タグ別アーカイブ: 新宮池

春野町周辺の林道群 – ダートだらけの迷走エリア・新宮池&高塚山⑦


本題の前に。

週末に痛めた左ふとももを
観てもらうため、お医者さんに行ってきました。

幸いに骨には異常無し。
しかし、かなり重い症状の打撲で、
打ったところに相当量の血が溜まっていて、
経過次第では、手術して血を取り除かなくては
いけないみたい。

問題は、
完治まで平均3週間だとか。。。
(手術無し)

うまくいけば、月末のレースには間に合いますが、
筋力が落ちているので、120分は厳しいかも。
流す程度でしか走れないだろうなぁ。

ということで、暫しの間、絶対安静。
なので、春野町の林道レポートの続きを
続けてアップします。

前回までの林道を地図にすると、

こんな感じ。

今回は、

11

道祖神が祀ってある、この分岐を左(写真だと、右上方向)
に進みます。

1

分岐からは、比較的道幅が広い、フラットなダートに。

快適に進んでいくと、

2

あらら、また分岐。
この周辺は、ほんとうに進む路に悩みます(^^;

とりあえず、

3

なんとなく、左のダートに進みます。
※右のダートの行き着く先は、未確認。

4

ここも気持ちのよいフラットダートが続き、

5

椎茸工場、そして茶畑を過ぎて、

6

なんとなく、右下方面が明るくなってきます。
どこかに繋がるかな?

と思っていたら、

7

うひゃ〜、また分岐。

ちょっと怪しくなってきましたが、
これも左かな?

8

フラットな路面がさらに伸びています。
そのまま進んでいくと、

9

急に前方が明るくなり、

10

ダートの十字路へ。

すこし直進すると、

11

茶畑を眼下に、壮大なパノラマが!!

森から抜けて急に開けるこの風景。
実際走って遭遇すると、かなりの感動もんです。
もちろん、景色を肴に一服するのもお忘れなく(^_^)

