道の駅巡り週末ツーリング – 2


10月の第一連休日曜。

知人のDS1100とツーリング

以前からバイクに乗っていたのは知っていたけど、
お互いの都合がつかず、やっと念願かなってこの日の
ツーリングになりました。

今回は題して、「南信州 道の駅ツアー」

浜松の北部には、ツーリング中の休憩に最適な道の駅がたくさん
あります。

静岡県には、
「くんま水車の里」
「いっぷく処 横川」
「フォーレなかかわね茶茗舘」
「奥大井音戯の郷」
「川根温泉」(温泉付き)
「天竜相津花桃の里」

愛知県だと
「豊根グリーンポート宮嶋」
「鳳来三河三石」
「つぐ高原グリーンパーク」
「どんぐりの里いなぶ」(温泉付き)
「アグリステーションなぐら」
「つくで手作り村」

長野県だと、
「信州平谷」(温泉付き)
「信州新野千石平」
「遠山郷」(温泉付き)

と、かなりたくさんあります。
日帰りで全部廻ることも出来なくないかもしれません。
が、今回はこのうちいくつかをツーリングルートの経由点に
して廻ることにしました。
ルートはこんな感じです。

峠道あり、ハイスピードクルージング箇所もあり、
日帰りにはちょうど良いルーティングだと
思っていたのですが、さて結果は。。。

当日早朝、浜松某所で待ち合わせして、都田方面へ。
そこから県道299号→298号で渋川方面に行き、
渋川を過ぎて愛知県境に行くと、県道298号は愛知県道505号に
かわります。
しばらく走ると、愛知県道442号にぶつかります。
ちょっと早いけど、ここでちょっと一服。

ここまで走行しただけで、先日の台風15号の影響で路面がかなり
荒れていたのが分かりました。
ちなみにここには意外と奇麗な公衆トイレがあります。

ここから県道442号を熊(くんま)方面に行き、途中で左折して、
「大島ダム」「朝霧湖」をめざします。

着いたダム湖は茶色に濁って、水量も多く、ちょっと怖かったので、
その先の道端からダム下流の風景を撮影。

山々の風景と赤い橋がいい雰囲気です。
紅葉時期にまた来てみようと思います。かなり奇麗だろうなぁ。

朝霧湖前の道は、なぜだかめちゃくちゃ奇麗に整備されていましたが
発電所関係に流れてる交付税のおかげかな。

その道を南上すると、R151にぶつかるので、
それを東栄町方面へ右折。

ここから、「道の駅 豊根グリーンポート宮嶋」までは、ほとんど
直線の気持ち良い道が続きます。
SL230の単気筒の鼓動がものすごく気持ち良かった。
DS1100の方も喜んでくれてたみたい。

そんなこんなで、
「道の駅 豊根グリーンポート宮嶋」で休憩。

ほんのちょっとの休憩中でも、信州方面に登っていくたくさんの
バイクが通り過ぎていきました。そりゃ、このいい天気。バイク乗らなきゃね。

軽く休憩して、次の「道の駅 信州新野千石平」に向かいます。
途中の「新野峠」は標高1000mぐらいなので、SL230はヒィーヒィー
いいながら登っていきます。
その後道は下っていき、無事、「道の駅 信州新野千石平」に到着。

お昼ちょっと前ですが、バイクはそこそこ来てました。
意外とハーレー系が少なかったなぁ。

ここで早めの昼食を食べ(ここには、熊や鹿の肉料理がたくさんありますよ)、
地元の野菜をいくつかお土産に買って、次の道の駅に向かいます。

道の駅の前を通っているR418号で平谷村方面へ。
途中、平谷峠(標高1200mぐらい?)で景色休憩。

紅葉はまだまだですが、いつ来てもいい景色です、ここは。
写真撮影したあと、また平谷村方面へ走ります。

このR418号は高原の間を抜けていくという感じで、
ほどよいコーナーと直線の感じがとても気持ちいい道。

暫く走ると、R153号と交差するので、それを右に曲がると、
「道の駅 信州平谷」があります。

ちょっとせわしないけど、ここでも休憩タイム。
っていうか、休憩というより、僕の一服タイムって言ったほうが
正確だったりしますが。。。

さっきの道の駅より、停まっているバイクは多かったですね。
道の駅の向かいにENEOSのスタンドがあって便利なんだけど、
ここは何故かめちゃくちゃ高いです。浜松市内と比べて、¥10/Lも
違うかも。出来るだけ、ここでの給油は避けたいですね。

