです。

なかなかそれだけの為にバイクに乗るっていうのが
無かったので、今回、気合い?を入れて臨んだわけです。

それで今日は、静岡県道9号沿いから東西南北に延びている
林道に行ってみることにしました。

まず初めに行ったのは、
県道9号を北上し、「道の駅 くんま水車の里」を超えて、
天竜の吉沢地区から入る、「林道 高集団地線」へ。

 県道9号脇の入り口はこんな感じ。

路面は入り口は舗装路ですが、すぐにダートに変わります。
しかし、路面はそれほど荒れてなく、フラットに近かったです。

ほどよく走ると眺めの良い場所に到着します。

 空が澄み渡って気持ちよいです。

またしばらく走ると、杉林の中に入っていきます。
そして、障害物も、


これぐらい、へっちゃらさ。
なんて思っていたら、

 うむむ。

乗り越えられるか、しばし思案中。。。
あ、でも、踏み台っぽい所があるでないかい?

いけるか?いこう!

ってことで、なんとかクリア!

それにしても、路上に落ちている小枝が、
走行中容赦無しに脛にガンガン当たります。
い、痛いっ!!やっぱり、トレッキングシューズじゃ
林道ツーリングには役不足。ちゃんとしたブーツを
買うしかないかぁ。。。

なんてぶつぶついいながらも、なんとか、三叉路に到着。


三叉路なんですが、
どっちにいけば、どこに行くのかまったく分かりません。
というか、今停まっている場所もどこなのか。。。

なんとなく、前回「舞木林道」を走ったときに、通ったような記憶
もあるような。でも、林道の三叉路なんて、どこも似たようなものだし。


右に行く道は、緩やかに下っている。


左の道も緩やかに、しかし少し上がっている。

迷った末に、左に行くことにしました。
※後から調べたら、左右ともに「舞木林道」でした。。。

で、途中から、前回通った「林道 箒木山線」に入り、
ヒラシロ遺跡前を通って、県道295号に戻ってきてしまいました。

気を取り直して、また県道9号に戻りつつ、
あやふやな記憶を頼りに、ちょっと脇道に入っては、
また戻り、を繰り返す。。。

途中、誘惑もあったのですが、


この林道は次回に取っておくことに。


怖そうな隧道も抜けて、県道9号へ戻ります。

そのまま暫く走っていたのですが、県道390号線と交わるところまで
来てしまいました。さすがにここは違うだろう。

さて、戻るか、それとも、県道390号に行くか。
と悩んでいたら、林道案内の表示が。

 「林道 地八吉沢線」と書いてある。

う〜ん、聞いたことないなぁ。
でも、入り口付近の感じはなんかいい感じじゃない?

で、とりあえず走ってみることに。

暫く走ると、ちょっと路面が荒れていて不安になったが、
途中から、かなりいい感じのフラットダートになった。
路面がいいし、勾配もあんまりキツくないので、
気持ちよくカウンターあてながらの走行。

でも、お昼過ぎて、お腹がかなり減っていて全身に
力が入らない。
それに、さっきの林道案内の横に、佐久間という地名が出ていたので、
このまま進んでいっても、飯にありつく場所がない。

ってことで、途中で戻ることにした。

 「林道 地八吉沢線」を出たところ。

右に行くと、県道390号がすぐそこ。
僕はお昼を食べるために、「道の駅 くんま水車の里」に
戻ることにした。

で、道の駅で注文したのは、「とうちゃん定食」

 太麺の手打ちそばと、五目ご飯と舞茸の天ぷら。

でも、ここの手打ちそばは細麺の方が美味しい。
お腹が一杯になったので、今日はこれで帰ることにした。

でも、
途中で「棚田はこっち」っていう看板を見つけたので、
ちょっと寄り道することに。

途中、たわわに実った柿の木が。
いったい幾つ採れるんだろう。
でも、僕は柿はあんまし好きじゃないんだよなー。

なんとか道に迷いながら(だって、××棚田はこっち、○○棚田はあっち、
なんていう標識がそこらじゅうにあって、どっち行けばいいのか
分からなかったから)
なんとか、それらしい棚田に到着。

稲刈りは既に終わっていましたが、ススキがなんとも
いい感じでした。

 戦い終えてなんとやら、哀愁漂う、すこし気が抜けたSL230。

帰り道、GSに寄って給油とエアーを入れたしていたら、
リムに傷が多数あるのを発見しました。

バイクもそうだけど、林道ツーリングって、
結構体力消耗しますね。
装備整えて、また行こっと♪

鳥ヶ池キャンプツーリング 2 〜 with SL230 and DS1100 〜


キャンプツーリング 二日目

新しく買ったコットの寝心地は、
期待したより悪かった。
というのも、僕は腰痛持ち(ヘルニア)で、今まで使っていた、
ISUKAのエアーマットでは腰が沈んでしまい、翌朝腰の痛みが
半端じゃなかった。