12

直進と左に進む道は茶畑を
ぐるーと廻って繋がっていたので、
十字路を右方面に進みます。

ここからは、

14

急勾配のつづら折れダートを下り、

15

ひさしぶりに、ちゃんとした舗装路に合流。

路面が良くて、景色も良かったので、
気持ちよく流して走れました。

今度は、この舗装路を進んで、
別方向から、再度探索に向かいます。
その模様は次回に。

今回もお疲れさまでした。

春野町周辺の林道群 – ダートだらけの迷走エリア・新宮池&高塚山④


GWも過ぎて、一段落ついたところで、
途中だった天竜・春野町の林道探索のレポートを
再開しましょう。

前回、舗装路脇からダートを走って、
舗装路に合流しました。

16

この舗装路を左に折れてしばらく進んでいくと、

0

直進と左折のT字路に差し掛かります。

道路脇に、

2

なにかの看板が建っています。

1

木製の案内板は、
文字がほとんど消えていて読み取れません。

T字路の直進はダート。

3

舗装は左折する路に続いています。

なので、ここはもちろん、
直進してダートに入ります。
4

分岐からすぐにダートで、
路面はほどほどにフラット。

5

しっかりとしたツイントラックなので、
交通量はかなりありそうな感じ。

そのままゆっくりとした
下り勾配のダートを進んでいくと、

6

コンクリ鋪装された路面になり、
右へ曲がる大きな脇道が。

7

これはかなりの確率で何処かに抜けていそう。
あとで行ってみましょう。

さて、本線は先ほどの分岐から更に進んで、

8

また右へ分かれる分岐が出現。
ちょっと怪しいので進入せずに、
本線を更に進みます。

9

絶えず緩やかなな下り勾配。
路面はそんなに荒れてはいません。

10

ちょっとした広場を過ぎると、

11

道幅が気持ち狭くなってきて、

12

このダート最大の分かれ路へ。

悩みに悩んで、左の方に進んでいくと、

13

あらら、また分岐。

左に下る道の方が道幅が広かったので、
進んでみたのですが、
14

暫く下って行き止まり。。。

分岐まで戻って、直進すると、

15

すこしだけ空が開ける場所へ。

この林道唯一、空が明るくなる所ですが、
周囲の木々が邪魔をして
景色はほとんど見えません。

この辺りから、

16

今まで下り勾配から一転、登りに変わり、

17

路面はかなり怪しくなってきます。

18

怪しくなってきますが、
まったくガレてなく、走り易い路面です。

しばらく登っていくと、

19

Y字路になり、右に走っている林道に合流。

実はこの分岐は、さきほどの大きな分岐、

12

この分岐の左に進んで、
右から抜けてきたことになります。

この分岐を起点にループしていたんですね。
面白いダートを発見してしまいました。

さて、
この後は、この分岐の更に前にあった、

7

この大きな脇道(林道C)の探索に向かいます。
その模様はまた次回。

それでは今回もお疲れさまでした。

<<SL230の初陣レースの準備>>
レース出場にあたって、
SL230のモディファイが必要なのですが、
なんせ、すべてが初めてのことなので、
いろいろ勝手が分かりません。

それに、SL230はトレール車なので、
それ故、いろいろな問題も。。。

まず、テールライト&ウィンカー、そして
リアのインナーフェンダーの取り外しです。

SL230はリアのインナーフェンダーにCDIユニットが
隠されているので、安易に取り外し出来ません。

僕の場合、

工具入れと書類入れのスペースに移設しました。
レースが悪天候になる可能性も考えて、
配線が通る穴にはしっかりテーピング。

次の問題はフロントのゼッケンプレート。

ネットでいろいろ調べて、

ヘッドライトを外し、その部分にアクリル板をはめ込み、
そこにゼッケンを貼ることにしました。

サイドスタンドは取り外す必要がないのでそのまま
にしておきます。

最後に、
SL230はフロントウィンカーのステーが
ヘッドライトのステーに溶接されているので、

ウィンカーを取っ払った跡のステーが
ちょっと危険かな?と思い、
気休めにテーピングしておきました。

本当はヘッドライトステーも取り外せばいいですが、
配線の処理が面倒なのでそのままにしておきました。

一通りの作業が終了し、
次はトランポに積載できるかどうかの検証です。

今回トランポに使用するのは、ホンダのスパイク。
早速ラダーを取り付けて、よいしょ、よいしょ。

リアゲートの開口部の高さが非常に厳しく、
フロントショックを圧縮して、ハンドル位置を下げ、
尚かつ、エアーも抜いて、

なんとか収まりました。

リアゲートの入り口さえクリアすれば、

天井の高さは問題無し。
この状態で運転席はフルリクライニング出来るので、
車中泊も可能です。

ただ、ハンドルの高さを変える際、
レバー類の位置も変えてしまったため、
現地での微調整が必要になってきます。

まぁ、これはそんなに時間は取られませんし、
自家用車に積み込んでいける便利さを考えると、
贅沢は言ってられませんね。

それにしても、天気予報によると、当日の現地は
雨の予報。

SL230での最初のレースがマディだなんて。。。
照る照る坊主でも作るか。。。

春野町周辺の林道群 – ダートだらけの迷走エリア・新宮池&高塚山③


春野町、新宮池周辺の林道レポートの三回目です。

と、その前に。

今年のGWは休み無し、と思っていたら、
休みがあることを、今日初めて知りました(笑)