まだ時間は早いけど、このあとR153号を下って、途中で
愛知県道10号に入り、
「道の駅 つぐ高原グリーンパーク」と
「道の駅 鳳来三河三石」
に寄ってから浜松に帰りました。

天気がよくて、道もほどほど空いてて、DS1100の方も
喜んでくれたみたいでした。

日帰りツーリングは意外とこれぐらいの走行距離の方が
疲れも残らず、帰り道の渋滞も避けれていいのかもしれませんね。

広告

信州&北陸キャンプツーリング 4 〜 with Honda SL230 〜


四日目 たぶん最終日 (8月中旬)

ホテルで豪華な朝食バイキングを食べたあと、

一路、千枚田へ向かった。

道の駅から望む、世界(農業)遺産にもなっている千枚田の風景は

非常に壮大。去年、SRX400でツーリングに来たときは素通りしてしまって、

ちょっと残念だったけど、今回ちゃんと見れてよかった。

千枚田ってのは、農民への税負担が発端で耕作地の限界地域まで農地を

増やさなくてはいけない事情があったのこと、と勝手に思い込んで

いたけど、調べてみると、実はそうではないみたい。

稲作には灌漑施設の整備が重要で、千枚田などの棚田はその点都合がよかった

ので、こういう風になったというのもあるみたい。

ちょっと物思いに耽ったあとは、ちょっと遅いけど、輪島の朝市を

見る事にした。

写真は暗い感じですが、

実際、時折雨がちらつく天気。

路肩に駐車したのもあって、「能登の塩」だけ買って、そそくさ

引き上げることにした。適当に買った塩だったけど、家での評判は

上々。能登の塩は意外と知ってる人は知ってるらしい。

さて、どうしようか。

天気は本降りには未だなっていないが、時間の問題のような雲行き。

今日の予定は、浜松の帰路途中、岐阜の下呂市でフリーキャンプの予定。

とにかく、岐阜方面に下るとする。

途中、こんなとこに寄ってみたり、

ギネスにも載ってるらしい、世界一長いベンチ

こんなとこも走ってみたり、

して、なんとか下呂に到着!

予定していた、中川原キャンプ場はここも昨今の天候不良のため、

そうとう地盤が緩んでいました。

それにキャンプ場自体が川の中州にあるので、増水したら、一発で

逝ってしまいそう。

近くのキャンプ場を探すも、雲行きが怪しく、どんどん薄暗くなって、

いつ雷雨になるか時間の問題の空模様。

ここから浜松までは中津川市を抜けて、R257号でいけば、たぶん

4時間くらいで着けるんじゃ。

って思い、キャンプを諦めてそのまま浜松まで帰ることに。

途中の中津川あたりで激しい通り雨に遭遇。

きれいな虹が出ていたんだけど、写真に撮るとわかりずらい。

残念。

結局、浜松に着くまで何度か通り雨に逢ったけど、無事に

帰宅しました。

能登から下道だけで約400キロ。

それもほとんど峠道。

かなり疲れた最終日でした。。。

信州&北陸キャンプツーリング 3 〜 with Honda SL230 〜


三日目 (8月中旬)

昨日夜から降り続いた雨は、朝には上がっていた。 信州&北陸キャンプツーリング 3 〜 with Honda SL230 〜 の続きを読む

台風一過の傷跡深し:週末ツーリング – 1


久しぶりに週末の天気が良さそう。
前日夜からそわそわしてしまい、
居ても建っても居られず、朝早く自宅を出る。
向かった先は「口坂本温泉」

ツーリングマップ中部に写真が出ていて、ずぅーと前から行ってみたいと
思っていた温泉。お湯もなかなか良さげな感じ。
先月初めの台風12号と浜松を直撃した15号の影響が心配だが、
とにかく、天気がいいので、なんとか成るだろう。

