タグ別アーカイブ: 豊田市

目指せ!恵那山!!- 日帰り林道ツーリング④


恵那山日帰り林道ツーリングの最終回。

結局、恵那山周辺の林道はすべてゲートで塞がれていたので、
浜松へ戻りつつ、

46

見つけた林道に入っていきますが、
この周辺はゲートだらけですね。

47

恵那市は諦めて、

48

愛知に入って、

49

ゲロゲロレースで有名な?池の平方面へ向かいます。

1

パラグライダーが空を気持ち良さそうに飛んでいるなか、

3

牧場南からダートに進入!

4

廃道とまではいかないけど、荒れ方はなかなか。

5

途中、右への分岐がありました。

6

この、曲がりくね感がそそられますが、

7

時間的に寄り道が厳しいので、本線っぽい、左の方に進みます。

8

大蛇がのたうっているような雨水溝を越えていくと、

9

路面が鋪装になります。

10

写真左が今降りてきたダート。
ここを写真で言うと右に曲がって、根羽村方面へ向かいます。
*結局このダートの名前は分かりませんでした。

愛知県道10号に合流、
茶臼山を越えて、更に南下していき、

11

12

林道 穴田線」へ。
今日は林道の管轄が目まぐるしく変わりますね(^^;

鋪装されていても、すこしはダートが残っていることを期待して
進んでいきましたが、

13

終点間近で無念の工事中。。。

14

山側に残された箇所も狭くて危険なので、引き返して、

15

つぐ高原グリーンパーク前の、

16

林道 丸山線」へ。
これが今日最後の林道です。

17

ダートへ至る舗装路は川の如く。。。
夕立の類いがあったのかな。

18

ようやく路面がダートに変わりましたが、既に時刻は午後6時近く。
山の主導権が人間からもののけに変わりつつあるような、
そんな雰囲気があたりからプンプン匂ってきます。

19

やはり最近大雨が降ったのか、路面荒れまくり。

しばらく進んで、ちょっとヤバいかも(雰囲気が)と思い、
何げに方向転回しようとしたら、

20

立ち転けちゃいました(^^;
木の枝で命を落とすこともあるので、やっぱり林道走行は
油断大敵ですね。

さぁ、あとは浜松に帰るだけ。
のんびり帰路についていたら、引佐あたりでガス欠のような症状が。
幸いに開いていたGSでガスを入れるも、症状は改善せず、
アクセルを開けても前に進まなくなり、ついには路上で行き倒れ。。。

以前、キャブとエアクリーナーの間のダクトが緩んでいて二次エアーを
吸ってしまったのと同じような症状。

コンビニ近くまで押していき、駐車場の脇で緊急整備。
二次エアーを吸っているのなら、最悪エアークリーナーを塞いじゃえ、
ってことで塞ぎますが、アイドリングは問題ないけど、アクセルを開けると
エンストしてしまう。
アイドリングを目一杯開けて、その惰性でなんとか自宅まで、と
試してみましたが、動くには動くけど、10km/hも出ればいいほど。

念のためプラグを変えてもダメだったので、
これはキャブのメインジェットに何かつまったに違いない。

不幸なことに、日帰りツーリングの予定だったので、
ヘッドランプは持ってきておらず、キャブクリーナーも
もちろん持参していません。
暗がりでジェット類をいじりたくなかったので、
自宅まで押して歩くことに。

しかし、真夏のそれも蒸し暑い夜。
数100m押して歩くだけで、汗が吹き出してくる。
それでもなんとか数km押して大通りに。
時刻は午後8時をゆうに廻っていて、このペースでいくと、
自宅到着は夜中になってしまう。
それよりも、朝早くから恵那まで林道を走り継いできた
自分の体力がもう限界に近づいている。。。

もうどうにでもなれ!