5月5,6,7,8日の四連休♪

GW後半も天気が良さそうなので、
今年最初のキャンプに行こうかと、
これから地図とにらめっこです(^_^)
っていっても、多分あそこに行くんだろうなぁ。。。

さてさて、
前回、ダートから舗装路に合流しましたが、
そのまま舗装路を北上すると、

18

次なるダートの分岐に差し掛かります。
※このダートを「B線」としておきます。

案の定、林道標示の類いはありませんが、
分岐のところに、
白いポールが建っているのが目印です。

分岐からは、

2

絶えず登り勾配&フラットダート。

3

道幅も想像以上に広く、
四輪の通行もほどほどありそうな路面。

どんどん登っていくと、

4

間伐されたエリアから抜けていきます。

5

林業車輛を通り過ぎると、

6

道路の両側に木々の塀が迫ってきます。

緩やかなカーブが続きますが、
両脇の木々のせいで、前方がまったく見えません。
スピードは控えめに。

森の中を暫く走って、

7

ようやく抜け出すと、
左に下る分岐が見えてきますが、
とりあえず本線を進みます。

が、暫く走って、

8

また、分岐。

こちらの方がさきほどより通行車輛が多そうな
感じですが、まずは本線の行き着く先を見届けます。

分岐から直進していくと、

9

ちょっと怪しい雰囲気に。

そのまま進むと、

10

見づらいですが、
T字路に突き当たります。

右は、

11

怪しい道が更に怪しくなる気配。

一方の左は、

12

轍が残っている感じなので、
ここは左に曲がります。

T字路から先は、

13

更に轍がはっきりしてきて、

14

またまた左に折れて行く、
怪しい分岐道。

分岐を過ぎて暫く走ると、

15

舗装路に合流します。

17

振り返って、今走ってきたダートと、
右へ続いている舗装路。

そして、左は、

16

森の奥へ更に続いている気配なので、
こちらに進んでみます。
※路肩に、入り口にあったものと
同じような白い標識が建っています。

次回に続く。。。

春野町周辺の林道群 – ダートだらけの迷走エリア・新宮池&高塚山②


最近、なにかと話題になっている春野町。
土砂崩れの現場近くは、林道探索でたまに
通ったことがあるところなので、ちょっと心配です。

さて、
新宮池周辺のダートレポートは今回から、
やっと核心に入ります。

以前レポートした、
林道 長蔵寺(ちょうぞうじ)線」の入り口のY字路。

1

右は長蔵寺線ですが、
今回は、ここを左に。

しばらく走っていくと、

0-3

左へのダートの分岐。

しかしここは、

2-0

最初は良さげでしたが、

2

最後に細い作業道になり、袋小路。。。

舗装路に戻り、
しばらく登っていくと、

0-2

再びダートの分岐です。
※写真は進行方向から。
※この林道を暫定的に「A」線と呼称します。

分岐からは、

3

絶えず登り勾配。
先ほどの分岐ダートより廃道チックです。

しばらく登って、

4

右ヘアピン。
轍がほとんどありませんねー。

ヘアピンを過ぎると、

5

雰囲気の良い林を抜けていき、

6

今度は左ヘアピン。
路面は終始、ご覧のようなフラットダートです。

7

道幅が狭くなってきますが、
どことなく、人の匂い?が感じられるダートです。

8

なだらかな高原の中を走り、

9

ゆるやかな登りのストレートを走っていくと、

10

左へ下る更に狭いダートの分岐。

分岐を過ぎて、

11

気持ち、勾配がきつくなってきます。

12

右の鋭角コーナーを過ぎると、

13

またストレート。

雰囲気でいうと、森町の林道をもっと
開放的にした感じかなぁ。

14

ダートは尚も続き、

15

いきなり前方の景色が開けて、
舗装路に合流。

16

合流地点から右を。登りかな?

17

左。こちらは下り。

合流した舗装路もそれまで走ってきたダートと
同じような雰囲気です。

さて、どっちに行きましょうか。

迷ったときは、とりあえず”右(登り)”に行くのが
鉄則(私自身の)なので、右に進んでいくと、

18

左に鋭角に分かれているダート(B線)の入り口が。
※これも進行方向から撮影しています。

早速続けて進入します。

と、その模様は次回に。
それでは、今回もお疲れさまでした。

 


春野町・新宮池&高塚山周辺林道 林道A線 約1.4km