まず、天竜までR152号で行き、そこからR362号で川根まで行くことに。
途中、日系ブラジル兄ちゃんの走り屋軍団に遭遇。
純粋な日本人よりも、彼らは陽気で危険度が少ないので安心です。

天竜を過ぎ、旧春野町に入ってすぐ、


通行止めです。。。

しょうがないので、県道263号で迂回します。


県道263号から389号に行くため左折します。
が、せっかくだから、そのまましばらく263号を走ってみることにします。

それにしても、
迂回路含めて、そこらじゅうで山からの落石、法面や路面、路肩の崩落が。
台風の影響は街中よりも、山中の方がかなり大きいようです。


途中、「林道家山線」と「町道家山線」と交差します。

どちらも「家山線」なのですが、どうも名前からして、その管轄が
違うようです。


写真左隅に映っているカーブミラー。
同じ所に二本建っていておかしいと思って
よくみたら、静岡県と中川根町(確か)と書いてありました。
さすが、お役所仕事です。

さて、県道263号から無事R362号に合流して、一路井川方面に向かいます。
千頭に入ったあたりで、念のためのGSストップ。
給油してもらいながら、何の気もなく、

「井川まで行けますよね?」

「え?確か、行けんよったと思うが。。。」

「は?」

台風の影響で、井川に行く途中で道路が通行出来なく
なっている模様。

仕方ないので、R362号を静岡方面に下っていって、途中から県道60号で
北上して井川に向かうことに。
で、途中の杉尾峠でコーヒーブレイクです。

う〜ん、いまいち景色が良くなかったです。
でも、雲の間から晴れ間が出てきましたよ。

ここから暫く南下して、県道60号に入ります。
途中、湯ノ島温泉があるので、口坂本温泉に入ったあと入ろうと
思ったその時、


通行止めの表示が!!!

すこしの希望を持って、走りだしたら、すぐに車両止めに
ぶつかりました。

ここもダメか。。。

残された道は、静岡市街まで行って、そこから県道189号で行くしか
手だてはありません。
しかし、このとき既にお昼をとうに過ぎていたので、今回は口坂本温泉は
諦めて、湯ノ島温泉で我慢することにしました。


口坂本と同じで、ここも静岡市営の温泉浴場。
泉質も悪くはないらしいとのことなので、まぁ、いっか。
で、その結果はというと。

う〜ん、確かにお肌ツルツル、スベスベにはなるけど、
個人的にはなんとなく好みじゃない。
というのも、お湯がぬるすぎる。40℃もないんじゃないかな。
自動車で来る人はいいけど、バイク乗りにはちょっと物足りない。
そんなこんなで、湯船に浸かっても浸かっても暖まらないし、
逆に風邪引きそうになりそうだったので、早々と引き上げて、
隣の食堂で遅い昼飯を食べることにした。

手打ちそばがメインのこの「玄国茶屋」
昼時過ぎて忙しいのは分かるけど、どうも段取りが悪い。
店員のおばさん、客の雰囲気がどうも気に入らない。
というか、やっぱり静岡の人(東部)とは相性が悪いだけなのか。
個人的には、道の駅熊(くんま)の方が、雰囲気も味も数段上だと
思う。ということは、残念ながら再訪はないだろう。。。


お昼を食べて、時間が既に2時近くになってしまったので、
早速帰路につくことにした。

で、
ただ帰るだけじゃつまらないので、軽く?林道を走りながら
浜松に帰ることにした。

向かった先は、「林道日掛線」


なかなか良さげな起点ですね。
ワクワクしながら進みます。

で、

通行止めです。。。

辺りに人気がなかったので、渡れるかな?とも思ったのですが、
どう考えても、あの奥のかろうじて残っているところ。
アスファルトの下の土がありません。。。
台風すげぇーじゃん!!
っていう馬鹿っぽい感じに言わなくても、
自然はすごいね、人間が制御できるなんて、
どんだけ自惚れてるんだろう、と、つくづく思います。

何のために今日はここまで来たんだろう。

来た道、R362号を戻ります。
途中、再び杉尾峠で珈琲を入れます。

浜松にはなんとか午後6時前には帰れました。

とにかく、なんか疲れたツーリングでした。

Cosa è una volta nella vita, Divertirsi!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。