天竜・阿多古の林道迷宮!?阿多古線/両島上野線


前回、両島上野線から先の林道群を探索して、
集落に繋がる二つの道を明らかにしました。

その一つは前回レポートしましたが、
そこは「西藤平」であることが分かりました。

今回は、そこからまた林道を上り、両島上野線から延びている
林道の大きな分岐から先を探索してみます。

ちなみに、この界隈が阿多古であることから、題名を今回から阿多古にしました。

ここですね。両島上野線の終点ポイントを横切っている林道を
登った道は写真でいうと、右の奥になります。
今回はこの分岐を左に行ってみます。

分岐を左に降りると、右からも合流する道があることが
分かります。ほんと、ジャンクションみたいな分岐ですね、ここは。

すこし走ると、林道脇に「阿多古国有林」の標識があります。
林道表示はありませんが、この林道は阿多古線で良いのかな?

ほどなくして、道路が階段のようになっている箇所に。

で、まず一つ目の分岐。

分岐から左に行く道にはバリケードが置かれています。
探索してみましたが、ピストンでどこにも抜けていませんでした。

分岐からすこし走ると、左下へ抜ける道があります。
この道も探索してみましたが、ぐるっと廻って、さきほどの分岐に至る道に
合流していました。
しばらく登っていくと、またまた分岐が。

本線は左側の道。右の道にはまたバリケードが置いてあります。
今回は時間がなく、探索しませんでした。次回、チャレンジです。

分岐以降、道はちょっと荒れ気味になり、

また分岐です。尾根沿いに進む道っぽいが、もうお腹いっぱい。
無視して本線を進みます。が、

また分岐。それも変形5叉路。分岐している道は何れもコンクリートの簡易舗装で、
試しに行ってみたら、どれも行き止まりでした。

分岐を過ぎると、路面がすこしよくなり、

ようやくダートが終ります。

「阿多古国有林」の標識があります。
よって、ここは「林道 阿多古線」?

目の前を横切り舗装路は、「林道 東嶺線」でした。

  阿多古周辺林道 約9.1キロ

両島上野線と阿多古周辺の林道を探索しましたが、
上の地図のように、非常に入り組んでいます。
が、踏み代がしっかりしている道を進めば、どこかに
必ず抜けるので、気持ちの赴くままに走ってみるのも
いいかもしれません。

本線を走れば、路面状態は少し荒れている部分もありますが、
どの道も勾配はキツくなく、初心者の僕でも無理なく安心して
走行出来る、素晴らしい林道だと思います。

この後は、林道 東嶺線を下って、道中にある林道探索へ。
その模様はまた次回。
お疲れさまでした。

広告

天竜・阿多古の林道迷宮!?両島上野線他2


「林道 両島上野線」周辺の林道探索の続き。

前回、「林道 両島上野線」の終点ポイントで交差している
林道の下り側を探索しました。

今度は上っていってみましょう。

両島上野線の終点です。ここから左の道を登っていきます。

天竜杉?林の中を抜けていく清々しい道です。

多少荒れている箇所もあります。

雨水溝もありますが、そんなに深くはないので、走りにくくはありません。

暫く走ると、変形十字路があります。
直進してみると、

倒れた木が道を塞いでいます。

乗り越えた先も抜けれそうになかったので引き返します。
右に曲がる道は、また更に先で分岐があったのですが、どのみちにも木が
道路を横断するように倒れていました。もしかしたら、この”倒木”。
森林組合の人がわざと置いているのかもしれません。

で、結局本線の、左にゆるやかにカーブしている道に進みます。

このへんはほとんど勾配がなく、縦走路のような感じ。
しばらく走ると、

このような景色が開ける場所に出てきます。ここがピークっぽいです。
道はすこしずつ下っていきます。

そこを過ぎると分岐です。大きく左に廻っている下っていく支線。
道の雰囲気から、ピストンでしょう。

ここは道中一番大きな分岐。
下図のように、両方向から合流できるように、道が出来ている。
赤矢印は今来た道だが、中央分離帯というか、林道に挟まれたところに
木々を残している。林道でこんな立派なジャンクション?を見れるとは。
やはり、ただものではないですね、この界隈は。

で、この分岐を本線、左に緩やかにカーブしている方向に向かいます。
道幅は狭すぎず、広すぎず、バイクには程よい感じ。

勾配もそんなに急ではありません。
暫く走ると、また分岐。

左に行く分岐は、行き止まりでした。
本線をさらに下っていくと、またまた分岐。

ほんとうに分岐が多くてどっちに行ってよいのか迷います。
寄り道ばかりしていたのでは、本当に道に迷いそうになるので、
ここは右に下っている、本線らしい方に進みます。

道はゆっくりと下がっていきます。

しばらくすると、道路脇の草木がだいぶ少なくなってきました。
やはりこっちが本線?