まさに真夏の夜の押し歩きエンデューロ。。。

いや、まてよ。
壊れたテレビって叩くと治ったりするよな。

一抹の希望を胸に、ブーツでキャブレターをガンガン
叩いてみた。

そして恐る恐るセルを廻し、アクセルをふかすと、、、

ブルルルゥ〜ン♪

やった!!エンストしない!!
喜びと同時に、汗と違うなにかが自分の頬を流れ落ちました。

結局その後もすぐ調子が悪くなり、その度にブーツで
キャブを叩きながら、自宅に戻ったのは夜9時過ぎでした。

21

その後、キャブレターを分解掃除したのはいうまでもありません。。。

結局今年の夏休みは天気がぱっとせず、
お山に行ったのはこの日だけでした。

最後のがなければ、結構楽しかったツーリングだったんですがねぇ。

22

こいつと行った方がよかったかな?

目指せ!恵那山!!- 日帰り林道ツーリング②


恵那山への日帰り林道ツーリング、パート2。

前回の「林道 境川線」の終点からすこし走った先にある、

1

2

林道 碁盤石山線」に突入!!

舗装路を暫く走っていくと、

3

碁盤石山山頂への登山道が右手に見えてきます。
道路上に「止」のバリケード?が。
事前に地図で抜けている事を確認していたのですが、一抹の不安が。

登山道入口からしばらく舗装路を走って、

4

路面はダートへ。

5

四輪が最近通った痕跡はありませんが、開通してからそんなに
月日が経っていないような、ご機嫌なダートを進んでいくと、

6

だんだんと怪しい雰囲気に。。

7

かわいらしいカラーコーンを越えていくと、

8

うはぁ、すぐ左は奈落の底。

9

ギリギリ、バイク一台が走れる隙間が崩落せずに残っていましたが、
相当期間放置されている感じがするので、残りがごっそり逝っちゃう日も
遠くないかも。

ちょっと冷っとした後は、

10

再び気持ち良いダートへ♪

11

茶臼山高原道路の脇道へ接続した後、

12

井山の見晴らし台へ。

13

もっとよいアングルで撮れる場所があるのですが、
先客さんがいたので、撮れませんでした。

奇麗な高原の空気の中で一服したあと、

14

15

林道 野入月ヶ平線」へ。

管轄が今までの設楽町から豊田市に変わりましたね。
実はそれよりも、

16

林道入り口に設置されたカメラが気になってしょうがありませんでした。
何のためのカメラかなぁ?

カメラをちらちら気にしながら、走りだします(^^;

17

18

途中、「作業路 大栗山線」が分岐してましたが、
そのまま直進していくと、

19

路肩が大きく崩落。
幸いに回避帯があるところだったので、引き返せずに済みました。

崩落地点から舗装路をしばらく走っていくと、

20

21

作業道 蘭峠線」が分岐。

管轄が豊田市じゃなくて稲武町になってますね。
調べてみたら、稲武町は2005年に豊田市に編入されたみたい。
ということは、それ以前に設置された表示板なのかな。
今回は進入しませんでしたが、この先、かなりのダートが残っている感じですね。
結局、「林道 野入月ヶ平線」は全線舗装路でした。

合流したR153をすこし北上して、

22

23

脇から分岐している「林道 河上瀬柏洞線」へ。
ここは地図で確認してピストンだと分かっていましたが、
結構長そうなダートだったので、走ってみます。

入り口から既に未舗装路で、

24

路面は期待通りの極上ダート♪
遠州周辺にはない、サンド質のダートがとても新鮮。

25

作業路 フカダワ線」が分岐してましたが、そのまま直進。

25-2

延伸真っ最中という感じで極上ダートは行き止まりでした。
この分だと遠くない将来、完抜しそうですね。
完抜しても鋪装せずにダートのままで残っていて欲しいなぁ。

R153号に戻り、愛知県道20号に折れて北上していくと、

27

ついに、岐阜県恵那市に。いやー、長かった。
ここから阿岳、白井沢を越えて、中津川に入るのが今日の最大の目標。
県道20号の東側にも林道がたくさんありそうですが、次の機会に
とっておきましょう。

28

上矢作町で唯一のGSでガソリンを入れて、

29

では、参りましょう!!

この後始まる、

31

林道で遭遇したジムニーとの、

30

デッドヒートの結末は次回に!!