GP-22/T63インプレ〜その後


リアタイヤをIRC GP-22に交換して、約5000kmを走行。
フロントタイヤをミシュラン T63に交換して、約500kmを走行。
現在までの状況でインプレなどを。 GP-22/T63インプレ〜その後 の続きを読む

広告

海外通販〜ジャケット購入!!


“欲求が自然で、差し迫ったものでなくなればなくなるほど、それだけ情念は増えていき、

さらに悪いことには、

それらの情念を満足させるための力もまた増加の一途を辿るのである。”

ジャン=ジャック・ルソー

新年になると、冬物のセールが始まります。
それは海外でも同じこと。

バイク用の冬ジャケットは、Ducati Monster 796に乗っていた時に購入した
丈の短いスポーツ用はあるのですが、オフロード用の物は持って
いませんでした。

以前からいろいろと物色していたのですが、防寒、防水のものはどれも高い。
特に林道走行の場合、かなり体力を使うので、ツーリング時の服装で走ると、
逆に暑くて汗をかいてしまいます。

かといって、林道に至るまでの道程は短くないので、林道走行に適した服装だと、
そこに行くまでにかなり寒い思いをしなくてはいけません。

春から秋にかけてのキャンプツーリングには、当然雨対策も考えなくてはいけません。

そして、キャンプツーリングで一番の大敵は、”蜂”
去年刺されたけど、彼らの習性なのか、黒いものにやたらと攻撃的。
刺された時に着ていたのも、黒いメッシュジャケットだし、
刺されなくても、ブンブンと周回して飛んで、威嚇してきます。
また、冬場の林道の黒系ジャケットも、へたしたら、いのしし狩りや
熊狩りの猟友会の人達に間違って射殺されかねません!!

防水、防寒、黒系以外のカラー、そして暑さ対策。

欲張りな目的を叶うジャケットはそうありません。
そんななかで見つけたのが、
「Rev’it!」というメーカーのジャケット。

雑誌やWEBで見た事がありますが、値段を見てびっくりです。でも格好いい。。。

で、また考えました。

冬物セール、そして円高、、、

で、ついに買ってしまいました。


「Revit オフトラック ジャケット」
ベースの色が黒系ではないのがグット!

防水、防寒用インナーが取り外し可能な構造になっていて、全部取り外せば夏場にも
対応可能でベンチレーションも付いています。

で、値段がびっくりの、送料併せて約18000円!!
日本で同じ物を買うと、なんと、50000円超えちゃいます。
びっくりしたのは値段だけでなく、お店の対応の早さ。
注文したその日にもう、発送したよ♪、とメールが。(音符マークは私が書き加えました)

関税がかかるかどうか分かりませんが、
これで念願叶って、4シーズン対応ジャケットがやっと手に入ります。

あとは、サイズの問題だけ???
大きかったら、ボディビルでもやる!?

Cosa è una volta nella vita, Divertirsi!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。