使用中の『ピ-クライトマットレス 120』

そこで、コットならすこしは良くなるかな、と考えて、
LOGOSの一番安いやつを購入してみたんだけど、

今回使用した、LOGOSの『コンパクトキャンプベッド』

結果は、エアーマットより最悪。
前日はまったく腰に痛みがなかったのが、このコットで寝たことで、
痛くなってしまいました。
残念ですが、また違う方法を模索してみようと考えています。

閑話休題

翌日もいい天気に恵まれました。
昨日買ったパンをストーブの上で軽く焼いて、
いつもより遅めの朝食。

今日は、分杭峠経由で駒ヶ根市に行き、そこで名物「ソースカツ丼」を
頂いてから浜松に帰ります。

設営も時間がかかりましたが、撤収も時間がけっこうかかってしまい、
出発したのは午前9時頃でした。

で、まず向かった先が、有名?な「分杭峠」

向こうが諏訪方面かな?

ハーレー軍団もたくさんいました。あ、AX-1もいた!!

狭い峠道ですが、意外にもたくさんの人が見物?水取り?に来ていました。

ここからすこし北上し、駒ヶ根方面へ抜けることができる、
長野県道49号を左折します。(平日は通行止めだそうです:2011.10.10現在)

かなり急な坂を下ってほどなく行って、駒ヶ根市街地へ。

で、今日の目的地、「茶そば いな垣」に着きました。

時刻は11時ちょい前。
お店の人に聞くと、11時から開店だから、もう中に入っていいよと。
ちなみに、写真の向こうに中央アルプスが映っているとおり、
駒ヶ根は標高が高いところにある町で、DS1100さんがはめておられた
プロトレックを見たら、標高600mと表示されていました。
どおりで空気が澄んでいるわけだね。

今回注文したのは、茶そばと、もちろんソースカツ丼(ロース)

茶そば

ソースカツ丼(ロースカツ)

まず、茶そばですが、意外にボリュームあります。
味もそばの味(当たり前ですが)がしっかりしていて、コシもあり、
美味しかったです。

で、メインのソースカツ丼ですが、
うまいです!
サクサクの揚げたてのロースカツ。その下には千切りにした柔らかいキャベツ。
そしてかけられている、ソース。
これがうまい。
ソースと言ってますが、まんまソースの味ではないです。
甘く、そしてたぶん、出汁が入っています。
そばやうどんのだし汁に中濃ソースを混ぜたような、
非常に奥行きがあるソースです。

この甘く奥が深いソースが揚げたてのロースカツと絡み、
そして、その下のキャベツのシャキシャキ感、ご飯のモチモチ感と
重なって、なんとも言えない、美味しさ。。。
いやー、生まれて初めて食べる味で、お腹が許せば、
是非お代わりしたいぐらいでした。

もちろん、このソースをお土産しちゃったのは言うまでも
ありません。

お腹がいっぱいになったあと、
駒ヶ根から高速に乗って、飯田山本に向かいます。
時間的な余裕が欲しかったので高速に乗ったのですが、
排気量が125cc以上だと、こういう臨機応変なルートが
選択できるのが、ツーリング時にはたいへん重宝します。

飯田山本ICから、三遠南信道路の一部供用区間を通って、
天竜峡ICまで行き、そこからR151号に入ります。

R151号に入ってすぐ、「道の駅 信濃路下条」で
お土産&トイレ(一服)休憩。

DS1100さんは、バイクを撮らずにどこ撮ってるんでしょう。

この道の駅にはたくさん生そばを売っていたけど、どれも何故だか
峰 竜太の似顔絵付き。それに、下条町?特産の物をお土産に
したかったけど、どのお土産を見ても、
生産者が同じ(地元じゃない)でした。。。
まるで、フランスのパリに行ったとき、お土産買おうと思ったら、
ほとんど中国産で、がっかりしたのと同じ気持ち。

このあと、R151号を南下して、静岡県道9号に入り、
「道の駅 くんま水車の里」で最後の休憩をしたあと、
帰路につきました。
ツーリング両日ともに快晴で、とても充実した二日間でした。
あぁ、またキャンプ行きたいなぁ。

Cosa è una volta nella vita, Divertirsi!!