稜線近くにまた登っていき、

また下がっていきます。

道幅が広くなって、更に走り易くなってきます。

で、また分岐。。。
分岐の道の方が踏み跡が浅いので、たぶんこれもピストンでしょう。

本線を行くと、すこし登り勾配になり、

またまた分岐。これはたぶんすぐ行き止まりかな。
で、そのまま進んでいくと、

民家脇に抜けれました。

民家を抜けた先から今来た道を撮影。
どうやらここは、西藤平の集落外れのようです。
しかし、ここまで走ってみて、噂通りの分岐、支線の嵐でした。
森の中を縦横無尽に林道、作業道が通っている感じ。
だからというか、決して廃道っぽい雰囲気がないんですね。

なんというか、人気のある道というか。
たぶん、weekdayは作業している方々の車が頻繁に通っているかも
知れません。

次は、今来た下ってきた道を戻り、一番大きな分岐点から、
逆に行ってみようと思います。
で、その続きは次回に。

今回もお疲れさまさまでした。

バイク乗りのお友に〜スマートフォンの薦め


キャンプツーリング、林道探索等に
一世代?いや、二世代前のスマートフォンを使っているが、
いまのところ、これに代わるガジェットは存在しないように
思えてしょうがない。 バイク乗りのお友に〜スマートフォンの薦め の続きを読む

禁断?の天竜林道群の探索初め〜両島上野線他1


サクサク行きます、林道探索。

お次は、ついに禁断の天竜/阿多古地域の林道群筆頭の
「林道 両島上野線」の探索へ。

しかし、この地域の林道は支線というか、作業道というか、
とにかく分岐が多くて、尚かつ表示もないので、
どこをどういけばどこにいくのか、まったく検討もつきません。
下手をしたら、道に迷って森から出られなくなるかも。。。
山岳遭難は高い山ばかりだけでなく、こういった低い山でも
結構頻繁に発生しているようなので、いざという時の装備も
怠らないようにしたいものです。

では早速行ってみましょう。

とりあえず、県道9号から、このへんかな?ってところで
曲がって集落内に入っていくと、未舗装路を発見。登っていきます。

右へ左へ、トラバースしながら登っていくと、

三叉路があります。右に見える道から上がってきました。

直進方面から見てみると、結構急な斜面を登っていくのが分かりますね。
ちなみに直進してみましたが、暫く走って行き止まりでした。
軽く朝食を摂って、大きく右に曲がっている本線と思われる道を
登っていきます。

路面は決してフラットではないですが、四輪の轍がしっかり残っており、
走りにくくはないです。

更に登っていくと、

また分岐点に出くわしますが、
轍の具合から本線と思われる右の道へ進みます。
左の支線?はまたの機会に調査してみます。
※後日探索しました。その模様は後日アップ!

今度はすこし下りになります。路面は多少荒れてはいますが、
ほぼフラット。しばらく走ると、

舗装路に合流します。
この舗装路が「林道 両島上野線」になります。
では、右に行き、
両島上野線の起点ポイントまで戻って、もう一度おさらいしておきましょう。

県道360号沿いの「林道 両島上野線」の入り口です。
ここから再度登っていきます。

暫くは快適な舗装路が続きます。

ほどなくダートになります。

暫く走ると舗装路へ、そしてまたダートへ、と変わっていきます。
未舗装区間は多少荒れている箇所もありますが、

概ねこのようなフラット系のダート道が続きます。

分岐がちょこちょこありますが、ここの分岐は左にいきます。
右へ下っていく道はもしかすると、米沢の集落へ抜けれるのかも知れません
※後日探索しました。その模様は後日アップします。

すこし登って、また下りになり、

また分岐に遭遇します。

分岐から振り返って。林道表示がありますね。
どうやらここまでが「林道 両島上野線」になるようです。

目の前を横切っている林道の名前は分かりませんが、とりあえず、
左に曲がって、下ってみることに。

分岐から下っていきます。

簡易舗装部もありますが、

ほとんどはフラットな未舗装路が続きます。

すこしだけ、マッドな所も。

しばらくすると、舗装道路と合流します。結局林道名の表示板はありませんでした。
林道台帳に記載していない林道なのかな?よく分かりません。
で、合流した道路を更にくだっていくと、

県道9号にぶつかります。

このへんですね。
大きな岩とGSがあるところが目印です。

これでだいたいの位置関係が分かりましたので、
今来た道を戻り、両島上野線の終点ポイントから先の探索に
向かいます。

その続きはまた次回。。。

Cosa è una volta nella vita, Divertirsi!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。